コラム一覧 :住宅ローン

1件~15件(17件)

過去の15件

今!新規、借り換えもフラット35に注目!

***  新規の住宅ローンをお考えの方  *** 5年ぶりにフラット35の魅力が帰って来ました!特に新規住宅については今回の優遇措置で当初10年間、最大0.6%のディスカウント、取扱期間は(予算範囲はありますが…)今月、平成27年2月9日以降実行分(資金交付)から来年、平成2... 続きを読む

住宅ローン

2015-02-19

住宅ローンは金利で始まり金利で終わる…最初が肝心です!

4月に入り、消費税も上がり、金利も上がり、そして、給料も?なんていくといいのですが、今月に入ってフラット35、民間金融機関の住宅ローン金利も共に上がりましたね。そこで、今回は住宅ローンをどこの金融機関で実行するかでどの程度の差が出るかを実際の公表金利を参考に検証してみたいと思いま... 続きを読む

住宅ローン

2014-04-03

がんは2人に1人と言うけれど…疾病保障付住宅ローンを考える!

今回は金融機関が生き残り(?)をかけて考えた商品のひとつ、特定の病気にかかった際にローンが減額または免除される疾病保障付の住宅ローンのお話をしたいと思います。特にここではがんり患時の保障についてお話したいと思います。まずはコストから…この疾病保障付住宅ローンは保険料として金利... 続きを読む

住宅ローン

2014-03-15

「損しないための住宅ローン」…3つのポイント

 数年前から「得する住宅ローン」「○○○万円得する住宅ローン」…などと誇大広告ならぬこうしたテーマでセミナーを開催したり、コラムを書いたりしているFPがいますが、この世の中に「得する住宅ローン」はありません。実は私も、以前、とあるハウスメーカーからこのような演題でセミナーの講師依頼... 続きを読む

住宅ローン

2013-12-19

住宅ローン 固定金利型シフト!新規シェア6割超へ

<最近の住宅ローン金利選択動向> 先月の経済紙に固定金利型住宅ローンの割合が59%(2013年4月~6月の調査)に上昇と…直近(2013年8月)の住宅金融支援機構の調査では変動型35.9%(2012年12月までは50%以上あった!)、全期間固定型(26.3%)、固定期間選択型(37.8%)…所謂固定金利型が64.1... 続きを読む

住宅ローン

2013-12-04

住宅ローン  実行手数料 VS 一括保証料

相変わらず、住宅ローンは「金利競争」と言いましょうか、「条件競走」とでも言いましょうか…凄まじいですね。そうした中でどうしてもまだまだ、金利だけに目が行ってしまいがちですが、銀行さんのため?に支払う保証料とネット銀行を中心とした「保証料無し」を前面に出し、代わりにこれまた銀行さ... 続きを読む

住宅ローン

2013-10-31

来月、住宅ローン金利引き下げへ…さらに見逃せない金利外競争

 このところ、メガバンクなどが相次いで来月の固定金利型住宅ローンの金利引き下げを発表しましたね。変動も今月始めに引き下げたメガバンクもありました。この背景には当然、長期金利などの金利情勢が大きく影響しているのですが、それだけでしょうか?やはり、消費増税への駆け込み需要に対応し... 続きを読む

住宅ローン

2013-08-30

住宅ローン…3年固定型金利0.6%は得か?

 このところの金融機関の住宅ローン獲得に対する意気込みはスゴイですね。なかでも今月初めに新聞発表したメガバンクの3年固定型の金利を0.6%にするという記事には驚かされました。(同時期に同期間同金利は少し変ですが…)これはアベノミクス効果が3年の期間を要するということでしょうか?それ... 続きを読む

住宅ローン

2013-06-08

気になるのは住宅ローン金利だけではありません…住宅取得控除と消費税

 今月(5月)に入ってメガバンク3行が揃って10年固定金利型の住宅ローン金利を引き上げましたね。フラット35も同様に前月比僅かですが、引き上げられました。このままズルズルと上昇していくのでしょうか???先月も多くの方が住宅ローン相談にみえました。何れも新規購入をお考えの方でした。こ... 続きを読む

住宅ローン

2013-05-03

住宅ローン…金融機関別の金利タイプの売れ筋は?

政権交代後の住宅ローン金利はどうなるのか…興味深々というところではないでしょうか?物価上昇目標の設定で金利は上昇する?などとの観測もありますね。そこで今回は目先を変えて、「住宅ローンの金融機関別の金利タイプの売れ筋」についてお話したいと思います。昨年の7月~10月に住宅金融支援機... 続きを読む

住宅ローン

2013-01-19

相談してはいけないFPの見分け方10の特徴|住宅ローン編

最近、相談に来られる方に良く言われることはファイナンシャルプランナーって素性が分からない怪しい人が多いですねっと。誠に不本意ではありますが確かに私も金融業界から独立系FP事務所を開設し、この業界に入った時から同じ思いを持ち続けています。このFPという職業は、資格を取ると急に... 続きを読む

住宅ローン

2012-11-14

住宅ローン借り換えの注意点!

このところの住宅ローンの金利はスゴイ!ですね。特に今月のフラット35Sの金利を始め、10年固定が1.25%という銀行も…とにかく、今は借り換えのチャンスではないでしょうか?この1.25%は一時期の一般的な変動金利型のベース金利1.475%をも下回る金利が10年間約束されるわけですから、こんなチャン... 続きを読む

住宅ローン

2012-08-04

住宅ローン…相変わらず変動金利選択で良いですか?

 1月の住宅金融支援機構の「民間住宅ローン利用者の実態調査」によりますと相変わらず変動金利型住宅ローンを選択する方が50%を超えていますね。ご存知のようにこの変動金利型住宅ローンは「5年ルール」と「125%ルール」がありますが、これで大きく変動する時に返済リスクを軽減しているわけです... 続きを読む

住宅ローン

2012-02-16

住宅ローン保証料…誰のため?

今回は住宅ローンの保証料についてお話したいと思います。ご存知の方は多いと思いますが、民間金融機関での住宅ローン借り入れに際して、多くの金融機関では保証料をローン契約者から徴求します。一括保証料は1千万円を30年返済でローンを契約した場合には19万円前後が一般的だと思いますが、これは... 続きを読む

住宅ローン

2012-01-23

住宅ローン動向…フラット35Sは???

11月に住宅金支援機構で発表された23年10月期の「民間住宅ローン利用者実態調査」によりますと、変動金利型住宅ローンのシェアが57.4%(9月期は50.5%)に増加…9月末で一旦締め切られた「フラット35S」の1%ディスカウントの影響でしょうか?(フラット35は17%で前月の24.5%を大きく下回りました... 続きを読む

住宅ローン

2011-12-01

1件~15件(17件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
銀行と生保勤務の経験をいかし、多方面で活躍するファイナンシャルプランナーの小林裕市さん

実務経験に裏付けされたノウハウ…住宅ローンなど金融面に強み!(1/3)

気になるけど、なかなか聞けない、話題にしにくいのがお金に関すること。「これからの時代、無関心・無知ではいけません」と話すのはファイナンシャルプランナーの小林裕市さん。株式会社アクトFPオフィスの代表であり、静岡を拠点に、東京でも活躍する実...

小林裕市プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

実績500名以上!銀行で培った金融実務経験を活用した提案力

会社名 : 株式会社アクトFPオフィス
住所 : 静岡県静岡市葵区両替町1-4-8-502 静岡office [地図]
TEL : 054-221-7785

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-221-7785

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林裕市(こばやしゆういち)

株式会社アクトFPオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
今!新規、借り換えもフラット35に注目!

***  新規の住宅ローンをお考えの方  *** 5年ぶりにフラット35の魅力が帰って来ました!特に新規住...

[ 住宅ローン ]

フラット35…「機構団信」今さらですが…

 今回は以前より条件面で少し厳しくなりましたが、長期固定金利でまだまだ魅力がある「フラット35S」…しかし、機...

[ フラット35 ]

住宅ローンは金利で始まり金利で終わる…最初が肝心です!

4月に入り、消費税も上がり、金利も上がり、そして、給料も?なんていくといいのですが、今月に入ってフラット35、...

[ 住宅ローン ]

がんは2人に1人と言うけれど…疾病保障付住宅ローンを考える!

今回は金融機関が生き残り(?)をかけて考えた商品のひとつ、特定の病気にかかった際にローンが減額または免除さ...

[ 住宅ローン ]

NISAだけじゃない…「優遇税制商品」あと2年ですが…

いよいよNISA(少額投資非課税制度)がスタートしましたね。待機資金は10兆円とも言われ大いに投資熱も高まってき...

[ 資産運用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ