コラム一覧

1件~15件(15件)

住まなくなった空き家を貸したい!手続きの流れ

空き家となった実家を、そのまま所有していると、固定資産税や維持管理にお金がかかるばかりで、それが何年も続くとなると経済的な負担は大きくなります。さらに、人が住まなくなった家は老朽化のスピードが早くなるので、家のためにも空き家にするのはよくありません。活用法としてまず考えら... 続きを読む

空き家問題と対策

2017-10-05

相続時精算課税制度を利用した場合の相続放棄について

相続というものは、権利、義務のすべてを引き継ぐことです。したがって、引き継ぐものの中には負債も含まれます。負債を引き継ぎたくない場合に相続放棄を行うことがあります。しかし、相続時精算課税制度を利用して、過去に贈与を受けていた場合、相続放棄は可能かどうか。見ていきましょう。... 続きを読む

生前贈与

2017-10-03

相続時精算課税制度とは?メリットとデメリット

贈与税の課税制度には暦年課税と相続時精算課税があります。相続時精算課税制度を使えば、贈与税の税率は一律20%となり、加えて贈与額が累計2500万円までは非課税です。贈与時に贈与税を仮に納め、その贈与者が亡くなった時に、贈与した分を相続財産に加算して相続税を計算し、納付した贈... 続きを読む

生前贈与

2017-10-01

農地を生前贈与する流れと許可申請の要件

通常、土地が広いほど課税額は高くなります。そして農家は広大な土地を有していることが多いでしょう。それをそのまま課税されてしまったら、納税額は高額になります。しかし、農業の後継に関しては優遇措置が設けられています。今回は農地の生前贈与についてお伝えいたします。 農地の生前... 続きを読む

生前贈与

2017-09-30

不動産を生前贈与することのメリット

生前贈与とは、生きているうちに財産をあげてしまうことですが、いろいろなメリットがあります。節税、納税資金の確保、認知症対策、相続争いの防止、希望通りに財産を移転できるなどです。今回は不動産を生前贈与することのメリットについてお伝えいたします。 不動産を贈与したい人に贈与で... 続きを読む

生前贈与

2017-09-28

不動産を生前贈与した場合の遺留分について

相続人には遺留分という権利があります。遺留分は法律上、保障されていますので、生前贈与や遺言でもこの権利を侵害することはできません。一方、生前贈与は、親の意思で財産を分け与えるという意味合いがあります。とはいえ不動産の生前贈与についても、遺留分は発生しますので、そのことを理... 続きを読む

生前贈与

2017-09-07

不動産の生前贈与の手続きと生前贈与契約書作成のポイント

生前贈与とは、生きているうちに無償で財産を与えることを指しますが、民法においては、一方的に与えるだけでは贈与は成立しません。「あげましょう」「もらいましょう」という契約のもとに成り立つものです。つまり、与える側が贈与の意思表示をし、受ける側が承諾したときに、はじめて贈与が... 続きを読む

生前贈与

2017-09-05

土地・不動産の生前贈与にかかる税金と使える節税制度

相続税は、金額が大きくなるほど納税額も高くなる累進課税です。したがって、生前贈与で相続財産を減らしておくことが節税につながります。生前贈与できるのは現金だけではなく、不動産や有価証券も贈与することができます。非課税枠やさまざまな制度を活用し、節税効果を上げながら財産のバト... 続きを読む

生前贈与

2017-09-03

生前贈与の方法と税金対策

生前贈与とは言葉の通り、生きているうちに自分の財産をひとに譲ることです。そのメリットは、誰でも簡単に節税できるということでしょう。つまり、相続が発生する前に、資産を移すことで、将来負担するはずの相続税を軽くすることができるのです。贈与税がかからないように生前贈与を行うため... 続きを読む

生前贈与

2017-09-01

家族信託で遺留分は発生する?その扱いについて

人が亡くなると同時に相続が始まります。遺言書があれば、それに従って財産が分けられます。遺言書があっても、相続人同士の話し合いがまとまれば、それによって財産を分けることもできます。遺言書がない場合や、話し合いがつかない場合は、民法で定められた法定相続分に従って分けることにな... 続きを読む

家族信託のすすめ

2017-08-30

家族信託とは?任意後見制度との違い

現代の長寿社会では、誰もが人生の最終段階において、認知症などを発症し、他人の力が必要となる時期がくることを想定されていることでしょう。認知症や知的障害などで、判断能力が不十分な人の財産や権利を保護・支援する制度として、成年後見制度がありますが、これに加えて近年は家族信託が注... 続きを読む

家族信託のすすめ

2017-08-04

財産管理の手法として家族信託を選択するメリット

平成19年の信託法の改正により、いままでの民法ではできなかった相続対策が柔軟に行えるようになりました。信託は一部の資産家だけでなく、一般家庭でも利用しやすい制度で、家族信託によって実現できることはたくさんあります。認知症対策、相続対策、家督の承継など、あらゆるケースに対... 続きを読む

家族信託のすすめ

2017-08-02

家族信託の手続きの流れ、決めなければならないこと

これまで信託といえば、信託銀行や信託会社が手がけるものでしたが、平成19年の改正信託法の施行により、一般の方も利用しやすくなりました。家族信託はその言葉通り、家族による財産管理方法ですが、認知度はまだまだ低く、聞いたことはあっても どうしてよいかわからないという方は多いと思い... 続きを読む

家族信託のすすめ

2017-07-31

家族信託において相続税と贈与税が発生する仕組み

家族信託は財産の権利を親に残したまま、名義のみを子に移すことができます。これは信託法ならではの仕組みで、従来の民法ではできなかったことです。これによって、契約などの法律行為を子が行い、その利益を親が受けることができます。「それでは税金はどうなるの?」と疑問を持たれる方もい... 続きを読む

家族信託のすすめ

2017-07-29

家族信託の契約書作成における注意点

近年、財産管理の手法のひとつとして家族信託が注目されています。信託というと、「信託銀行にお金を託して運用してもらう」といったイメージが思い浮かぶかもしれませんが、信託契約は、家族や友人の間でも結ぶことができます。しかし、契約内容が当事者の思い通りに実行され、継続される... 続きを読む

家族信託のすすめ

2017-07-28

1件~15件(15件)

RSS
 
このプロの紹介記事
株式会社あいしん不動産の藪崎秀實さん

空き家対策、相続問題を、円満に解決に導くコンダクター。(1/3)

様々な理由で持っている土地や家を手放す。あるいは、新しい暮らしを築いていくために購入する。そんなとき、売りたい人と買いたい人の間に立ち、橋渡し的な役割をするのが、不動産を扱う宅地建物取引士。株式会社あいしん不動産の藪崎秀實さんは、静岡でそう...

薮崎秀實プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

不動産、空き家問題、円満相続までワンストップで相談に応じます

会社名 : 株式会社 あいしん不動産
住所 : 静岡県静岡市駿河区大谷一丁目9番8号 [地図]
TEL : 054-237-2710

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-237-2710

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

薮崎秀實(やぶさきひでみ)

株式会社 あいしん不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
住まなくなった空き家を貸したい!手続きの流れ

空き家となった実家を、そのまま所有していると、固定資産税や維持管理にお金がかかるばかりで、それが何年も続く...

[ 空き家問題と対策 ]

相続時精算課税制度を利用した場合の相続放棄について

相続というものは、権利、義務のすべてを引き継ぐことです。したがって、引き継ぐものの中には負債も含まれます。...

[ 生前贈与 ]

相続時精算課税制度とは?メリットとデメリット

贈与税の課税制度には暦年課税と相続時精算課税があります。相続時精算課税制度を使えば、贈与税の税率は一律2...

[ 生前贈与 ]

農地を生前贈与する流れと許可申請の要件

通常、土地が広いほど課税額は高くなります。そして農家は広大な土地を有していることが多いでしょう。それをその...

[ 生前贈与 ]

不動産を生前贈与することのメリット

生前贈与とは、生きているうちに財産をあげてしまうことですが、いろいろなメリットがあります。節税、納税資金...

[ 生前贈与 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ