コラム

 公開日: 2017-07-31 

家族信託の手続きの流れ、決めなければならないこと

これまで信託といえば、信託銀行や信託会社が手がけるものでしたが、平成19年の改正信託法の施行により、一般の方も利用しやすくなりました。

家族信託はその言葉通り、家族による財産管理方法ですが、認知度はまだまだ低く、聞いたことはあっても どうしてよいかわからないという方は多いと思います。

今回は家族信託の手続きについてご説明いたします。

受託者と受益者を選ぶ

家族信託は信頼する人(おもに家族)に自分の財産を託し、適切に管理してもらうものです。

信託の方針は財産の所有者(委託者)が、自由に決めることができます。受託者に財産の管理をお願いし、その人が承諾すると信託が成立します。受託者は委託者の想いや願いに沿って、財産を管理、運用、処分します。信託で出た利益は受益者にもたらされます。

信託のはじめ方

信託の始め方には「信託契約」「遺言による信託」「自己信託」の3つがあります。

【信託契約】
委託者と受託者が契約を締結し信託が始まります。

【遺言による信託】
委託者の死亡後、遺言によって信託が始まります。

【自己信託】
自分の財産の一部を自分が受託者となって管理するため、公正証書による「信託宣言」を行うことで信託が始まります。

このなかでは、信託契約が一般的です。信託契約は内容、開始、終了などを当事者同士で決めることができます。

家族信託の前に決めておくべきこと

信託は目的、家族構成、財産状況を把握し、問題点を洗い出しながら設計していきます。

信託財産に制限はなく、現金、有価証券、不動産など何でも信託できます。それぞれの財産について、管理、運用の方法、次世代へ引き継ぐ方法などを決定しておきます。受託者の選定も重要です。受益者と関係の良好な人を選ぶのが望ましいといえます。受託者が決まったら、権限や報酬などを決めていきます。

信託を組み立てていくうえでは、専門家に相談しながら進めることがほとんどです。そのために事前にこれらの事項について、現状を整理しておく必要があります。

【信託の目的】どういう意図で信託を始めるのか。
・特定の人に財産を渡したい。
・特定の人から財産を守りたい。
・将来、認知症を発症したときに備えたい・・・など

【家族構成】
・家系図を洗い出し、法定相続人、先妻の子などを把握する。
・内縁のパートナーがいる・・・など

【財産状況】
・財産をリストアップする。
・誰かと共有の財産はあるか。
・不動産の権利。
・有価証券の評価額・・・など

目的に応じて信託の内容や方針が決まります。それぞれの財産をどうするか、叶えたい願いを踏まえて、管理、運用、処分の方法、そして次世代へ引き継ぐ方法などを決めます。
基本の仕組みを理解して応用すれば、さまざまな希望を叶えることが可能となります。

この記事を書いたプロ

株式会社 あいしん不動産 [ホームページ]

宅地建物取引士 薮崎秀實

静岡県静岡市駿河区大谷一丁目9番8号 [地図]
TEL:054-237-2710

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社あいしん不動産の藪崎秀實さん

空き家対策、相続問題を、円満に解決に導くコンダクター。(1/3)

様々な理由で持っている土地や家を手放す。あるいは、新しい暮らしを築いていくために購入する。そんなとき、売りたい人と買いたい人の間に立ち、橋渡し的な役割をするのが、不動産を扱う宅地建物取引士。株式会社あいしん不動産の藪崎秀實さんは、静岡でそう...

薮崎秀實プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

不動産、空き家問題、円満相続までワンストップで相談に応じます

会社名 : 株式会社 あいしん不動産
住所 : 静岡県静岡市駿河区大谷一丁目9番8号 [地図]
TEL : 054-237-2710

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-237-2710

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

薮崎秀實(やぶさきひでみ)

株式会社 あいしん不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
家族信託とは?任意後見制度との違い

現代の長寿社会では、誰もが人生の最終段階において、認知症などを発症し、他人の力が必要となる時期がくることを...

[ 家族信託のすすめ ]

財産管理の手法として家族信託を選択するメリット

平成19年の信託法の改正により、いままでの民法ではできなかった相続対策が柔軟に行えるようになりました。信...

[ 家族信託のすすめ ]

家族信託において相続税と贈与税が発生する仕組み

家族信託は財産の権利を親に残したまま、名義のみを子に移すことができます。これは信託法ならではの仕組みで、従...

[ 家族信託のすすめ ]

家族信託の契約書作成における注意点

近年、財産管理の手法のひとつとして家族信託が注目されています。信託というと、「信託銀行にお金を託して運...

[ 家族信託のすすめ ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ