コラム

 公開日: 2018-01-07 

子供がいない場合の相続は配偶者がすべて相続できるのか!?

夫婦で子どもがいないケースはよくありますが、一方が亡くなった場合、配偶者が全てを相続できると思っているケースが少なくありません。しかし、必ずしも全てを相続できるわけではなく、財産が家しかない場合など、相続争いに発展することも考えられます。
そうならないためには生前に対策が必要です。

相続の優先順位

亡くなった人の財産は民法で定められた法定相続人が相続します。具体的に法定相続人となるのは次の通りです。

配偶者・・・常に相続人

優先順位・・・第1位 直系卑属 子や孫 
        第2位 直系尊属 父母、祖父母
        第3位 傍系の兄弟姉妹とその子

相続が発生すると、配偶者は無条件で相続人となります。

親族の優先順位は、血のつながりの濃い順ですので、直系卑属(子や孫)がいるときは、必ず相続人となります。嫡出子だけでなく非嫡出子も法定相続人となります。ただし父親が認知をしている場合です。

直系卑属がいない時は、直系尊属が相続人となります。直系卑属も直系尊属もいないときは、傍系の兄弟姉妹が相続人となります。

このような順序で相続は行われます。

配偶者以外の相続人が出るケース

以上のような決まりを前提に、子供がいない場合の相続についてケース別に見ていくと次の通りです。

〇夫が亡くなって夫の親が健在の場合
相続人は妻と夫の親となります。
相続分は妻が三分の二、夫の親が三分の一です。
夫の両親とも健在なら、三分の一を二人で分けるので六分の一ずつ相続をします。

〇夫が亡くなって、両親が死亡し、兄弟姉妹がいる場合
相続人は妻と夫の兄弟姉妹です。
相続分は配偶者が四分の三で、兄弟姉妹が四分の一となります。

〇夫が亡くなって、両親もすでに死亡、兄弟姉妹も死亡している場合
兄弟姉妹に子があれば、つまり、甥や姪がいれば配偶者が四分の三、甥姪が四分の一となります。

両親、兄弟姉妹、甥姪がいないケースではじめて 配偶者が全て相続することができます。

トラブルを回避するためには遺言の作成を

以上のように、子どもがいない夫婦の場合、どちらか一方が死亡すると、配偶者がすべてを相続できるわけではありません。

もし仮に、居住中の家しか財産がない場合、売却して現金を分けなければならなくなる可能性があります。また、あまり面識のない人と遺産分割協議を行うことも負担になるのではないでしょうか。

そうならないためには、生前に「配偶者に全財産を相続させる」という遺言を公正証書で作成しておくことです。できれば、それを相続人に伝えておくことも大切です。

この記事を書いたプロ

株式会社 あいしん不動産 [ホームページ]

宅地建物取引士 薮崎秀實

静岡県静岡市駿河区大谷一丁目9番8号 [地図]
TEL:054-237-2710

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社あいしん不動産の藪崎秀實さん

空き家対策、相続問題を、円満に解決に導くコンダクター。(1/3)

様々な理由で持っている土地や家を手放す。あるいは、新しい暮らしを築いていくために購入する。そんなとき、売りたい人と買いたい人の間に立ち、橋渡し的な役割をするのが、不動産を扱う宅地建物取引士。株式会社あいしん不動産の藪崎秀實さんは、静岡でそう...

薮崎秀實プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

不動産、空き家問題、円満相続までワンストップで相談に応じます

会社名 : 株式会社 あいしん不動産
住所 : 静岡県静岡市駿河区大谷一丁目9番8号 [地図]
TEL : 054-237-2710

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-237-2710

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

薮崎秀實(やぶさきひでみ)

株式会社 あいしん不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
遺言なしの不動産相続における登記に関する必要書類

不動産を相続したら、速やかに不動産の名義を移す「所有権移転登記」を行いましょう。相続を原因とするこの登記は...

[ 不動産相続 ]

相続した不動産を放置しておくデメリット

相続の発生によって、親が住んでいた不動産を引き継ぐことになった場合、その家をどうするのか迷うところです。...

[ 不動産相続 ]

不動産相続時に発生する税の種類

相続などによって財産を取得した場合、その総額が基礎控除額を超える場合には相続税の申告が必要です。また、...

[ 不動産相続 ]

相続される不動産はどのように評価される?

土地、借地権、家屋、預貯金、株式、ゴルフ会員権など、お金に換算できるものは、すべて相続税の対象となります。...

[ 不動産相続 ]

不動産を相続する場合の流れと必要な手続きについて

相続は人生においてそう何度も発生するものではありませんので、何からはじめたらいいのかわからない方も多いと思...

[ 不動産相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ