コラム

 公開日: 2012-11-10  最終更新日: 2014-07-18

LED照明は損か?得か? らんぷの光色

今夜
大きめのマンションを
遠くから眺めてみてください。

それぞれの部屋
明かりの色が違いますよね。
これが「光色」です。
光色は「色温度」であらわすことができ、
ランプ購入の目安になります。
昼光色・・・色温度6500k(一番白いというか青い色)
昼白色・・・色温度5000k(自然な白色)
白 色・・・色温度4200k(昔ながらの蛍光灯の色)
温白色・・・色温度3500k(夕暮れ時のような色)
電球色・・・色温度2800k位(一番黄色い電球の色)
下の写真を見てください。 


左の
白い色が「昼白色」。
活動的な
仕事場・勉強部屋などに適します。
明るければ明るいほどいい感じです。
究極は「自然の光」です。

右の
黄色い光が「電球色」。
落ち着いたなごみの雰囲気で、
居間や寝室などに適します。
暗いほうがよく、
明る過ぎるとと暑苦しいです。
究極は「ろうそくのあかり」です。
アロマテラピー?ですね。


蛍光灯は、
ランプ交換で、
この「光色」を換えてきましたが。

LED照明器具の多くは、
ひとつの器具で、
リモコンにより「光色」が、自由に変えられます。
昼間は、
白いあかりで、活動的に。
夜は、
黄色いあかりで、くつろげます。
調光で明るさも調整できますから、
リビングなんかには最適です。

LED照明器具ならではの使い方ですね。



HP http://www.denkino.jp
メール info@denkino.jp

電気代削減小冊子さしあげます。
http://www.denkino.jp/mailform.html

noz


この記事を書いたプロ

有限会社 電気の問題解決

電気工事士 小林幹夫

静岡県沼津市御幸町19-30 [地図]
TEL:055-931-2664

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
1日省エネ診断

うちの会社の電気代は削減できるのだろうか?あまり予算をかけないで出来るのだろうか?そうお思いの方、初めに一日省エネ診断をやりませんか?省エネ診断で御...

実績紹介①~⑩
イメージ

中型倉庫(体育館の1.5~2倍ぐらい)の照明交換の工事をしました。LED?LEDは使いません。倉庫は天井が高いので 光が届きません。 光が届きそうなLED器具は ...

 
このプロの紹介記事
中小企業の電気代削減を行う省エネコンサルタントの小林幹夫さん

電気のムダを省き、企業を元気づける省エネコンサルタント(1/3)

長引く不況で消費も低迷しているこの時代に、企業が売上げを伸ばすのはなかなか難しいところ。売上収入として得る金額は増えずとも、例えば少し視点を変えて、電気代削減で社内の消費(経費)のムダを省き、毎月の支出から浮いたお金を作り出すというのも、売...

小林幹夫プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

電気代を削減して18年!エネルギー管理士が直接伺います。

会社名 : 有限会社 電気の問題解決
住所 : 静岡県沼津市御幸町19-30 [地図]
TEL : 055-931-2664

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-931-2664

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林幹夫(こばやしみきお)

有限会社 電気の問題解決

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
週刊朝日に掲載
イメージ

きょう11月6日発売の「週刊朝日」に載せていただいています。 「モノ売りではない お客様を 教育しなが...

月刊「省エネルギー10月号」座談会出席

今年の夏の節電で、中心的な役割をはたした省エネルギーセンターが発行している、「省エネルギー」という月刊誌が...

間違いだらけの電気代削減

電気代削減のためLED照明にしました。電気代削減のためエアコンを新しいのに替えました。電気代削減のため...

LED照明は損か?得か?
LED専用口金

LED照明に取替えようか?いつ取替えようか?どこのメーカー?ホントに省エネ?このままのほうがいい?LED業...

省エネのため蛍光ランプを外していいの?

今年の夏に省エネ・節電のため照明をスイッチで消すのではなく、ランプを外している事務所・店舗多かったですよね...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ