コラム

2011-12-22

債権者区分 ~あなたの会社は格付けされてます~

 金融機関に決算書や試算表、そして経営計画書など、資料の提出を求められたりするってこと、よくあると思います。特に決算書に関しては決算が終わると必ず提出してますよね。

 それはなぜかというと・・・

 金融機関はその資料を基にみなさんの会社を格付けするからです。それが『債権者区分』と呼ばれるもの

 これは大よそ、5つに分けられます。



 1.正常先

 業績が良好であり、かつ財務内容にも特段の問題がない債務者



 2.要注意先

 金利減免・棚上げを行っているなど、貸出条件に問題のある債務者
 元本返済もしくは利息支払が事実上延滞しているなど履行状況に問題がある債務者
 財務内容に問題がある債務者
 うち、金融再生法に基づき、要注意先債権のうち元金または利息の支払が約定支払日の翌日から起算日として3ヶ月以上延滞している債権(3ヶ月以上延滞債権)、及び経済的困難に陥った債務者の再建・支援を図り、当該債権の回収を促進すること等を目的として、債務者に有利な一定の譲歩をした債権(貸出条件緩和債権)については、要管理債権として管理すべきとされる



 3.破綻懸念

 現状、経営破たんの状況にはないが、経営難の状態にあり、経営改善計画等の進捗状況が芳しくなく、今後経営破たんに至る可能性が大きいと認められる債務者



 4.実質破綻先

 法的・形式的な経営破たんの事実は発生していないものの、深刻な経営難の状態にあり、再建の見通しがない状況にあると認められるなど実質的に破綻していると認められる債務者



 5.破綻先

 法的・形式的な経営破たんの事実が発生している債務者



 と、こんな感じに・・・。

 今、自分の会社がどれに区分されているかと聞いたところで、金融機関は教えてくれません。問題なければ、

 「もちろん、正常先ですよ」

 なんて感じで気前良く教えてくれるんでしょうが、ちょっと怪しくなるとホントのところを教えてくれるか微妙です。

 問題は今、どこに区分されてるかより、正常先となっておくためには何が必要かということではないですかね。

 毎年、利益を計上することができ、返済も問題なく進み、今後もこの状態が継続すると予測されているのであれば、もちろん正常先でしょう。

 利益が出ていなくても、例えば、赤字が出てしまっても、問題が分かっており、そのための対策を講じ、そして来年は黒字に戻せるというのであればこれもまた正常先でしょう。

 ここ数年、慢性的に赤字が続いていると言うことであれば、何か抜本的な改善計画が必要かもしれません。

 そんなに難しく考えることなく、今の現状がどうかをしっかりと見つめ、どこが悪いのか、そしてそこを治すには何が必要かということがはっきりを示すことが大切です。

 冷静に、客観的に自社がどのような格付けをされているのか考えてみるのも一つです。

この記事を書いたプロ

有限会社リアス [ホームページ]

経営コンサルタント 増田崇

静岡県榛原郡吉田町片岡1943-26 [地図]
TEL:0548-32-7017

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
事業再生コンサルタントとして活躍する、FUJIコンサルティングの増田崇さん

企業再生へ踏み出す新たな一歩。事業再生士が支える未来(1/3)

会社の資金繰りが思うようにいかない。事業を立て直したい。そんな事業者の方の味方となって再建を支えるのが「事業再生コンサルタント」。榛原郡吉田町の増田崇さんは、静岡県内でも数少ない、会社再建、事業再生を専門に扱うプロとして活躍しています。「...

増田崇プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

資金繰り対策における現場での経験数

会社名 : 有限会社リアス
住所 : 静岡県榛原郡吉田町片岡1943-26 [地図]
TEL : 0548-32-7017

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0548-32-7017

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田崇(ますだたかし)

有限会社リアス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
建設業経営課題解決セミナーのご案内

 建設業の公共工事も年度末から1か月ちょっと経った今は一通り終わったころではないでしょうか。 年々、公共工...

[ 事業再生関連 ]

金融円滑化法終了にあたり・・・

 今年の3月に 『中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律』 いわゆる、金融円滑化法...

[ 事業再生関連 ]

事業再生に向けて悩んだら・・・

以前、事業(再生)計画書の策定支援と金融円滑化法について書き込みをした。この二つは切っても切れない部分があ...

[ 事業再生関連 ]

中小企業金融円滑化法について

中小企業金融円滑化法という法律をご存じだろうか。 定義としては以下の通りである。 《「中小企業者等に対す...

[ 事業再生関連 ]

中小企業の再建 ~社長と社員の意識改革~

先日、ある会社を訪れる機会があった。仕事とは無関係でのお付き合いではあるが、ちょっと寄らせてもらったとこ...

[ 事業再生関連 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ