コラム

2013-02-23

真空ガラスのメカニズム


真空とは熱を通さない空間、この真空テクノロジーを使い最高
の性能を発揮するのが真空ガラスのスペーシアです。

こんにちは。住まいの建材とエコリフォームの平野硝子
です。

いまや当たり前となったペヤガラスですが、その最上位に最高
の性能を持つ真空ガラスがあります。今週のご案内は真空テク
ノロジーです。

真空テクノロジーのメカニズム

マイクロスペーサが実現した真空テクノロジー
魔法瓶に使われている真空断熱技術

断熱とは熱伝達を防ぐことで、それを実現する熱伝達性の低い
素材が断熱材です。

断熱材は冷房や暖房のエネルギー効率を高めるために建材や、
熱伝達を防ぐことが求められる冷蔵庫や風呂釜、湯沸かし器な
どの家電に利用されています。

最も古くから親しまれている断熱材を使用した代表製品は魔法
瓶で、100年近く前から世界中の人々に愛用され続けています。

熱伝達には、物体の中を熱が伝わる「熱伝導」、流体によって起
こる熱移動が「対流」、物体から発生する熱エネルギーが他の物
体へ移動する「放射(輻射)」の3つのパターンがあります。
熱伝達を遮断するにはそれぞれをおさえることが必要となります。

最近の魔法瓶でよく聞くのが「ステンレス魔法瓶」です。
ステンレスの二重構造の容器になっており、外びんと内びんとの
間が真空状態になっています。

真空状態は宇宙空間と同じで、水も空気もありません。よって熱
伝導も対流も限りなくゼロになります。

このテクノロジーをつかったペヤガラスがスペーシアです。

平野硝子が提唱するさらにエコな建材がエコエコ、スペーシアは
最高の性能を持つ建材をお求めになるお客さまにご案内してい
ます。

平野硝子の平野 053-434-0015がお手伝いしております。

この記事を書いたプロ

平野硝子株式会社 [ホームページ]

販売職 平野尚司

静岡県浜松市東区有玉北町1760-1 [地図]
TEL:053-434-0015

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

Q 見積もり・下見は無料ですか? A もちろん無料です。下見をさせていただいた後に、状況を判断させていただきお見積もりを提出させていただきます。金額と内...

 
このプロの紹介記事
窓のリフォームのプロ 浜松市の平野尚司さん

明るく健康で安全な住まいのための「幸せを運ぶガラス屋さん」(1/3)

窓やドアのことで、以前から不便に感じていること…「結露が激しい」「動きが悪い」「網戸を付けたいのに無理だと言われた」など、ずっと気になっているけれど長年そのままで…というケースが意外と多いようです。その原因は「どこに依頼したらいいか分からな...

平野尚司プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 平野硝子株式会社
住所 : 静岡県浜松市東区有玉北町1760-1 [地図]
TEL : 053-434-0015

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-434-0015

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平野尚司(ひらのしょうじ)

平野硝子株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
暴風雨・台風 攻略法
イメージ

今年は予期できないほどの暴風雨や多くの台風が襲来しています。こんばんは。住まいの建材とリフォーム工事...

[ 窓リフォーム ]

爆発的な 室内空気浄化性能!
イメージ

あっという間に9月も終わりの週になりました。秋本番の爽やかな空気を楽しみたいこの時期、室内の空気を爽やか...

[ 住宅リフォーム ]

断熱・結露防止のコツ・・・内窓工事
イメージ

着実に秋を感じるのこの季節、窓に近づくと冷えを感ずることがあります。断熱性のない窓サッシは暖かい空気を逃...

[ 内窓工事 ]

うそっ?・・・ガラスが単板の窓は・・・
イメージ

朝晩 秋らしい気候になってまいりました・・・秋は冬の断熱対策のはじまり、窓の断熱リフォームをご検討い...

[ エコガラス ]

窓の防犯・防災・・・同時対策!
イメージ

住まいの防犯対策として窓外に面格子を取り付ければ、侵入盗は侵入時間が長くなり防犯対策となります。こん...

[ 窓リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ