コラム

2016-04-04

地域コンビニが近くの山の木で建てられ、解体後もリユースされたら

誰もが目にし、気になるコンビニの出店と閉店の繰り返し。

これっていいのかなー?と街角風景の変化のスピードに戸惑います。

閉店後、うまく再利用される場合はともかくあえなく解体されてしまう場合は

『もったいないな』と思ってしまいます。



今年に入り住宅への国産材利用が低迷しています。

近年、国産材の利用率は少しずつ改善されていますが、

あくまでも輸入木材を含めた全体の利用量に対しての割合なので、

全体量が減る中で率を確保している状況です。

※林野庁

近年、国産木材利用について様々な道が研究開発され実用化されつつあります。

また、静岡県では森林(もり)づくり県民税として各個人400円/年や

企業からは1.000~40.000円集め荒廃森林を再生し、

森の恵みを次世代に継承する為の『森の力再生事業』の財源に充てています。

そうした中で数値の改善を見るとホッとする時もありますが、

住宅への使用量が大幅に増えているわけではありません。

私達は18年前から家や家具づくりなど(リンクhp大井川の木でつくる家具)

で地元大井川の森の木を使っていますが、このところ少し勢いを失っています。




そんな状況のなかでコンビニを見ると地元の木でつくってもらえないかな―

と思ってしまいます。地元のコンビニは近くの山の木で建てる。

そう言っても木の良さを価格価値でアピールできないと検討してもらえません。

特に商業施設で重要視されるのは採算性です。

構造やコストを考えると鉄骨が優位なのかも知れませんね。

一方、環境負荷や地元貢献度を考えると木造のコンビニの優位性は逆転すると思います。

出店と閉店の繰り返しがやまないコンビニ、スクラップ&ビルドは容認できないとしても

繰り返しの中に木材利用があれば、地元の森にはありがたいことです。

コンビニ側にも地元貢献の企業姿勢を示せるメリットがあり、

そしてそれがコスト的に見合うものであれば採用検討至るかも知れません。

課題は空間をつくる構造と解体に至った時の再利用性。

構造は出来るだけ特殊界にならないよう誰でもできるもので汎用性があることが求められ、

店舗レイアウトやデザインと一体で検討されなければなりません。

ここは地元の設計関係者のコンペなどでアイデアを求めるのはどうでしょうか。



その際、古民家のように解体再利用のへの備えを盛り込みたいのです。

例えば、部品解体で他店舗にリユース、住宅や倉庫の建築部材として安価に提供するなど。



登場、定着、ニーズに応えて進化するコンビニに対しての「これっていいのかなー? 」

の気持ちが少しでも解消されれば、真のコンビニになるように思います。





木造のコンビニと検索すると既にあちらこちらに建築されているコンビニの木造化が

紹介されています。

大井川の森の木でつくるコンビニが登場する日はそんなに遠くないのかもしれません。

育暮家はいほーむすのホームページはこちらから
育暮家りふぉーむのホームページはこちらから

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
        育暮家ハイホームス

この記事を書いたプロ

(株)育暮家ハイホームス [ホームページ]

一級建築士 杉村喜美雄

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL:054-636-6611

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ハイホームスでは大切に住み継いでいく住まいづくりを提案

大井川の木で心地よい暮らしを発信。持続可能な住まいづくりの提案。(1/3)

家を建てる。それは多くの人にとって人生の大きな節目です。どこに住むか、どんな間取りにするか…ご家族で思いを巡らせるのではないでしょうか。藤枝市にある「ハイホームス」の杉村喜美雄さんは、家づくりのポイントを次のように話します。「家づくりにお...

杉村喜美雄プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

大井川の森の木を使い、大切なものを残してゆく家づくりに強み

会社名 : (株)育暮家ハイホームス
住所 : 静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL : 054-636-6611

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-6611

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉村喜美雄(すぎむらきみお)

(株)育暮家ハイホームス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
OMソーラーと太陽光発電点検
イメージ

育暮家はいほーむすが建てた「OM+太陽光発電の家」の点検を行いました。OM歴14~15年になるお住まいです...

[ OMソーラー ]

女性が導く住宅中古流通の未来
イメージ

住宅の劣化状態や不具合を調査診断することをホームインスペクションとよばれています。特に住宅を売買する場合、...

「ひと手間」かける家づくりへ
イメージ

手間を惜しむ、省く。手間をかける、手間がかかる・・手間とは、ことを行うために費やされる時間や労力。...

車いすの建築士
イメージ

「木の家と太陽と車いす」と言う本が出版されました。名古屋で100年の歴史を刻む阿部建設の社長、...

[ 大切なものを残す ]

悩めるZEH(ゼロエネルギーハウス)
イメージ

育暮家むぱすに1984年から発電し続けている太陽光発電のパネルがやってきました。京セラソーラーのパネル...

[ エネルギー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ