コラム

 公開日: 2016-05-06  最終更新日: 2016-05-16

1985の全国省エネミーティング第5回が長野で開催されました。

自立循環型住宅についての勉強会(全4回)に出かけました。

実は過去、8.9年前に自立循環型住宅設計ガイドラインの本が発刊され

その講習会が開かれ参加しました。

耳慣れない本の題名も手伝って、内容も解ったような解らないような感じで

講師の話を聞いていたように思います。

その後、地域を温暖地域や寒冷地域などに分けての新ガイドラインが示され

新たな講習会が各地で開催されています。

今回参加した勉強会は、自立循環型住宅をさらに深く掘り下げしっかり学ぼうとの主旨で、

集まった設計者や工務店の方々も参加目的を明確にしているなと感じました。

住宅の省エネはCO2の削減だけでなく高齢化社会の健康問題とあわせ、国の大きな課題とし次々と施策を打ってきます。

時にして、私たちはその施策に翻弄され本当になにが必要なのか、

何をすべきかを見失う恐れがあります。

私もそんな危機感の中、1から自立循環型住宅について再度学んでみようと思いました。

自立循環型住宅とは

・気候や敷地特性など立地条件と住まい方に応じて極力自然エネルギーを活用した上で

建物と設備機器の選択に注意を払うことによって居住性や利便性の水準を向上させつつ

居住時のエネルギー消費量(CO2排出量)を2000年頃の標準的な住宅と比較して

50%にまで削減可能にすること (自立循環型住宅hpより)



ガイドラインの本の中にこんなグラフがありました。リライトしました。





家庭の消費エネルギーの中で照明や家電の占める割合は全体の1/3位ですが、

グラフは照明、冷暖房を抜いた家電のエネルギー消費を器具ごとに表したものです。

この消費エネルギーの合計は17GJ位とのことです。

その数字のことよりグラフの横の電化製品に目がいってしまいました。

家庭の電化の進行、新しい家電商品登場が消費エネルギーの増加につながるわけですが

この半世紀の電化の力(スピード)、暮らしの変化の速さはすごかったのですね。

15年前に育暮家移築古民家・藤枝大沢「青のさんっち」を移築させていただきました。

その住まいを見るたびに、エネルギーを自給していた日本の暮らしはそれほど昔のことではないことが分かります。

とは言え、25年を世代交代の目安とするならば2つの世代の時が流れたのかもしれません。

家庭の燃料を支えていた雑木林の話はおとぎ話の世界になっても不思議ではないですね。





エネルギーに関する目標は2020年と2030年のあるべき姿として示されています。

家づくりの目標もそこに標準が合わされています。

その頃は、3世代目があたしいエネルギー時代を生きているのでしょうね。

その未来はどんな家庭のエネルギーグラフを描くのか楽しみです。

そして、古民家が伝えてきたかつての「日本の住まい」に代わって、

自立循環型住宅のガイドラインで設計、建築された住まいがストック住宅となり

新しい日本の住まいのあり方を実証するお手本となってほしいと思います。







※写真は藤枝おんぱく昔体験「青野さんっち」で

育暮家はいほーむすのホームページはこちらから
育暮家りふぉーむのホームページはこちらから

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
        育暮家ハイホームス

この記事を書いたプロ

(株)育暮家ハイホームス [ホームページ]

一級建築士 杉村喜美雄

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL:054-636-6611

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ハイホームスでは大切に住み継いでいく住まいづくりを提案

大井川の木で心地よい暮らしを発信。持続可能な住まいづくりの提案。(1/3)

家を建てる。それは多くの人にとって人生の大きな節目です。どこに住むか、どんな間取りにするか…ご家族で思いを巡らせるのではないでしょうか。藤枝市にある「ハイホームス」の杉村喜美雄さんは、家づくりのポイントを次のように話します。「家づくりにお...

杉村喜美雄プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

大井川の森の木を使い、大切なものを残してゆく家づくりに強み

会社名 : (株)育暮家ハイホームス
住所 : 静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL : 054-636-6611

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-6611

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉村喜美雄(すぎむらきみお)

(株)育暮家ハイホームス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
OMソーラーと太陽光発電点検
イメージ

育暮家はいほーむすが建てた「OM+太陽光発電の家」の点検を行いました。OM歴14~15年になるお住まいです...

[ OMソーラー ]

育暮家総合パンフレット
イメージ

育暮家ハイホームスには育暮家の家づくりを整理した総合パンフレットがあります。昨年の暮れ出来上がったも...

[ 大切なものを残す ]

小さなエネルギーで心地よく暮らす為に「我が家の省エネ手帳活用術」12/11(日)ワークショップ開
イメージ

意外と知らないわが家のエネルギー使用量自分の家の電気、ガス、灯油などのエネルギー消費レベルはどのくらい...

[ エネルギー ]

AIが住まいを設計する時代?
イメージ

タイトルに惹かれて手元に置いたもののなかなか読めない2つの本、ついインターネット投稿にお世話になってしま...

[ 大切なものを残す ]

電気がない時代に始まった製糸場はパッシブデザインが活かされていた
イメージ

先週、富岡市の㈱栄光製作所さんにお邪魔しました。7月に開催した1985全国省エネミーティングで講演いただきそ...

[ パッシブデザイン ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ