コラム

 公開日: 2017-11-23 

ほっこり、静岡新聞夕刊

静岡の地方紙「静岡新聞」の夕刊発行が続いています。

実はうちの嫁さんの愛読?夕刊です。

それにしても、ネット上で瞬時にリアルな情報が飛び交う時代に

その日の情報を紙に印刷して夕方に届けようとするのは時代遅れ、とすることに奮起するかのように

よく続いています。

中学生の時、新聞配達をしていました。

学校が終わり自転車で新聞販売店に飛んでいきます。そしてトラックでやってくる

印刷のにおいプンプン(そう感じた)の大量の真新しい新聞が届くのを待ちます。

トラックがつくと一斉に人が動きだします。先輩に自分の担当分を分けてもらいます。

朝刊は忙しかったですね。3時起きで出かけ、チラシがあれば自分の手で一つ一つ新聞に挟んでいかなくてはなりません。

チラシが少ない日は「うれしい」と思った記憶があります。

今は機械が折り込みするので配達者の負担は減りましたが。

中学時代の私の夕刊配達担当エリアは自転車のこともあり、島田市民病院周りが中心でした。

「夕刊でーす」「ご苦労さん」

夕刊を楽しみに待つ患者さんも多く、声をかけてもらって元気が出ました。

新聞は1部余分に持って出るのですが、配り終わって気づくと、2部残っている、真っ青です。

それから50年、夕刊を楽しみにしている方がまだたくさんいるのですね。

私は夕刊に目を通すことはありませんが、愛読者の嫁さんが時々切り抜きをくれます。

今回の切り抜きは住宅業界では人気の東大準教授の前 真之先生の連載コラム(全15回)でした。





過去に住宅のパッシブデザインで工務店や設計者を指導する野池政宏さんの連載コラムも登場しました。

地方の夕刊に・・・ちょっと、ホットじゃんって感じです。

夕刊って、役割なんだろうって考えたら、リアルタイムnewsの媒体としてはインパクト失っているし、

仕事と家事で忙しい働き盛りの家庭では、目を通す時間も限られるだろうし、そう、新聞必要なしとする方が増えてるご時世だし、

夕刊の裏面はテレビ、ラジオ欄が占めているし、それに古紙回収の手間もかかるし、

夕刊が続いているのが不思議な感じです。

でも、どこまでも、手作業感とローカル感がありまよね。

今日の出来事(印刷直前までの)をぎりぎりまで集めて印刷し、トラックに積んで販売店に持っていき、夕食までには各家庭に手配りされる。

なんかほっこり感を感じます。

夕刊新聞の厚み(枚数)は少なく、お茶の合間に読めます。読者層のイメージと読まれる状況をしっかり掴んでいて、内容も吟味されて書かれているから長続きしているのだと思います。





そんなローカルな夕刊の中に住宅業界の人気ある方の登場、これもほっこり、ほんのり感なんでしょうか。

前教授の辛口講演を何度も聞き刺激を受けた技術者が多いのですが、夕刊の中での前教授のコラムの書き方もにもいつもと違ったほっこり感があります。

この次はどんな住宅コラムの連載が始まるのかな?

最先端の講師が地方紙の夕刊読者に向けて優しく丁寧に解説してくれる。うれしくなります。

一方、そのやさしい口調の中にも、住宅のつくり手への厳しいメッセージがたくさん含まれていて

緊張させられる場面も多いのです。

ほっこり夕刊を支える編集者、読者そしてコラムやエッセイに最新情報を紹介してくれる著名人や地元の方々。

いつまで続くのかな?との野次馬的疑問もほっこり感に消えていきます。わが家はこれからも静岡新聞夕刊をとり続けるのでしょうね。


育暮家はいほーむすのホームページはこちらから
育暮家りふぉーむのホームページはこちらから

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
        育暮家ハイホームス

この記事を書いたプロ

(株)育暮家ハイホームス [ホームページ]

一級建築士 杉村喜美雄

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL:054-636-6611

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ハイホームスでは大切に住み継いでいく住まいづくりを提案

大井川の木で心地よい暮らしを発信。持続可能な住まいづくりの提案。(1/3)

家を建てる。それは多くの人にとって人生の大きな節目です。どこに住むか、どんな間取りにするか…ご家族で思いを巡らせるのではないでしょうか。藤枝市にある「ハイホームス」の杉村喜美雄さんは、家づくりのポイントを次のように話します。「家づくりにお...

杉村喜美雄プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

大井川の森の木を使い、大切なものを残してゆく家づくりに強み

会社名 : (株)育暮家ハイホームス
住所 : 静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL : 054-636-6611

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-6611

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉村喜美雄(すぎむらきみお)

(株)育暮家ハイホームス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
20年後の住宅ストック
イメージ

時代はストック活用の時代。日本の住宅ストックは増え続けています。一方人口減の中で空き家も増えていきます...

[ 大切なものを残す ]

つつじの最後?
イメージ

わが家の北側には2つの大きなつつじがあります。毎年赤やピンクの花を咲かせていたのですが5,6年前から様子が...

[ 大切なものを残す ]

OMソーラーと太陽光発電点検
イメージ

育暮家はいほーむすが建てた「OM+太陽光発電の家」の点検を行いました。OM歴14~15年になるお住まいです...

[ OMソーラー ]

富士山がきれいに見える日本平ホテルで省エネ
イメージ

これは日本平ホテルのHPのトップ画面です。数年前大改装を施して生まれ変わった、静岡市清水区のホテ...

山のための税金
イメージ

育暮家むぱすの庭のろうばいが、小さな花を咲かせています。大雪のnewsも届く寒さ本番の時期に、そっと咲...

[ 大切なものを残す ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ