コラム

 公開日: 2014-10-01  最終更新日: 2014-10-03

昭和初期の住まいに手をかけ『大切なものを残し、育んでいく』家づくり

高度成長期時代のスクラップアンドビルドの時代を反省し、私達は改めて日本らしさや日本文化の魅力に心を寄せています。一方、身の回りで起こる少子高齢化の現実を実感し、その対応に苦慮しています。家余りもその現実の一つです。5000万戸の日本の家はつなぐ人を失い続けています。
では、残すべき家とは? 残念ながらその選択には、家の価値基準やコンセンサスが曖昧になりすぎました。その為、その時の家族の事情やその場に立ち会った人の価値観で判断されがちです。
家は工法・性能・素材・地域性などとともに暮らし文化や家族の愛着、歴史が育まれています。今「育暮家はいほーむす」は昭和初期の家に着目します。築80年~100年の家は現役で多くの人が暮らし、その家のつくりや暮らしの歴史には大切なものが残されています。私達はふるさとの森の木を使い地域の気候や自然を活かすパッシブデザインの技術を習得し、地域の家づくりと古民家リフォームの実績も積みました。魅力多き昭和初期の家ですが不便や不安も同居しています。そんな家とどう向き合い快適な暮らしを実現していくか。
専門家として、とことん話し合いながら解決していきたいと思います。それこそが、手をかけ長く使い循環させていく時代の「育暮家はいほーむす」の仕事なのです。



DDRさん社長自叙伝.net↓
http://www.ddr38.net/0hiho/0hihomes.html

㈱育暮家ハイホームスHP↓
http://www.hihomes.co.jp/

育暮家はいほーむすのホームページはこちらから
育暮家りふぉーむのホームページはこちらから

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7
        育暮家ハイホームス

この記事を書いたプロ

(株)育暮家ハイホームス [ホームページ]

一級建築士 杉村喜美雄

静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL:054-636-6611

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ハイホームスでは大切に住み継いでいく住まいづくりを提案

大井川の木で心地よい暮らしを発信。持続可能な住まいづくりの提案。(1/3)

家を建てる。それは多くの人にとって人生の大きな節目です。どこに住むか、どんな間取りにするか…ご家族で思いを巡らせるのではないでしょうか。藤枝市にある「ハイホームス」の杉村喜美雄さんは、家づくりのポイントを次のように話します。「家づくりにお...

杉村喜美雄プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

大井川の森の木を使い、大切なものを残してゆく家づくりに強み

会社名 : (株)育暮家ハイホームス
住所 : 静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL : 054-636-6611

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-6611

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉村喜美雄(すぎむらきみお)

(株)育暮家ハイホームス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
OMソーラーと太陽光発電点検
イメージ

育暮家はいほーむすが建てた「OM+太陽光発電の家」の点検を行いました。OM歴14~15年になるお住まいです...

[ OMソーラー ]

育暮家総合パンフレット
イメージ

育暮家ハイホームスには育暮家の家づくりを整理した総合パンフレットがあります。昨年の暮れ出来上がったも...

[ 大切なものを残す ]

小さなエネルギーで心地よく暮らす為に「我が家の省エネ手帳活用術」12/11(日)ワークショップ開
イメージ

意外と知らないわが家のエネルギー使用量自分の家の電気、ガス、灯油などのエネルギー消費レベルはどのくらい...

[ エネルギー ]

AIが住まいを設計する時代?
イメージ

タイトルに惹かれて手元に置いたもののなかなか読めない2つの本、ついインターネット投稿にお世話になってしま...

[ 大切なものを残す ]

電気がない時代に始まった製糸場はパッシブデザインが活かされていた
イメージ

先週、富岡市の㈱栄光製作所さんにお邪魔しました。7月に開催した1985全国省エネミーティングで講演いただきそ...

[ パッシブデザイン ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ