コラム一覧 :大切なものを残す

1件~15件(19件)

過去の15件

つつじの最後?

イメージ

わが家の北側には2つの大きなつつじがあります。毎年赤やピンクの花を咲かせていたのですが5,6年前から様子がちょっと変わってきました。花の咲き具合の勢いがなくなってきたかなと思っていたら枯れ枝が目立つようになってきました。そこで、植木屋さんが夏の暑さ対策や土壌手当をしたりし... 続きを読む

大切なものを残す

2017-05-21

ほっこりとした関係がいつまでも

イメージ

数日前、OMソーラーの屋根メンテナンスを施工中の藤枝のお住まいを訪問したスタッフからこのような写真を見せてもらいました。「とてもほっこりした時間をすごしました」と。そこはリビングからお庭と向かいのさくらの森がとてもきれいに見えるお住まいです。写真からもお庭のチ... 続きを読む

大切なものを残す

2017-05-12

パッシブデザインで建てた八百屋本陣さんが「地域のお店デザイン」で表彰

イメージ

このような冊子をいただきました。1月に行われた「地域のお店」デザインで表彰されたお店が紹介されています。この中に育暮家はいほーむすで設計施工させていただいた八百屋「本陣」さんが載っています。以前ブログでも紹介させていただきましたが、パッシブデザインや地元大井川... 続きを読む

大切なものを残す

2017-04-03

久々のパンク

イメージ

現場の打ち合わせに出かけました。現場に着き打ち合わせが始まった時、「パンクしているみたいよ」と誰かの声。誰のかなー、みんな自分の車に目をやりながらあたりを見渡す。「社長の車だよ」「ほんとだー」もう何年も自分の車のパンクには遭遇していない。そう言えば... 続きを読む

大切なものを残す

2017-03-13

端島 「軍艦島」の一瞬をアイフォンが残す

イメージ

長崎訪問の続きです。昭和の歴史が詰まる炭鉱の島、端島。世界遺産登録で訪れる人も増えています。「1年後はこの姿はないかもしれません」その言葉に導かれ長崎の坂めぐりの前日、午後のクルーズに予約し端島、通称軍艦島に寄りました。風は冷たかったのですが晴天に恵まれさわやか。帰りの船... 続きを読む

大切なものを残す

2017-02-03

つなぐメッセージ

イメージ

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 昨年夏、しずおか熟年メッセージ大会があり応募しました。熟年とと言っても年齢は関係なく、自分が熟年と思えば誰でも応募できるのです。10代でもOK?です。メッセージという響きに誘われ、ちょうど... 続きを読む

大切なものを残す

2016-12-31

育暮家総合パンフレット

イメージ

育暮家ハイホームスには育暮家の家づくりを整理した総合パンフレットがあります。昨年の暮れ出来上がったものです。初版でしたので限定数印刷しました。そのため、既に在庫が切れてしまった状態になり、新しく印刷をかけていくところです。そのまま印刷しようとしましたがどうしても加えたい... 続きを読む

大切なものを残す

2016-12-06

AIが住まいを設計する時代?

イメージ

タイトルに惹かれて手元に置いたもののなかなか読めない2つの本、ついインターネット投稿にお世話になってしまいます。右側の本は10年も前に書かれたものですがここに来て現実化しています。でもここからはロボットが人の代わりを務めることに依る産業構造の変化だけでなく、既に巨大... 続きを読む

大切なものを残す

2016-11-10

ふじのくに防災士と昭和100年

イメージ

静岡県ふじのくに防災士養成講座に嫁さんが参加しています。土日主体のBコースを選択し7日間学びます。私も応募したのですが定員オーバーでした。参加費は2,500 円(資料代)です。必修科目数の8割以上を受講した方は「修了」と認められ、「静岡県ふじのくに防災士」の称号が与えられます。望... 続きを読む

大切なものを残す

2016-10-06

車いすの建築士

イメージ

「木の家と太陽と車いす」と言う本が出版されました。名古屋で100年の歴史を刻む阿部建設の社長、阿部一雄さんが野辺公一さん(㈱オプコード所長)のプロデュースのもと書きあげた本です。昨日はその出版記念パーティーにお招きいただきました。実は著書には育暮家はいほーむが阿部さんのア... 続きを読む

大切なものを残す

2016-07-25

地域コンビニが近くの山の木で建てられ、解体後もリユースされたら

イメージ

誰もが目にし、気になるコンビニの出店と閉店の繰り返し。これっていいのかなー?と街角風景の変化のスピードに戸惑います。閉店後、うまく再利用される場合はともかくあえなく解体されてしまう場合は『もったいないな』と思ってしまいます。 今年に入り住宅への国産材利用が低... 続きを読む

大切なものを残す

2016-04-04

道具も世代交代が進む?

イメージ

現場の職人さんたちの世代交代が進む中道具も世代交代が進んでいる?。測る、切る、削る、打つ、磨く、塗る、代表的な現場の作業です。この作業は家のつくり用が変化するにつれ例えば工場製品で家を建てる場合は、これらの現場作業を如何に減らすか、なくすかに知恵をしぼり、... 続きを読む

大切なものを残す

2016-03-21

新年あけましておめでとうございます

イメージ

穏やかな元旦を迎え、新しい1年を穏やかな気持ちで過ごすことができますよう願いました。 新拠点に移り3年目になる今年、ようやく気持ちも建物も落ちつき勢いをつけて育暮家の家づくりの課題に向かっていきます。 お正月と言えば、いつもは離れている家族が実家に集... 続きを読む

大切なものを残す

2016-01-03

静岡の冬をどう過す?

イメージ

秋の長雨?で現場の進行が停滞する場面がありました。ようやく晴れの日が期待できる状況に入り現場も安心、そして気温も急に下がってきました。紅葉狩りに出かけた方からのお便りでは各地の秋の深まりを感じます。同時に家の冬備えが始まった様子も届きます。omソーラーを冬モードに... 続きを読む

大切なものを残す

2015-11-30

住宅の耐震化の変遷から考える耐震補強。

イメージ

先日参加した構造研修会で気になったことを書いて見ます。このところ太平洋側の地震が続いています。最近の地震を引き起こすプレートの動きを追いかける具体的計測結果によれば、不安を隠せない状況でもあります。当然、我が家の耐震性にも関心が高まります。耐震基準基準住宅の耐震性能は大地... 続きを読む

大切なものを残す

2015-10-20

1件~15件(19件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
ハイホームスでは大切に住み継いでいく住まいづくりを提案

大井川の木で心地よい暮らしを発信。持続可能な住まいづくりの提案。(1/3)

家を建てる。それは多くの人にとって人生の大きな節目です。どこに住むか、どんな間取りにするか…ご家族で思いを巡らせるのではないでしょうか。藤枝市にある「ハイホームス」の杉村喜美雄さんは、家づくりのポイントを次のように話します。「家づくりにお...

杉村喜美雄プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

大井川の森の木を使い、大切なものを残してゆく家づくりに強み

会社名 : (株)育暮家ハイホームス
住所 : 静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL : 054-636-6611

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-6611

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉村喜美雄(すぎむらきみお)

(株)育暮家ハイホームス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
つつじの最後?
イメージ

わが家の北側には2つの大きなつつじがあります。毎年赤やピンクの花を咲かせていたのですが5,6年前から様子が...

[ 大切なものを残す ]

OMソーラーと太陽光発電点検
イメージ

育暮家はいほーむすが建てた「OM+太陽光発電の家」の点検を行いました。OM歴14~15年になるお住まいです...

[ OMソーラー ]

ほっこりとした関係がいつまでも
イメージ

数日前、OMソーラーの屋根メンテナンスを施工中の藤枝のお住まいを訪問したスタッフからこのような写真を見...

[ 大切なものを残す ]

掛川市森林組合の新しい木の事務所
イメージ

設計管理をされた有限会社村松篤設計事務所さんから「掛川市森林組合の新事務所が出来たから見に来られたら...

[ パッシブデザイン ]

育暮家標準化住宅の「スタイルS」の重量
イメージ

静岡の古民家再生の現場に出かけた際、信号待ちでこのタンクトレーラーの後ろになりました。...

[ パッシブデザイン ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ