コラム一覧 :大切なものを残す

1件~15件(29件)

過去の15件

山のための税金

イメージ

育暮家むぱすの庭のろうばいが、小さな花を咲かせています。大雪のnewsも届く寒さ本番の時期に、そっと咲く日本の花に心がなごみます。先日の日経新聞に気になる記事が出ていました。森林環境税森林保全のための税金で、荒れる日本の山が蘇っていくことになれ... 続きを読む

大切なものを残す

2018-02-02

やっておけばよかった。やっておいてよかった。

イメージ

住まいと暮らしにはこんな言葉がよく聞かれます。「今なら出来ないよね」「やっておいてよかったね」それは時間(タイミング)に関することやお金や家族や身体の事情、それに資材の調達、技術確保などからやっておいてよかった、につながっていると思います。「助かったー」「本当... 続きを読む

大切なものを残す

2018-01-08

解体工事に改めて思う 「ライフサイクルカーボンマイナス」

イメージ

スクラップ&ビルドの時代から、再び「手をかけ長く使う時代」に向かっています。じゃあ、スクラップ、解体工事が少なくなっていくかといえば、さにあらず、しばらくはその逆のような気がします。それは、空家の増加、ライフスタイルや性能不足への対応、維持管理負担などの理由から解... 続きを読む

大切なものを残す

2017-12-29

わが家で使っているエネルギーってどのくらい?平均と比較してみませんか

イメージ

最近の住宅雑誌の中に●●メガジュールとか●●ギガジュールで暮らす家とか書かれていることを見かけませんか。ジュールとはエネルギーを表す単位ですが、住宅においては家で消費するエネルギーを表す時に使われます。エネルギー表示は1次エネルギーと2次エネルギーとで分かれますが、住宅の... 続きを読む

大切なものを残す

2017-11-29

ほっこり、静岡新聞夕刊

イメージ

静岡の地方紙「静岡新聞」の夕刊発行が続いています。実はうちの嫁さんの愛読?夕刊です。それにしても、ネット上で瞬時にリアルな情報が飛び交う時代にその日の情報を紙に印刷して夕方に届けようとするのは時代遅れ、とすることに奮起するかのようによく続いています。中学生... 続きを読む

大切なものを残す

2017-11-23

リフォーム、リノベーションの現場は如何に新築するかの玉手箱

静岡で古民家サロンを開きました。テーマの一つは「家の魅力を失わないようにして暖かく暮らすために」でした。2日間でしたが2時間づつ4回に分けて行いました。各時間3~4組の方にご参加いただきました。住まい手さんを交えて、楽しく開催できたことで育暮家らしいサロンでした。... 続きを読む

大切なものを残す

2017-10-19

何百年か後の大工のことを考えながら仕事をする

イメージ

「百年も千年も前の大工と毎日のように話をしながら仕事をして、また、何百年か後の大工のことを考えながら仕事をする。」藤枝生まれ「技術者の人間国宝」の松浦昭次さんの著書「宮大工千年の手と技」の中の一節です。写真の本は平成12年に初版が出版されました。当時在籍してい... 続きを読む

大切なものを残す

2017-10-01

求められる住まいの町医者にならなければ。。

イメージ

近所に大工さんがいた昔のように、住まいにもかかりつけのお医者さんが必要だとよく言われる。建物の「体調」を把握してくれ、「往診」してくれる、家庭医のような工務店の役割を、もっと重視しなくてはと思うのだ。云々、、こちら(下)のホームページにすまい手さんの声が出ています。... 続きを読む

大切なものを残す

2017-10-01

包み込む家づくりと開放される家づくり

イメージ

松井郁夫建築設計事務所さんの古民家ゼミに参加しています。きっかけは古民家について改めてしっかり学び整理したいと思ったからです。ゼミは ①座楽 ②実習(実測) ③設計 の3つの構成になっています。①②と終了し、残りは設計ゼミです。実習で行った実測図をもとに、改修計画を作成... 続きを読む

大切なものを残す

2017-07-10

20年後の住宅ストック

イメージ

時代はストック活用の時代。日本の住宅ストックは増え続けています。一方人口減の中で空き家も増えていきます。この矛盾に対し、上手な住宅ストックの活用やスムースで信頼できる流通環境が求められています。日本では中古住宅の価値判断の一つに築年数があります。築15.20年... 続きを読む

大切なものを残す

2017-06-18

つつじの最後?

イメージ

わが家の北側には2つの大きなつつじがあります。毎年赤やピンクの花を咲かせていたのですが5,6年前から様子がちょっと変わってきました。花の咲き具合の勢いがなくなってきたかなと思っていたら枯れ枝が目立つようになってきました。そこで、植木屋さんが夏の暑さ対策や土壌手当をしたりし... 続きを読む

大切なものを残す

2017-05-21

ほっこりとした関係がいつまでも

イメージ

数日前、OMソーラーの屋根メンテナンスを施工中の藤枝のお住まいを訪問したスタッフからこのような写真を見せてもらいました。「とてもほっこりした時間をすごしました」と。そこはリビングからお庭と向かいのさくらの森がとてもきれいに見えるお住まいです。写真からもお庭のチ... 続きを読む

大切なものを残す

2017-05-12

パッシブデザインで建てた八百屋本陣さんが「地域のお店デザイン」で表彰

イメージ

このような冊子をいただきました。1月に行われた「地域のお店」デザインで表彰されたお店が紹介されています。この中に育暮家はいほーむすで設計施工させていただいた八百屋「本陣」さんが載っています。以前ブログでも紹介させていただきましたが、パッシブデザインや地元大井川... 続きを読む

大切なものを残す

2017-04-03

久々のパンク

イメージ

現場の打ち合わせに出かけました。現場に着き打ち合わせが始まった時、「パンクしているみたいよ」と誰かの声。誰のかなー、みんな自分の車に目をやりながらあたりを見渡す。「社長の車だよ」「ほんとだー」もう何年も自分の車のパンクには遭遇していない。そう言えば... 続きを読む

大切なものを残す

2017-03-13

端島 「軍艦島」の一瞬をアイフォンが残す

イメージ

長崎訪問の続きです。昭和の歴史が詰まる炭鉱の島、端島。世界遺産登録で訪れる人も増えています。「1年後はこの姿はないかもしれません」その言葉に導かれ長崎の坂めぐりの前日、午後のクルーズに予約し端島、通称軍艦島に寄りました。風は冷たかったのですが晴天に恵まれさわやか。帰りの船... 続きを読む

大切なものを残す

2017-02-03

1件~15件(29件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
ハイホームスでは大切に住み継いでいく住まいづくりを提案

大井川の木で心地よい暮らしを発信。持続可能な住まいづくりの提案。(1/3)

家を建てる。それは多くの人にとって人生の大きな節目です。どこに住むか、どんな間取りにするか…ご家族で思いを巡らせるのではないでしょうか。藤枝市にある「ハイホームス」の杉村喜美雄さんは、家づくりのポイントを次のように話します。「家づくりにお...

杉村喜美雄プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

大井川の森の木を使い、大切なものを残してゆく家づくりに強み

会社名 : (株)育暮家ハイホームス
住所 : 静岡県藤枝市青南町2丁目8-7 [地図]
TEL : 054-636-6611

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-6611

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉村喜美雄(すぎむらきみお)

(株)育暮家ハイホームス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ほっこり、静岡新聞夕刊
イメージ

静岡の地方紙「静岡新聞」の夕刊発行が続いています。実はうちの嫁さんの愛読?夕刊です。それにしても、...

[ 大切なものを残す ]

20年後の住宅ストック
イメージ

時代はストック活用の時代。日本の住宅ストックは増え続けています。一方人口減の中で空き家も増えていきます...

[ 大切なものを残す ]

つつじの最後?
イメージ

わが家の北側には2つの大きなつつじがあります。毎年赤やピンクの花を咲かせていたのですが5,6年前から様子が...

[ 大切なものを残す ]

OMソーラーと太陽光発電点検
イメージ

育暮家はいほーむすが建てた「OM+太陽光発電の家」の点検を行いました。OM歴14~15年になるお住まいです...

[ OMソーラー ]

富士山がきれいに見える日本平ホテルで省エネ
イメージ

これは日本平ホテルのHPのトップ画面です。数年前大改装を施して生まれ変わった、静岡市清水区のホテ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ