コラム

 公開日: 2018-01-26 

1月26日は文化財防火デー

毎年1月26日は、「文化財防火デー」です。

文化財防火デーの制定は,昭和24年1月26日に,現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことに基づいています。

この事件は国民に強い衝撃を与え、火災など災害による文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まり、翌昭和25年に文化財保護の統括的法律として文化財保護法が制定されました。

その後,昭和29年11月3日に法隆寺金堂の修理事業が竣工し,文化財保護行政も確立するとともに,文化財保護思想の一層の強化徹底を図るために普及啓発事業が行われるようになりました。その一環として、法隆寺金堂の焼損した日であること、1月と2月が1年のうちで最も火災が発生しやすい時期であることから,昭和30年に,当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)が1月26日を「文化財防火デー」と定め,文化財を火災,震災その他の災害から守るとともに、全国的に文化財防火運動を展開し、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図っています。

昭和30年の第1回文化財防火デー以来、毎年1月26日を中心に、文化庁、消防庁、都道府県・市区町村教育委員会、消防署、文化財所有者、地域住民等が連携・協力して、全国で文化財防火運動を展開しています。

文化庁HPより

この記事を書いたプロ

金子石材滝戸 [ホームページ]

墓石職人 金子佳正

静岡県富士市岩本329-16 [地図]
TEL:0545-64-2479

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
富士富士宮のお墓ディレクターがいる金子石材滝戸

墓石建立からアフターケアまで一任“お墓ディレクター”が提案するこれからのお墓づくり(1/3)

あなたは“お墓ディレクター”をご存知ですか?お墓ディレクターとは、一般社団法人 日本石材産業協会が認定する資格で、お墓に関する幅広い知識と教養を兼ね備えた人に与えられるものです。お墓の種類や形状、歴史や文化、石材の種類や加工法、墓地、埋...

金子佳正プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

お墓ディレクターが真摯に丁寧に対応

会社名 : 金子石材滝戸
住所 : 静岡県富士市岩本329-16 [地図]
TEL : 0545-64-2479

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0545-64-2479

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金子佳正(かねこよしまさ)

金子石材滝戸

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
磨き直し
イメージ

古くなった石塔は磨き直しをすると艶が戻ります。特に御影石は新たに立てなくても新品同様になり見違え...

[ 作業の様子 ]

ゴールデンウイークが終わりました

今年は最大9連休と言われたゴールデンウイークが終了致しました。 皆様はどんな時間を過ごされましたか? 久...

石塔の耐震調査を

 2月19日長野県高森町の墓地で、幼い子どもが倒れた墓石の下敷きになる事故がありました。子どもは病院に搬送...

2月17日は「天使のささやきの日」

1994年2月17日に、北海道幌加内町にある「天使の囁きを聴く会」が天使のささやきの日を制定しました。天使の囁きは...

[ 今日は何の日?(2018) ]

2月16日は「天気図記念日」

1883(明治16)年2月16日、ドイツの気象学者エリヴィン・クニッピングの指導のもと、7色刷りの日本初の天気図が作...

[ 今日は何の日?(2018) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ