南條雅士

なんじょうまさし

有限会社 川口漢方薬局

[ 静岡市清水区 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-04-19  最終更新日: 2014-07-18

お茶は薬として中国から伝わってきました

そろそろ、新茶の採れる季節がやってきます。
お茶というと、最近は様々なお茶が売られています。ごく普通の緑茶、ウーロン茶、紅茶をはじめとして、甜茶、柿の葉茶、クコ茶、シジウム茶、ジャスミン茶etc.いっぱいありますが、ここでお話するのは、ありきたりのお茶のお話です。近所にも茶畑がありますが、今年は新芽の生育は早くも遅くもなく茶摘みは例年と同じ頃になりそうです。

 さて、現代の日本ではお茶(緑茶)はごくありきたりの飲み物ですが、お茶には、カフェイン、カテキンなどの成分が入っていて、現代でも健康増進の飲み物として注目されていますし、昔は貴重な時代もあったのです。元来は薬として中国から伝来しました。意外に知られていませんが、現代でもパッケージになって売られている顆粒状の漢方薬にお茶が使われているものがあります。

それは、川きゅう茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)というカゼや頭痛などに使われる漢方薬です。





川きゅう茶調散
 内容成分
 びゃくし、きょうかつ、けいがい、ぼうふう、はっか、かんぞう、ちゃよう、せんきゅう、こうぶし
                                 *ちゃようは普通の緑茶です。
 効能  
 カゼ、頭痛、血の道症

川きゅう茶調散は、本来は茶葉(ちゃよう)を除いた他の成分を粉末にしたものを混ぜて調合したものをお茶でのむように指定された漢方薬です。だから、茶調散なのです。西洋医学の古典的な解熱鎮痛剤に、安息香酸・ナトリウム・カフェインという薬があります。この薬からカフェインを除くとその解熱鎮痛作用が著しく弱くなります。原理はこれと同様で、お茶にはカフェインという成分が入っているために、お茶でのむと痛みを緩和する効果が高まることを、昔の人はちゃんと知っていました。

そこで私は、頭痛のひどい方には、川きゅう茶調散をお茶で頂くようにお勧めしています。もちろん、茶葉はすでに配合されていますから、お湯やお水でのんで良いのですが、本来、お茶でのむ漢方薬ですし、もっと効き目が良くなります。「例の、お茶でのむ頭痛の漢方薬ちょうだい!」という方もいらっしゃいますよ。

この記事を書いたプロ

有限会社 川口漢方薬局 [ホームページ]

薬剤師 南條雅士

静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL:054-345-8991

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川口漢方薬局の南條雅士さん

厳選した漢方薬と深い知識で、悩みに寄り添う漢方アドバイザー。(1/3)

 静岡鉄道「県立美術館前駅」改札からすぐのところにある川口漢方薬局。南條雅士さんは薬剤師、そして漢方アドバイザーとして「体の不調や悩み、さまざまな症状を訴える方に、漢方薬の専門家として応えたい」と話します。「私たちは漢方薬をおもに扱ってい...

南條雅士プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

厳選した漢方薬で、一人ひとりの体質に合わせた健康づくりの提案

会社名 : 有限会社 川口漢方薬局
住所 : 静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL : 054-345-8991

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-345-8991

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

南條雅士(なんじょうまさし)

有限会社 川口漢方薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
いつもと違う2016年9月のカゼ

 いつもと違う今年の9月のカゼ 2016年9月は、いつもの9月とは異なったカゼの相談の多い月でした。普通の年の9...

[ 漢方 ]

弁証論治の話

聞き慣れない言葉だと思いますが、東洋医学で弁証論治(べんしょうろんち)という言葉があります。西洋医学と東...

四季の食養生の話

今回は、漢方医学からみた四季の食養生について書いてみます。 春は、発散力を補う野菜を食べる  春は...

[ 漢方 ]

漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

病院と違って漢方専門薬局では健康保険が効きません。でも、保険が効くかどうかの違いだけではありません。 使...

[ 漢方 ]

抗SRP抗体陽性筋症の漢方薬での症例

 抗SRP抗体陽性筋症とは? ご本人とお母さんの了解を得て、報告させていただきます。私の所は、さもない小さな...

[ 漢方 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ