南條雅士

なんじょうまさし

有限会社 川口漢方薬局

[ 静岡市清水区 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-05-14 

西洋薬と漢方薬の違い

1種類の漢方薬でも様々な有効成分が含まれる

西洋薬は、一部の例外を除いて単一成分です。ところが、漢方薬は、天然の素材を使っていて、しかもシンプルなものでも4種類くらい、多いものだと20種類以上の生薬を組み合わせて構成されています。たった1種類の生薬でさえ、有効成分は1種類ではありません。ですから、1つの漢方処方というのは、有効成分が何十種類、場合によっては何百種類も含まれているのです。

体の様々な部分にマルチプルに働く

漢方薬は有効成分が多様なので、体のあちこちで様々に働きます。これは、兵器に例えるならば、西洋薬がパトリオット・ミサイルなら、漢方薬は散弾銃のようなものです。漢方薬の有効成分は、西洋薬に比べて強力なものは少なく、むしろ単一成分を取り出して比較すれば、力は西洋薬の方が強い。攻撃目標がわかっていて、あそこに敵の基地があるとなれば、パトリオット・ミサイルは正確に飛んで行き破壊力も強いです。漢方薬は、散弾銃のように、広範囲に弾が飛んでいく武器に例える事ができます。破壊力はパトリオット・ミサイルほど強くはないが、体のあちこちに同時に働いてバランスをとったり、複数悪い部分がある場合でも、同時に改善が出来るのです。破壊力も強くないから副作用も少ない。

病気が同じでも体質や症状が異なれば違う漢方薬が適合する

良く、◯◯◯に効く漢方薬はありますか?と聞かれます。しかし、具体的にどのような漢方薬が適合するのかは、体質や症状がわからないと決めることができません。でも、現在の医療機関の多くは、お約束のように病名だけで漢方薬を処方していて結果的に充分な効果が出ないケースや明らかに間違った処方がされていることが多くあります。

病名だけで処方された場合、間違っていることがある

本日、いつも漢方薬を購入されている方から、このような相談がありました。

----------------- 風邪をひいたので病院へ行ったら、喉の痛みと痰、発熱の症状を伝えたら、痰切りの薬と抗生物質を出すと言われたので、抗生物質を飲むと体調が悪くなるので作用が優しい漢方が良いと伝えたら、では朝晩2回の漢方を出します、とのことでした。

処方箋を見たら、ツムラの葛根湯エキスでした。この漢方薬は、私の体力や体質、症状に合っているでしょうか。漢方専門の病院ではなく、あまりにも簡単に出されたので少し不安です。----------------

このような場合には、寒気よりほてりや暑苦しい、喉が痛いような状態の引き始めに適応する漢方薬である銀翹散や天津感冒片のようなものが良く、葛根湯は不適当です。葛根湯は体を温めて汗を出す働きがあるのですが、そのために、桂皮(シナモン)、生姜、麻黄など、辛くて温める生薬が配合されています。喉が腫れて痛い時、唐辛子や胡椒、シナモンを摂ったら喉はさらに赤くなって腫れが酷くなってしまうのと同じ事で効果が無いだけでなく、服用することで喉の痛みや炎症がより悪化してしまいます。むしろ何も飲まない方が良いくらい。

銀翹散や天津感冒片という漢方薬は、火照りを覚まし炎症を除くような漢方薬で薄荷、金銀花、連翹などが配合され、1包飲むだけで喉痛がスッと軽くなるように働きます。喉が痛い時、ハッカが入った酸っぱいのど飴を舐めると喉の痛みが若干軽くなりますので推奨いたしますが、キムチやカレーは食べてはいけない。それと同じ事です。

この記事を書いたプロ

有限会社 川口漢方薬局 [ホームページ]

薬剤師 南條雅士

静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL:054-345-8991

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川口漢方薬局の南條雅士さん

厳選した漢方薬と深い知識で、悩みに寄り添う漢方アドバイザー。(1/3)

 静岡鉄道「県立美術館前駅」改札からすぐのところにある川口漢方薬局。南條雅士さんは薬剤師、そして漢方アドバイザーとして「体の不調や悩み、さまざまな症状を訴える方に、漢方薬の専門家として応えたい」と話します。「私たちは漢方薬をおもに扱ってい...

南條雅士プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

厳選した漢方薬で、一人ひとりの体質に合わせた健康づくりの提案

会社名 : 有限会社 川口漢方薬局
住所 : 静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL : 054-345-8991

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-345-8991

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

南條雅士(なんじょうまさし)

有限会社 川口漢方薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
いつもと違う2016年9月のカゼ

 いつもと違う今年の9月のカゼ 2016年9月は、いつもの9月とは異なったカゼの相談の多い月でした。普通の年の9...

[ 漢方 ]

弁証論治の話

聞き慣れない言葉だと思いますが、東洋医学で弁証論治(べんしょうろんち)という言葉があります。西洋医学と東...

四季の食養生の話

今回は、漢方医学からみた四季の食養生について書いてみます。 春は、発散力を補う野菜を食べる  春は...

[ 漢方 ]

漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

病院と違って漢方専門薬局では健康保険が効きません。でも、保険が効くかどうかの違いだけではありません。 使...

[ 漢方 ]

抗SRP抗体陽性筋症の漢方薬での症例

 抗SRP抗体陽性筋症とは? ご本人とお母さんの了解を得て、報告させていただきます。私の所は、さもない小さな...

[ 漢方 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ