南條雅士

なんじょうまさし

有限会社 川口漢方薬局

[ 静岡市清水区 ]

職種

コラム

2014-06-26

未病を治すという漢方の概念

未病(みびょう)というのは、まだ病気ではない状態のことです。東洋医学では、病気になる前の段階で病気の兆しをとらえて、病気になる前あるいは初期のうちに大病にならないようにするのが良い、という考えが昔からありました。

春秋戦国時代から前漢の頃までに書かれた医学書である黄帝内経『素問』《四気調神大論》にはこのようなことが書かれています。

「道理に明るい人は、病気になってしまってから治療するのではなく、まだ病にならない状態を治す。これは国家を治めるのと同じで、騒乱が起こってしまってから対処するのではなく、騒乱の発生する前に未然に防ぐ。仮に病がすでに発生してしまってから治療したり、戦乱が起こってしまってから平定するのであれば、口が渇いてやっと井戸を掘るのを思いついたり、戦争になってからやっと武器を造ることを考えるのと同じ事だ。それでは遅い。」


そして、5000年前に書かれた中国で最も古いとされる薬の書物の『神農本草経』には全部で365種の薬物が載っていますが、以下のように分類されていて、健康を維持し長生きができる薬や予防や体力増強の薬の方が治療の薬より上位に置かれていました。


       上薬 不老長寿の薬
       中薬 病気の予防と体力増強の薬
       下薬 治療の薬


現代の東洋医学でも未病(みびょう)を治すというのは漢方の得意分野です。全く健康ではないが病気ではない、調子が悪いのだが検査をすると異常がないという状態は、まさに未病(みびょう)の状態です。こういった方に良いものが漢方薬にはいろいろあるのです。病気にならないようにするための養生が目的の漢方薬も昔からありました。

この記事を書いたプロ

有限会社 川口漢方薬局 [ホームページ]

薬剤師 南條雅士

静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL:054-345-8991

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川口漢方薬局の南條雅士さん

厳選した漢方薬と深い知識で、悩みに寄り添う漢方アドバイザー。(1/3)

 静岡鉄道「県立美術館前駅」改札からすぐのところにある川口漢方薬局。南條雅士さんは薬剤師、そして漢方アドバイザーとして「体の不調や悩み、さまざまな症状を訴える方に、漢方薬の専門家として応えたい」と話します。「私たちは漢方薬をおもに扱ってい...

南條雅士プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

厳選した漢方薬で、一人ひとりの体質に合わせた健康づくりの提案

会社名 : 有限会社 川口漢方薬局
住所 : 静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL : 054-345-8991

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-345-8991

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

南條雅士(なんじょうまさし)

有限会社 川口漢方薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弁証論治の話

聞き慣れない言葉だと思いますが、東洋医学で弁証論治(べんしょうろんち)という言葉があります。西洋医学と東...

四季の食養生の話

今回は、漢方医学からみた四季の食養生について書いてみます。 春は、発散力を補う野菜を食べる  春は...

[ 漢方 ]

漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

病院と違って漢方専門薬局では健康保険が効きません。でも、保険が効くかどうかの違いだけではありません。 使...

[ 漢方 ]

抗SRP抗体陽性筋症の漢方薬での症例

 抗SRP抗体陽性筋症とは? ご本人とお母さんの了解を得て、報告させていただきます。私の所は、さもない小さな...

[ 漢方 ]

「林修の今でしょ! 講座3時間スペシャル」をみて

「林修の今でしょ! 講座3時間スペシャル」をみて、漢方の専門家の立場として気になることがありました。 夏風...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ