南條雅士

なんじょうまさし

有限会社 川口漢方薬局

[ 静岡市清水区 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-07-25  最終更新日: 2014-08-06

漢方薬の味と香りには意味がある

『良薬は口に苦し』という諺(ことわざ)がありますように、多くの方は、漢方薬は苦くてのみにくいものだというイメージをお持ちではないでしょうか?でも、漢方薬には、甘いものも、辛いものも、酸っぱいものも、しおからいものも、苦いものもあります。

味が薬効を持つ


漢方では、例外はありますが、味によって薬効が変わると考えています。

酸味   収縮させたりおさめたりする

苦味   下に降ろす  乾燥させる

甘味   補い養なう 緊張を緩める

辛味   汗を出したり上昇させる  停滞しているものを動かす

しおからい味  降ろす    軟らかくする

ですから、『良薬は口に苦し』という諺(ことわざ)は、良い薬は苦いものだということですが、必ずしもそうではありません。人間がなぜ甘味のものが好きで苦味のものを好まないのかというのは、甘い物は補う働きがあるため普段から摂取していないといけないし、苦い物は下降させて乾燥させてしまうので普段から摂りすぎると体内の必要なものを体外に排出してしまうから自然の摂理でそうなっているのです。ただし、病気になって体内の悪いものを排出させるのに苦味のものが必要になることがあるのです。苦いものが必要なとき、苦い物がそれほどいやにならなくなります。また、体が冷えていて衰弱している方は苦みのある漢方薬は適しません。甘い漢方薬で補い養うことを長期に行うのです。

のみやすく甘い漢方薬
一般的な漢方薬で、おそらく最ものみやすいのは小建中湯(しょうけんちゅうとう)です。
膠飴(こうい:みずあめ、桂皮(けいひ:ニッキ)、芍薬(しゃくやく:シャクヤクの根)、大棗(たいそう:なつめの実)甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう:ヒネショウガ)
内容は以上で、とても甘い上にほんのり辛みがある味で小さなお子さんにものめます。

苦くてのみにくい漢方薬
のみにくい漢方薬の代表は、黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)です。
黄連(おうれん)、黄岑(おうごん)、阿膠(あきょう:ロバのニカワ)、芍薬(しゃくやく:シャクヤクの根)、鶏子黄(けいしおう:卵の黄身)
この漢方薬は、先に黄連、黄岑、芍薬を煎じてから、あたたかいうちに阿膠と卵の黄身を入れ半熟のドロドロした状態のものをのみます。黄連、黄岑がとても苦い上にドロドロしていてかなりのみにくいです。

でも、黄連阿膠湯は、のみやすいエキス顆粒剤が発売されていますのでわざわざのみにくい煎じ薬をつくらなくて良くなりました。


香りが薬効を持つ


私共の薬局の中に入りますと、漢方薬らしい香りがして、その香りだけで気分が落ち着くとおしゃる方もいらっしゃいます。そう、香りも薬効があるのです。ですから漢方薬を煮出すときに出る香りも薬です。

煎じ薬と出来上がってそのままのめる顆粒や丸剤の違いは、経験的に香りがある成分を多く含むものに特に大きな差がでると考えています。丁度、豆をひいて自分で入れたコーヒーとインスタントのコーヒーを比べると、同じ材料を使っても出来上がったものは香りが違ってしまうように・・・・。

漢方薬には、特有の香りを持つものが多く、ストレスに対処する漢方薬や消化を良くし食欲を増す漢方薬には多く配合されます。

例えば、ストレスに良い漢方薬の一つ、逍遥散には薄荷葉(ハッカ)が配合されています。胃弱や胃アトニー、慢性胃腸炎に使う香砂養胃湯の中の厚朴(こうぼく)、陳皮(ちんぴ)、香附子(こうぶし)、縮砂(しゅくしゃ)はいずれも芳香性があり、昔ながらの煎じ薬を煮出していますと、アロマテラピーをやるのと同じようにいい匂いがします。
       
香りが果たして効き目の一部なのかどうかは、通常の医薬品の有効性のテストがやりにくいので証明がしにくいです。 香りをテストする場合、本物の漢方薬の味や香りと寸分も違わない無効な味や香りを作ることができないので、証明することが難しいのです。

この記事を書いたプロ

有限会社 川口漢方薬局 [ホームページ]

薬剤師 南條雅士

静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL:054-345-8991

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川口漢方薬局の南條雅士さん

厳選した漢方薬と深い知識で、悩みに寄り添う漢方アドバイザー。(1/3)

 静岡鉄道「県立美術館前駅」改札からすぐのところにある川口漢方薬局。南條雅士さんは薬剤師、そして漢方アドバイザーとして「体の不調や悩み、さまざまな症状を訴える方に、漢方薬の専門家として応えたい」と話します。「私たちは漢方薬をおもに扱ってい...

南條雅士プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

厳選した漢方薬で、一人ひとりの体質に合わせた健康づくりの提案

会社名 : 有限会社 川口漢方薬局
住所 : 静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL : 054-345-8991

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-345-8991

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

南條雅士(なんじょうまさし)

有限会社 川口漢方薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
いつもと違う2016年9月のカゼ

 いつもと違う今年の9月のカゼ 2016年9月は、いつもの9月とは異なったカゼの相談の多い月でした。普通の年の9...

[ 漢方 ]

弁証論治の話

聞き慣れない言葉だと思いますが、東洋医学で弁証論治(べんしょうろんち)という言葉があります。西洋医学と東...

四季の食養生の話

今回は、漢方医学からみた四季の食養生について書いてみます。 春は、発散力を補う野菜を食べる  春は...

[ 漢方 ]

漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

病院と違って漢方専門薬局では健康保険が効きません。でも、保険が効くかどうかの違いだけではありません。 使...

[ 漢方 ]

抗SRP抗体陽性筋症の漢方薬での症例

 抗SRP抗体陽性筋症とは? ご本人とお母さんの了解を得て、報告させていただきます。私の所は、さもない小さな...

[ 漢方 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ