南條雅士

なんじょうまさし

有限会社 川口漢方薬局

[ 静岡市清水区 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-08-21 

四季の食養生の話

今回は、漢方医学からみた四季の食養生について書いてみます。

春は、発散力を補う野菜を食べる


 春は、芽生えの季節です。あたたかくなるにつれて、冬の間体の中にこもっていた「陽気」が発散されます。しかし、まだ風は冷たく体の発散力も弱いので、発散力を補うものを食べることが重要です。例えばみつば、せりのような香草類、たけのこ、ほうれん草、ネギといった新鮮な野菜です。また、夏に向け、からだの脂肪を落とすために、脂っこいものや味の濃い物は避けて薄味の物を食べるように心がけましょう。



夏は、適度な水分を補い、体をさっぱりさせるものを食べる


 夏は、熱によって水分が消耗されるとともに、汗をかいて栄養も失われやすい季節です。水分を補って熱を冷やすとともに、いたわることが大切です。きゅうり、なす、トマト、すいかといった夏の野菜や果物は水分を補い熱を冷まします。また夏は食欲が無くなり冷たいものが欲しくなりますが胃腸は暖かい状態でないと働きが悪いですから、冷たいものの摂りすぎは良くありません。



食欲の秋は、バランス良く栄養を蓄える


 夏の間に疲れた胃腸をいたわりながら、体を潤すとともに、冬に備えて栄養のある物をバランス良く食べる事が大切です。秋は実りの季節で、米などの穀物、芋類、豆類、びわ、なし、ぎんなん、くりなどの木の実、さんま、いわし、さばなどの旬の魚といった食材を中心にしましょう。



冬は体を温めるものを食べる


 冬は寒さの季節です。体は縮こまり、血行が悪くなりがちです。体を温めるものを食べ、腎を補い寒さを防ぐことが大切です。冬には、にんじん、にら、ねぎ、かぶ、大根、ごぼう、れんこんなどの根菜類や、ぶり、えびなどの海の幸を鍋や煮込みにして、さらに唐辛子、こしょう、にんにくなど、体を暖めるものを調味料として使うと良いです。

この記事を書いたプロ

有限会社 川口漢方薬局 [ホームページ]

薬剤師 南條雅士

静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL:054-345-8991

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川口漢方薬局の南條雅士さん

厳選した漢方薬と深い知識で、悩みに寄り添う漢方アドバイザー。(1/3)

 静岡鉄道「県立美術館前駅」改札からすぐのところにある川口漢方薬局。南條雅士さんは薬剤師、そして漢方アドバイザーとして「体の不調や悩み、さまざまな症状を訴える方に、漢方薬の専門家として応えたい」と話します。「私たちは漢方薬をおもに扱ってい...

南條雅士プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

厳選した漢方薬で、一人ひとりの体質に合わせた健康づくりの提案

会社名 : 有限会社 川口漢方薬局
住所 : 静岡県静岡市清水区中之郷1丁目1-4-18 [地図]
TEL : 054-345-8991

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-345-8991

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

南條雅士(なんじょうまさし)

有限会社 川口漢方薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
いつもと違う2016年9月のカゼ

 いつもと違う今年の9月のカゼ 2016年9月は、いつもの9月とは異なったカゼの相談の多い月でした。普通の年の9...

[ 漢方 ]

弁証論治の話

聞き慣れない言葉だと思いますが、東洋医学で弁証論治(べんしょうろんち)という言葉があります。西洋医学と東...

漢方専門薬局と病院の漢方薬の違い

病院と違って漢方専門薬局では健康保険が効きません。でも、保険が効くかどうかの違いだけではありません。 使...

[ 漢方 ]

抗SRP抗体陽性筋症の漢方薬での症例

 抗SRP抗体陽性筋症とは? ご本人とお母さんの了解を得て、報告させていただきます。私の所は、さもない小さな...

[ 漢方 ]

「林修の今でしょ! 講座3時間スペシャル」をみて

「林修の今でしょ! 講座3時間スペシャル」をみて、漢方の専門家の立場として気になることがありました。 夏風...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ