コラム

 公開日: 2018-02-09 

起業には「歓喜の種」を見つけることが大切な訳

やりたいことで起業

こんにちは、やりがいスイッチナビゲーターの相曽 尚人です。


片岡鶴太郎さんのインタビュー記事を読んだときのこと。起業準備をサポートしている自分にとって、まさに直球を投げ込まれた感があった。


そのタイトルは「定年後に遊ぶのでは遅すぎる」。題名とは別に世代を超えて共感するもの、起業の在り方、そのものです。頷くことしきりでした。


何がそんなに響いたのかと言うと、それは「体験こそが共感を生む」ということです。


是非、あなたにも知ってもらいたい、と思い書いてみました。


体験したからこそ、そこに共感が生まれる


鶴太郎さんは、インタビューにこんなふうに応えています。
【毎朝、起きるのが楽しみでしょうがありません。そのときどきの境遇に安住することなく、新しいことにチャレンジしてきた結果、62歳になる今も「毎朝、起きるのが楽しみだ」と断言できる人生を歩むことができているのです】


不遇な時代もあったそうです。
それでもチャレンジし続けて今があると言っています。


続けて、このように話しています。
【新しいことにチャレンジすることはエネルギーがいりますし、時には悩んだり苦しんだりすることもあります。でも、その先には大いなるギフト(贈り物)が待っています。その贈り物とは「魂の歓喜」です】。


この「魂の歓喜」が大事なことです。私の元を訪ねてくれた方には、必ずお話しすることがあります。それは、起業とは「手段」であって「目的」ではありません。目的・ゴールは「ありたい未来」。大切なことは「夢中になれる生き方」を創ること、だと伝えています。「魂の歓喜」を引き起こす「種」こそ、起業の源泉です。



あなたの経験は可能性と言う宝物


そして鶴太郎さんは、このように続けています。
【誰もが心の中に、自分の魂を歓喜させるシード(種)を育んでいます。ただその存在に気づいていないだけ、あるいは気づこうとしていないだけです】


まさしく、多くの方は、今最善と自分に言い聞かせて過ごして行きます。


起業も同じことです。この「魂を歓喜させる種」を見つけることから始まります。その種を育て芽を出したものが「自分価値」になります。起業の方向性を決める大切なものです。私は、それを「経験の中にある宝物」だと書いてきました。あなたの「可能性」です。可能性を「自分価値」に変えて起業することで、魂が歓喜します。夢中になれる生き方です。


さらに鶴太郎さんは、こう言っています。
【調子がよくてイケイケのときほど、そういうものに目が行かないものです。がむしゃらに働く20代、30代を過ぎて、少し余裕が出てくる頃こそチャンスではないでしょうか。それはある意味、神様からのプレゼントだと思うのです。30代後半ですべてをなくした孤独感、無力感、焦燥感がなければ、気づかなかったでしょう】


私も、がむしゃらに走って事業部長までになりました。しかし、経営トップに意見したことで梯子を踏み外しました。でも自分と向き合うことで「他人評価に踊った会社人生」だった気付いたのです。そして、やりがいとは何だと探し続けて「自分で舵取る人生」を見つけました。この経験がなければ、今の働き方にたどり着くことはありませんでした。


起業は「生き方」を描き「働き方」をつくること


起業したい、でも自分に何が出来るのか? 何から始めればいいのだろうか? 資格も才能もないと不安な会社員の方は多く見られます。自分だけでは可能性に気付くことは、なかなか、できないものです。気付いていても確信が持てません。そう思いながらも毎日、時間ばかりが過ぎて行きます。


私は遠回りすることなく、夢中になれる生き方を創って欲しい、との想いで起業しました。起業には正しい手順を知らずに進むと、あらぬ方向に進んでしまいます。気が付くとまた、悩みを抱えてしまいます。それには3つの道筋です。多くの方はビジネスメイクから入ってしまいます。起業を軌道に乗せるためにはコンセプトメイクが最も大切なことです。


①コンセプトメイキング(自分の価値で土台をつくる)
②ビジネスメイキング(商品をつくり、売れる・集める仕組みをつくる)
③サクセスメイキング(あなた自身と価値を発信し続ける)


片岡鶴太郎さんのインタビュー記事を読み、私の働き方は間違っていないと確信しました。


最後に、鶴太郎さんは、こう言っています。
【自分の魂が歓喜するシード(種)は、自分の中に必ずあって、自分にしか気づくことはできません。もしも小さなシードの存在に気づいたら、水をやり、声をかけ、慈しんで育ててください。失敗してもめげず、周りの人が何と言おうと振り回されずに。最後に私の大好きな言葉を記します。汝の立つところ深く掘れ、そこに必ず泉あり】


改めて、著書『50代から本気で遊べば人生は愉しくなる』を読み直しています。


それでは


「楽しむ」を大切に



静岡、焼津、藤枝、島田、浜松、富士、三島の起業したいと想う方へ


起業セミナー

やりたいこと・好きなことで起業に踏み出す一歩はこちら

この記事を書いたプロ

起想塾 [ホームページ]

キャリアコンサルタント 相曽尚人

静岡県静岡市葵区七間町7-8 セブンセンタービル 2F コテラス七間町 [地図]
TEL:080-3624-4455

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
起想塾の相曽尚人さん

自分軸を確立して起業を目指す!起業家育成の専門家。(1/3)

 「やりがいスイッチナビゲーター」。名刺の肩書きにはそう書かれています。「起想塾」の相曽尚人さんは、起業を目指す人たちをゼロからサポートするプロ。起業というと、資格や知識が必要なのでは?と考える人は少なくありませんが、相曽さんのもとを訪れる...

相曽尚人プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

モヤモヤを解消!ゼロからのスタートで起業までを全面サポート。

会社名 : 起想塾
住所 : 静岡県静岡市葵区七間町7-8 セブンセンタービル 2F コテラス七間町 [地図]
TEL : 080-3624-4455

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-3624-4455

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

相曽尚人(あいそなおひと)

起想塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
30代は起業に向いている!「4つのお薦め理由」
イメージ

こんにちは、起想塾の相曽(アイソ)です。どんな理由があるにせよ、起業を目指すサラリーマンは増え続け...

[ 30代起業 ]

転職?それとも起業?「やりがい」を失くしたサラリーマンの選択肢とは
イメージ

こんにちは、起想塾の相曽(アイソ)です。あなたにとって「働く意味」とは、なんでしょうか。今の会社に「...

[ 起業のヒント ]

独立起業したい!でも「前に進めない会社員」が迷わず行動できるようになる方法
イメージ

こんにちは、起想塾の相曽(アイソ)です。今年こそは「独立起業したい」と初詣にでかけた会社員の方もい...

[ 起業の方法 ]

起業ネタに振り回されず商品づくりを考える3つの手順
イメージ

こんにちは、起想塾の相曽(アイソ)です。静岡を訪れる友人と食事をする時、決まって言われることがありま...

[ 起業準備 ]

起業を考え始める年齢は「40」代サラリーマンが多い理由
イメージ

こんにちは、起想塾の相曽尚人です。久しぶりに朝バスで仕事場まで来ると多くのサラリーマンの方とすれ違...

[ 起業準備 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ