コラム一覧

1件~15件(33件)

過去の15件

巨大樹脂サッシ

イメージ

富士宮市の新築住宅です。自然室温で暮らせることを目指す【びおハウス】です。ご覧の通り、角には大きな窓だらけ!この方角の景色と風、ぽかぽかの太陽を採り入れたいからです。こんな感じに開く、大きな引き込み戸も、樹脂サッシです。断熱性の高いトリプルガラスなので、... 続きを読む

自然室温で暮らせる家を目指して

2015-06-04

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察 最終回

イメージ

シリーズでコラムをご紹介して参りましたが、最終回として、沼津市のリノベーション現場の完成写真をご紹介させていただきます。中古住宅を購入し、リノベーションをしてから住む、という方の参考になれば幸いです。上の写真、工事前です。中古住宅を購入しての引っ越し前の工事だった... 続きを読む

リノベーション

2015-05-27

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察5

イメージ

考察4に引き続き、沼津市のリノベーション現場です。中古住宅を購入し、入居前に耐震&断熱工事を兼ねたリフォーム工事を行っています。前回の耐震工事に続き、今回は断熱工事。弊社社員大工の吉田が、屋根裏で断熱工事奮闘中です。汗だくです(笑)。既存の小屋裏収納庫... 続きを読む

リノベーション

2015-05-26

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察4

イメージ

考察3の続きです。今回は、「耐震」のお話です。弊社社員大工の丸山が、一階の床工事をしています。既存の床は、傷みはさほどではありませんでしたが、床下に潜って点検すると、断熱材が取れてしまっているところが多いのが分かりました(下写真)。(工事前の床下の様子)... 続きを読む

リノベーション

2015-05-25

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察3

イメージ

考察2に引き続き、中古住宅のポイントの続きです。これから、新築にしようか、中古を購入してリフォームか、悩んでいる方のご参考になれば幸いです。はじめにお断りしておきますが、どちらが正解というものではありません。どちらにもメリットとデメリットがありますし、物件によるバラツ... 続きを読む

リノベーション

2015-05-24

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察2

イメージ

考察1の続きです。地震に耐える、筋違の端部は、金物でしっかり固定されていますが、せっかく大工が筋違をしっかり施工しても、エアコンを設置する際に、肝心の筋違を切ってしまったんですね。これでは地震の時に役に立ちません。こちらは、金物が無い。釘だけで留ま... 続きを読む

リノベーション

2015-05-23

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察1

イメージ

現在平成27年。つまり築25年を超えていても平成に建てられた物件ですから、中古の性能もそこそこ。家を新しく建てるよりも少ない予算で、中古物件を購入してリフォーム・リノベーション、というのが一つの流行です。これは、国も空き屋対策も含めて中古流通に力を入れている事も大きいです。... 続きを読む

リノベーション

2015-05-22

太陽をシミュレーションして設計する

イメージ

家を建てる時、「断熱」って、とってもとっても大事だと思います。最近では、勉強熱心なお客さんは、Q値やC値をダイレクトにご質問される方も、けっこういらっしゃいます。最近は、1.4とか1.5くらいです。そうお答えはするものの…、数字も大事ですが、太陽をしっかりと設計に採り入れた... 続きを読む

自然室温で暮らせる家を目指して

2015-05-15

高性能サッシ春の陣 2

イメージ

現在の日本の断熱基準は平成11年に決められた「次世代基準」というのが基本。今年4月から新基準が出来ましたが、Q値がμ値へと、断熱性の表し方こそ変わりましたが、断熱性そのものは基本的に16年も前の基準がベースになっています。「次世代」の基準というと、なんだかとっても暖かそうですが... 続きを読む

本当のエコを考える

2015-05-01

高性能サッシ春の陣

イメージ

実は!断熱先進国ヨーロッパだけでなく、中国や韓国などアジアの中でも、日本のサッシの断熱性能は低い。この事実は、家づくりに携わっている者でも知らない人が多いです。島国日本らしい…。防火性能偽装で大ダメージを食らった日本のサッシ業界ですが、今までシャノンの独壇場だった樹脂サッシ... 続きを読む

本当のエコを考える

2014-05-23

次の時代の省エネ建築を考える

イメージ

前回、「厳寒の東北で断熱の勉強をしよう!」と題して3回シリーズでコラムを書きました。先日、再度東北(今回は福島・仙台)を訪ね、「これから会議」という建築ツアー&デジスカッションの場に参加してきました。これから…というのは、【東北の暮らしを快適で豊かなものにしたい】という熱い... 続きを読む

本当のエコを考える

2014-05-22

厳寒の東北で断熱を勉強しよう その3

イメージ

昨日の続きです。東北シリーズ最終回。サッシのガラスの表面温度で、驚きの結末を迎えることになります。まずは、参考までに、今朝のマクス。温暖な富士市ですが、今朝は冷えた。と言っても、測定時、外は4℃くらいかと。薪ストーブ炊き始めていますが、室温はまだ16℃。壁の表面温度は15℃... 続きを読む

本当のエコを考える

2014-03-12

厳寒の東北で断熱を勉強しよう その2

イメージ

昨日の続きです。東北シリーズ第2回。場所を岩手から秋田に移し、ここで私は度肝を抜かれることになります。お邪魔させていただいたのは、秋田県大仙市の「もるくす建築社」さん。右に移っているのが、佐藤社長です。写真が白トビしてしまっていますが、周りは雪・雪・雪。軒下には屋根か... 続きを読む

本当のエコを考える

2014-03-11

厳寒の東北で断熱を勉強しよう その1

イメージ

先日、温暖な静岡から、厳寒の東北、岩手~秋田、と出張して参りました。個人的に、非常に衝撃を受け、勉強になった出張でした。そこで東北出張での断熱のお話を三回に分けてご報告です。さて、写真中央のプロジェクターには、赤外線で温度を映し出す、サーモカメラの映像が映されています。... 続きを読む

本当のエコを考える

2014-03-10

調湿効果の高いマクスの珪藻土-2

イメージ

昨日の続きで、結果を考察してみようと思います。コップに熱湯を入れ、デジタル温湿度計と共に、三つの実験箱に入れます。三つの実験箱は左から、【A】床:化粧フローリング、三方の壁:プラスターボード下地ビニールクロス仕上げ【B】床:無垢の桜材に米ぬかワックス仕上げ、三方の壁:同上下... 続きを読む

自然室温で暮らせる家を目指して

2013-10-03

1件~15件(33件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
無垢の木や珪藻土など自然素材の家を提案する株式会社マクスの鈴木社長

地域に根ざした家づくり、自然環境を生かして快適に暮らそう(1/3)

 「本当のエコとは何か。」自然素材の家づくりをする一級建築士の鈴木克彦さんは、震災後そう自分に問うようになったと言います。被災地にある知り合いの工務店と話をしたり、実際に現地に行ってみたそう。そして、震災後間もなく富士宮で震度6強の地震。...

鈴木克彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

自然素材の家×省エネの家

会社名 : 株式会社 マクス
住所 : 静岡県富士市大渕3256-2 [地図]
TEL : 054-536-2882

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-536-2882

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木克彦(すずきかつひこ)

株式会社 マクス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
巨大樹脂サッシ
イメージ

富士宮市の新築住宅です。自然室温で暮らせることを目指す【びおハウス】です。ご覧の通り、角には大き...

[ 自然室温で暮らせる家を目指して ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察 最終回
イメージ

シリーズでコラムをご紹介して参りましたが、最終回として、沼津市のリノベーション現場の完成写真をご紹介させて...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察5
イメージ

考察4に引き続き、沼津市のリノベーション現場です。中古住宅を購入し、入居前に耐震&断熱工事を兼ねたリフォ...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察4
イメージ

考察3の続きです。今回は、「耐震」のお話です。弊社社員大工の丸山が、一階の床工事をしています。...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察3
イメージ

考察2に引き続き、中古住宅のポイントの続きです。これから、新築にしようか、中古を購入してリフォームか、悩...

[ リノベーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ