コラム

2015-06-04

巨大樹脂サッシ

富士宮市の新築住宅です。
自然室温で暮らせることを目指す【びおハウス】です。



ご覧の通り、角には大きな窓だらけ!
この方角の景色と風、ぽかぽかの太陽を採り入れたいからです。



こんな感じに開く、大きな引き込み戸も、樹脂サッシです。
断熱性の高いトリプルガラスなので、結露も心配ありません。

最初の写真をご覧いただくと、角には大きな窓だらけ!
「建物の角に壁じゃなくても、耐震性は大丈夫なの???」

そう思うかも知れませんが、許容応力度設計という構造計算をして、耐震性能は最高ランクの「耐震等級3」にしているので安心です。

でも、この大きなサッシを取り付けるのはとっても大変。



写真は二箇所のFIXガラス(開かない窓)です。
トリプルガラス、つまり、一箇所に付き、ガラスが三枚なので、ガラスとガラスの空間層も入れるとご覧の通りの「ぶ厚さ」です。

ご存じでしょうか?
コンクリートの比重は2300kg/m3、ガラスは2500kg/m3。
つまり、同じ体積ならガラスの方がコンクリートより重いのです。

ちなみに今回のトリプルガラスの重さは約100kg強!



この様に、職人・社員、みんなで力を合わせて頑張ります。

落としたら当然割れますが、怪我もめちゃめちゃ心配…。
私はタダの撮影係ですが、見ているだけで力が入ります。
私のこのときの心情に合わせたBGMに乗せて、取付風景を動画でどうぞ。



さて、これだけ苦労しましたので…



いかがですかこの開放感!

こちらのお宅では、2015年6月13・14(土日)に、予約制で構造見学会を開催させていただきます。
興味がある方は、是非この大きな窓と窓からの景色を、体験しに来て下さい。
ご予約はこちらから。

静岡でも高断熱住宅は大事です 株式会社マクス
よろしければ私のブログもご覧下さい → マクスの社長ブログ

この記事を書いたプロ

株式会社 マクス [ホームページ]

一級建築士 鈴木克彦

静岡県富士市大渕3256-2 [地図]
TEL:054-536-2882

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
無垢の木や珪藻土など自然素材の家を提案する株式会社マクスの鈴木社長

地域に根ざした家づくり、自然環境を生かして快適に暮らそう(1/3)

 「本当のエコとは何か。」自然素材の家づくりをする一級建築士の鈴木克彦さんは、震災後そう自分に問うようになったと言います。被災地にある知り合いの工務店と話をしたり、実際に現地に行ってみたそう。そして、震災後間もなく富士宮で震度6強の地震。...

鈴木克彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

自然素材の家×省エネの家

会社名 : 株式会社 マクス
住所 : 静岡県富士市大渕3256-2 [地図]
TEL : 054-536-2882

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-536-2882

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木克彦(すずきかつひこ)

株式会社 マクス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「中古住宅を購入してリフォーム」の考察 最終回
イメージ

シリーズでコラムをご紹介して参りましたが、最終回として、沼津市のリノベーション現場の完成写真をご紹介させて...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察5
イメージ

考察4に引き続き、沼津市のリノベーション現場です。中古住宅を購入し、入居前に耐震&断熱工事を兼ねたリフォ...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察4
イメージ

考察3の続きです。今回は、「耐震」のお話です。弊社社員大工の丸山が、一階の床工事をしています。...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察3
イメージ

考察2に引き続き、中古住宅のポイントの続きです。これから、新築にしようか、中古を購入してリフォームか、悩...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察2
イメージ

考察1の続きです。地震に耐える、筋違の端部は、金物でしっかり固定されていますが、せっかく大...

[ リノベーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ