コラム

 公開日: 2013-07-18  最終更新日: 2014-07-18

建築とエネルギーを考えよう 5

住宅とエネルギーについて、真面目に考えてみよう!シリーズの5回目です。

もし、家庭でのエネルギーを削減しようと思ったら、一番エネルギーを消費する、
家電・給湯・暖房の三つを複合的に考えないと大きな削減が難しい。
総合的に見直してゆかないと、抜本的な解決策にならない。

そこで、【給湯】と【家電】について考えてきました。
残るは【暖房】
そう、暖房は暮らし方ではなく、建築で何とか出来る部分。
だから、何とかしよう、というお話しになって行きます。


長期優良住宅の普及に伴い、次世代基準の断熱性能、つまり高断熱高気密住宅は、今や当たり前になりつつあります。

次世代基準、といいつつ、この基準が決まってもう10年ですから、次の基準が出るのは時間の問題?
と思われていましたが、Q値からU値に計算が替わっただけで、実質の断熱性能は据え置きとなりました。
が、現在の次世代基準は最低基準として義務化される日は遠くはないはずです。

長期優良住宅は書類主義・形式主義で、長期優良住宅イコール長持ちする良い家、と決して言い切れない部分、かえって首をかしげてしまう部分もあるのですが、補助金や税制優遇など、お客様のメリットを考えると、やはり無視出来ない制度です。

「静岡では、断熱なんてあまりやりすぎると子供がヤワに育つ…」
こんなのは、もう時代錯誤のオカルトです。

断熱性を高くすると、冷暖房の効率がグッと上がり、効きが早くなります。
つまり、スイッチオンで直ぐに暖かく、涼しくなるようになります。

ただし、住宅の蓄熱性能が上がるので、夏場のオーバーヒートの問題が出てきます。
これは、話が難しくなるので、また別の機会にご紹介いたします。


断熱性能を上げる→【高性能の断熱材を選択する】、【断熱材を厚く施工する】

この二つ(出来れば両方)によって、住宅の断熱性能は上がります。

断熱性能が高い=熱が逃げない

ですから、住宅を一つの箱と考えると、壁四面+屋根+床の六面からの熱の逃げをいかに少なくするかが重要です。
六面から逃げる熱を減らそうと断熱材を増して行くと、最終的にはどこから熱が一番逃げるか?

そう、窓から熱が逃げます。
最近の主流である、ペアガラスのアルミサッシは、室内側の枠を樹脂にして熱を伝えにくくしています。

窓の面積は、前述の六面体全体の1割程度ですが、住宅全体から逃げる熱量の三割以上が窓から逃げているのが計算をすると分かります。



ちなみに、上の写真は、住宅メーカー大手リクシルの断熱内窓ですが、住宅エコポイントで、既存サッシに内窓を付けるだけでポイントが貰える、というのは、それだけ窓の性能を上げると省エネに繋がる、ということを示しています。

では、イメージで語らず、具体的に、数字で、どれくらい?
続きます。


~あなただけの幸せな家づくり~ 【株式会社マクス】
  代表取締役 鈴木克彦  毎日更新【社長ブログ】

この記事を書いたプロ

株式会社 マクス [ホームページ]

一級建築士 鈴木克彦

静岡県富士市大渕3256-2 [地図]
TEL:054-536-2882

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
無垢の木や珪藻土など自然素材の家を提案する株式会社マクスの鈴木社長

地域に根ざした家づくり、自然環境を生かして快適に暮らそう(1/3)

 「本当のエコとは何か。」自然素材の家づくりをする一級建築士の鈴木克彦さんは、震災後そう自分に問うようになったと言います。被災地にある知り合いの工務店と話をしたり、実際に現地に行ってみたそう。そして、震災後間もなく富士宮で震度6強の地震。...

鈴木克彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

自然素材の家×省エネの家

会社名 : 株式会社 マクス
住所 : 静岡県富士市大渕3256-2 [地図]
TEL : 054-536-2882

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-536-2882

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木克彦(すずきかつひこ)

株式会社 マクス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
巨大樹脂サッシ
イメージ

富士宮市の新築住宅です。自然室温で暮らせることを目指す【びおハウス】です。ご覧の通り、角には大き...

[ 自然室温で暮らせる家を目指して ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察 最終回
イメージ

シリーズでコラムをご紹介して参りましたが、最終回として、沼津市のリノベーション現場の完成写真をご紹介させて...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察5
イメージ

考察4に引き続き、沼津市のリノベーション現場です。中古住宅を購入し、入居前に耐震&断熱工事を兼ねたリフォ...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察4
イメージ

考察3の続きです。今回は、「耐震」のお話です。弊社社員大工の丸山が、一階の床工事をしています。...

[ リノベーション ]

「中古住宅を購入してリフォーム」の考察3
イメージ

考察2に引き続き、中古住宅のポイントの続きです。これから、新築にしようか、中古を購入してリフォームか、悩...

[ リノベーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ