コラム

2016-09-14

生前にお墓を建てる、寿陵とは?その歴史とメリット3つ!


皆さん、お墓参りに行ったときに、墓地で赤色や朱色の文字でお名前が刻まれているお墓を目にしたことはありませんか?
実はそのお墓は寿陵といい、お施主さんが生前に建てられたお墓です。
生前に自分のお墓を用意するなんて縁起が悪いのではないか?
といった言葉をお聞きになったことがある方もいらっしゃるかもしれません。
しかしそれは迷信です!
寿陵は古く昔から縁起のいいものとされているんです!!
今回はそんな意外と知らない寿陵の歴史と、
知って得する寿陵でお墓を建てるメリット3つ!を皆様にご紹介させていただきます。

寿陵の歴史

寿陵はもともと中国ではじまったものですが、
日本でもその歴史は古く【日本書記】や【聖徳太子伝歴】の中で
今からおよそ1300年以上前に聖徳太子が生前に自らのお墓を作ったという記録が残っているほどです。
また寿陵の【陵】は“みささぎ” “はか”と読み、中国では古くから「皇帝の墓」という意味で使われてきました。
日本でも古くから天皇の墓を“御陵(ごりょう)”と呼んでいるなど、歴史と深い関わり合いがあることが分かります。

メリット①縁起が良い

寿陵は古来中国ではもちろん、日本でも昔から長生きができ、その家に果報を招き寄せる縁起が良いものとされています。具体的には「長寿」のほかにも「家内円満」や「子孫繁栄」をもたらすと言い伝えられています。
祝い事を表す“寿(ことぶき)”の漢字が使われていることからも縁起が良いとされている理由が分かりますね。



メリット②次の世代に負担がかからない
最近では縁起がいいという理由以外にも、子供に迷惑や負担をかけたくないという思いから、寿陵を選ばれる方も多くいらっしゃいます。
いざ、お墓が必要になった時には当然その費用も用意をしなければなりませんが、事前にお墓を準備しておくことで、
子供たちに負担がかかってしまうのではないかというような心配もなくなります。
また、お墓は相続の対象にはなりませんので、不動産所得税・固定資産税もかかりません。



メリット③じっくりと時間をかけて作れる
もし「誰か身内で亡くなり、急いでお墓を用意しなくては。。。」となった時でも、お墓が建つまでには墓地決めから始まり、理想のデザインを考え、
そして石材の加工や工事期間にいたるまで、たくさんのことを考慮し検討していく時間が必要になります。
しかし、早急にご遺骨を納めたいという焦りから、納得のいく時間をかけずにお墓を建てた場合、後から後悔してしまうということも考えられます。
また、生前にどんなお墓がいいと家族に伝えていても、必ずしもその通りに実現できるかも分かりません。
寿陵であれば、じっくりと時間をかけることができますので、立地からお墓建立まで、理想のお墓を建てることができるのです。

一年のうちで、いつがオススメなの?

日本は、世界でも四季があるめずらしい国です。四季折々には、春のお彼岸・秋のお彼岸・お盆などがあります。
また、宗旨宗派によって違いますが、故人の命日や四十九日。また一周忌・三回忌等々、ございますが、これと言ってお墓を建てる時期の決まりはありません。
『お墓を建てよう』と思い立った時、例えば『一周忌までに建てよう!』といった建てるまでの『期限の目安』として捉えるといいかもしれません。

まとめ

今回いくつか、寿陵のメリットをご紹介させていただきましたが、実際に寿陵を選ばれる理由は人それぞれです。
先日、寿陵でお墓を建てられたお客様が、「自分が亡くなっても子供たちに考えてもらえばいいと思っていたけど、生きている間に自分の入るお墓が見られるなんて素敵!」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。


別サイトでもブログ毎日更新中!!

この記事を書いたプロ

株式会社牧之原石材 [ホームページ]

葬儀 影山真里

静岡県牧之原市細江4309-2 [地図]
TEL:0120-148-677

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
メディア
イメージ

企業の成長を応援する経営情報誌「オーナーズアイ」の取材を受け、弊社社影山 晃が「最新彫刻技術を使ったレーザー彫刻」について語った。 創意工夫によって効率的な業...

アクセス
イメージ

【公共機関をご利用の方】藤枝駅→上新田南→徒歩1分【車でお越しの方】吉田インターか焼津インター降りて15分大井川スマートチェンジより5分

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
牧之原石材の影山真里さん

多様な供養の形にも対応。「ありがとう」が伝わるお墓を提案。(1/3)

 ここ数年で「終活」という言葉が広く使われるようになってきたものの、まだまだお墓や葬儀のことについては「聞きにくい」「どこに相談すればいいか分からない」と感じている人が多いのではないでしょうか。「家を建てるのと同じくらい大切なお墓のことを...

影山真里プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

実績4100件以上!お墓や供養のことなら何でもご相談下さい!

会社名 : 株式会社牧之原石材
住所 : 静岡県牧之原市細江4309-2 [地図]
TEL : 0120-148-677

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-148-677

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

影山真里(かげやままり)

株式会社牧之原石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

明るい公園のような霊園とイメージ以上のお墓に感激しました!

お墓をどうするか途方に暮れていた時でした。妹がよしだ霊園...

F・E
  • 女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
よく聞くけど寒明けって何?どんな意味があるの?
イメージ

テレビやラジオ、新聞などで「寒の入り」や「寒の明け」という言葉を聞いたり、目にしたりしたことがあると思い...

[ マキセキブログ ]

曹洞宗ってどんな宗派?何かほかの宗派と違うの?
イメージ

お寺の看板に「曹洞宗」とよく見ることがあると思います。地域によっても宗派の偏りはありますが、私たちの住...

[ マキセキブログ ]

どうしてお墓は『石』なの?神話に秘められた想いとは・・・
イメージ

ふと・・・考えてみると、なぜお墓は石なのでしょう?当たり前のように私を始め日本人は、「お墓といえば・・・石!...

[ マキセキブログ ]

お墓のプロだから語れる!先祖供養の本当の意味!
イメージ

こんにちは!本日は、皆様が日頃行われている『先祖供養』について少しだけ詳しくお話いたします。これを読め...

[ マキセキブログ ]

知ってますか?蓮華っていろんな意味を持つんです!
イメージ

皆さんは「蓮華」という花をご存知ですか?蓮華は「はすの花」とも言ったり、また種類によっては「スイレン」も...

[ マキセキブログ ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ