コラム

2016-09-28

どうしてお墓は『石』なの?神話に秘められた想いとは・・・


ふと・・・考えてみると、なぜお墓は石なのでしょう?
当たり前のように私を始め日本人は、「お墓といえば・・・石!」と思い浮かべる方も多いと思います。
少し前に、陶器製のお墓などが、新聞やテレビで話題になりましたが、あまり人気も無く
日本人はやっぱり「お墓は石で」という気持ちが強いようです。
日本人が『石』に対しての思いのルーツなども掘り下げてお話していきたいと思います。

日本人と石の文化

日本の文化財などを見ているといろいろなものがありますが、その中でも日本は「木の文化」が多いようです。
家、神社仏閣、お城などなど、海外と比べると、木造建造物が多い印象を受けます。海外ですと、石造のモニュメントやピラミッド、宮殿や都市建造物などがありますが、日本では石での建造物はあまり例を見ません。日本には、古代から石を「聖なるもの」とし、斎き祀った遺跡などが多く存在します。
・神の依り代という「磐座(いわくら)」・「石境(いわさか)」・「磯城(しき)」
・環状列石(かんじょうれっせき)縄文時代の古代人の墓
・道祖神(道などにある石碑)、石仏 など
神さまや、お祀りするものとして、石を対象としてきました。
その訳には、神々の誕生と深い関係が有るようです。

知っておきたい『追善供養』

人が亡くなると、次に生まれ変わるまでの四十九日間は、7日ごとにあの世の七人の王による裁判を受けて、次に生まれる世界が決まると言われています。七人の王たちは、様々な方法で生前の行いを突きつけて死者を厳しく責めますが、最後に必ず、遺族による『追善供養』が正しく行われているかどうかを調べるといいます。『追善供養』を行うことによって、あの世や六道のどこかに生まれ変わって苦しむ故人を救う事が出来るからです。人が亡くなって、四十九日、百ヶ日、一周忌、三回忌、十三回忌やお盆、お彼岸に行う供養が一般的に『追善供養』とよばれています。但し諸説がありますので、お世話になっているお寺さんにお尋ねください。また違った解釈を聞くことが出来るかもしれません。

日本の神々の誕生とお墓のルーツ


日本列島と神々の誕生の物語「神代(かみよ)【古事記】」より、日本列島は、天の神々が「イザナギの命(みこと)」という男の神様と「イザナミの命(みこと)」という女の神様に、「国生み」を命じて生まれたそうです。イザナミの命が亡くなった際、イザナギの命はイザナミに会いたくてあの世の「黄泉国(よもつくに)」へ 行ってしまいます。亡くなったイザナミの命に恥をかかす事となり、イザナミはイザナギを追います。イザナギの命は「黄泉比良坂(よもつらさか)」までくると、【千引石(ちびきいわ)】で出口を塞ぎました。この千引石こそが、墓石の始まりです。

千引石(墓石)の意味


千引石(ちびきいわ)=墓石に込められた意味とはどんなことなのでしょう?
①死者の国(黄泉の国)とこの世の出口を塞ぎ石
死者がこちら側に自由に出て来れない役割ということ。
または、安らかに眠っている死者を、この世の側からむやみに開けたり、邪魔してはならないということ。
②あの世とこの世の境界(石)
お墓の前というのは、死者の世界と向き合う場所になります。
日々の日常とは離れ、ご先祖様や家族と共に過ごす大切な時間となり、
生きているものと、亡くなったものとのが会話する中間(仲立)石ともなります。

まとめ

お墓の前に立つと、故人のことや、ご先祖様のことを思い手を合わせます。
お墓は、今を生きる私たちと、故人(死者)を挟んで会話をさせてくれる線引き石でもあります。
現在では、ただの石、決まった石の形ではなく、故人の事を思いを形にしたオリジナルの墓石や、生前に自分たちが生きた証として「石に記す(しるす)」ように、個性豊かな墓石が増えています。
日本人の心情には、神話と歴史の背景もあり、「お墓は石」と伝統が根付いているようです。
資料:(日本人とお墓シリーズ 小畠宏充 より引用)



別サイトでもブログ毎日更新中!!

この記事を書いたプロ

株式会社牧之原石材 [ホームページ]

葬儀 影山真里

静岡県牧之原市細江4309-2 [地図]
TEL:0120-148-677

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
メディア
イメージ

企業の成長を応援する経営情報誌「オーナーズアイ」の取材を受け、弊社社影山 晃が「最新彫刻技術を使ったレーザー彫刻」について語った。 創意工夫によって効率的な業...

アクセス
イメージ

【公共機関をご利用の方】藤枝駅→上新田南→徒歩1分【車でお越しの方】吉田インターか焼津インター降りて15分大井川スマートチェンジより5分

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
牧之原石材の影山真里さん

多様な供養の形にも対応。「ありがとう」が伝わるお墓を提案。(1/3)

 ここ数年で「終活」という言葉が広く使われるようになってきたものの、まだまだお墓や葬儀のことについては「聞きにくい」「どこに相談すればいいか分からない」と感じている人が多いのではないでしょうか。「家を建てるのと同じくらい大切なお墓のことを...

影山真里プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

実績4100件以上!お墓や供養のことなら何でもご相談下さい!

会社名 : 株式会社牧之原石材
住所 : 静岡県牧之原市細江4309-2 [地図]
TEL : 0120-148-677

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-148-677

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

影山真里(かげやままり)

株式会社牧之原石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

私のわがままを全て聞いていただき満足するお墓を建てることができました。

おかげさまで7月9日、お墓の開眼供養と納骨式を行い主人をふ...

I・Y
  • 女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
よく聞くけど寒明けって何?どんな意味があるの?
イメージ

テレビやラジオ、新聞などで「寒の入り」や「寒の明け」という言葉を聞いたり、目にしたりしたことがあると思い...

[ マキセキブログ ]

工程写真、それはお墓が出来るまでのプロセスだ!
イメージ

建物や製品を造る時に完成までの工程を文章と写真【絵】で説明する工程写真という物があります。皆さんも一度は...

[ マキセキブログ ]

曹洞宗ってどんな宗派?何かほかの宗派と違うの?
イメージ

お寺の看板に「曹洞宗」とよく見ることがあると思います。地域によっても宗派の偏りはありますが、私たちの住...

[ マキセキブログ ]

お墓のプロだから語れる!先祖供養の本当の意味!
イメージ

こんにちは!本日は、皆様が日頃行われている『先祖供養』について少しだけ詳しくお話いたします。これを読め...

[ マキセキブログ ]

知ってますか?蓮華っていろんな意味を持つんです!
イメージ

皆さんは「蓮華」という花をご存知ですか?蓮華は「はすの花」とも言ったり、また種類によっては「スイレン」も...

[ マキセキブログ ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ