コラム

 公開日: 2016-09-26 

少年犯罪の背後にはお墓参りを行う回数の減少が関連する事をご存知ですか?


こんにちは!皆さんは毎年お彼岸やお盆などのお墓参りをしていますか?またお墓参りの際、自分のお子さん、もしくはお孫さんを一緒に連れて行きお墓参りをしていますか?今日書かせて頂く事は、お墓参りと少年少女犯罪の関連性についてです。「そんな事関係があるわけがない!」と思われるかもしれませんが、この記事を最後まで読んで頂ければ、少なくとも、お墓参りと少年少女犯罪に関連性は無いとは言い切れなくなるはずです。

昨今、少年少女による様々な未成年者の犯罪、例えば学校内でのいじめから始まり、薬物や最悪、殺人まで様々な犯罪がテレビ等のメディアを通して報道されています。今日はそれらが起こってしまう理由の一つとして、お墓参りが関連するという事をご説明させていただきたいと思います。

少年少女犯罪の内わけ

それではまず最初に、皆さんもマスメディア等でご存知な事件ばかりかもしれませんが、昨今どのような犯罪が少年少女の手で引き起こされているのかをご紹介します。

2008年1月に発生した八戸母子殺害事件では当時19歳の少年が母、弟、妹の3人を殺害し、自宅に放火した事件が起こり、2004年6月1日には当時11歳の女子児童が同級生の女子児童の首をカッターナイフで切りつけ、殺害する事件や、もっとも最近では、2015年2月20日に発生した川崎市中1男子生徒殺害事件では、18歳の少年に殺害された事件はまだ皆さんの記憶に新しいかと思います。



お墓参りと少年少女犯罪の関連性

それではお墓参りと、少年少女犯罪がどのように関連しているかをご説明させていただきます。

まず一つの例として、日本全国で一番お墓参りを行う回数が多い地域がどの地域かご存知ですか?それは、九州です。その中でもお墓参りの回数が最も多いのが鹿児島県です。毎週、あるいは二週間に一回お墓参りを行う方も珍しくありません。鹿児島県の方が、お墓参りの回数全国一位という事は、生花やお線香の出荷率が全国一位という点からも明らかだと思います。それとは別の調査で、校内暴力(いじめ含む)が最も少ない都道府県はどこだと思いますか?なんとその都道府県も鹿児島県です。しっかりとした因果関係の調べは無いようですが、お墓参りの回数一位、校内暴力の少なさ一位、偶然ではないと思いませんか?

鹿児島県では、両親又は祖父母がお墓参りを頻繁に行い、その際に子供や孫を一緒に連れて行き、お墓をお掃除し、お供え物をし、お墓の前で一緒に手を合わせ、お墓の中の故人について、どんな人がお墓の中で眠っていて、人の為にどのような事をしてきたのか。お墓の作法を通じてどんな事をすると罰あたりな事になるのか、またそこから人道的な何かを学べるかと思います。一昔前まではごく一般的に行われていたこの行為が、鹿児島県では行われているという事です。親を敬い、お年寄りをいたわり、弱い者いじめをしない、命ある物をいつくしむ、これは日本人としてごく当たり前の精神であり、供養の心にもつながる精神だと思います。こういった物を私達は子供の頃誰からどのように教わったのか、自分自身の過去を振り返ってみるときっとわかるはずです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?今日はお墓参りと、少年少女犯罪の関連性についてご説明させていただきました。冒頭に説明させていただいたように、少年少女犯罪の件数自体はピークの時より、その数は減少しています、しかしまだまだ未成年の少年少女によって起こされる犯罪は決して少なくありません。今の世の中、そもそもお墓参りに行く事が少なかったり、仏壇が自宅やお寺との関わりもなかったり、故人を尊ぶ場と回数が減少しています。さらには子供のしつけは学校に任せている、という方も多いと思います。しかしその学校も、学級崩壊といったような言葉が象徴するように、しつけや、情報教育の場としては子供のしつけすべてを任せることはできません。さらに今は少子化の世の中で、年上の兄弟から教わる事も出来ず、一人でテレビやゲームに向う、数多くあるコンビニで漫画等を読む、それらから受ける情報源は刺激的な情報が多大に在ります。ゲームの中で、簡単に死を体験し、そしてゲームの中では簡単に生き返ったりという表現も、現実の死を知らず命の大切さも分からないまま子どもが育ってしまったら・・その環境の中で子供に正しい善悪の判断基準を見に付けろという方が難しいと思います。家庭、学校や地域等の連携も崩壊しはじめしっかりとした精神的支柱を失っているのが今の日本の現状では無いでしょうか?しっかりとした精神的支柱を取り戻すために、まずはお墓や、仏壇を拝む習慣を日常生活に取り入れ、心のよりどころを作り、精神に余裕を持たせ、生きている者には避けて通れない生老病死について良く考え、人としての道を全うに進める様に、もう一度、お墓参りを通じての故人を尊ぶ事を考えてみてはいかがでしょうか?最後に、手を合わせるという行為は=感謝することを学べる行為ですよね。手を合わせることで、自然と自分よりも目上の偉い方がいることを感じるとも言われています。すぐにでも、大切な心得として「手を合わせる」場面を大切なお子さんに、ぜひ実行してみてください。そしてお子さんに口だけで言う前に、私たち身近な大人が実行してみましょう!僕も結婚したら自分の子供と一緒に、お墓参りへ欠かさず行くようにしたいと思います。



別サイトでもブログ毎日更新中!!

この記事を書いたプロ

株式会社牧之原石材 [ホームページ]

葬儀 影山真里

静岡県牧之原市細江4309-2 [地図]
TEL:0120-148-677

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

27

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
メディア
イメージ

企業の成長を応援する経営情報誌「オーナーズアイ」の取材を受け、弊社社影山 晃が「最新彫刻技術を使ったレーザー彫刻」について語った。 創意工夫によって効率的な業...

アクセス
イメージ

【公共機関をご利用の方】藤枝駅→上新田南→徒歩1分【車でお越しの方】吉田インターか焼津インター降りて15分大井川スマートチェンジより5分

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
牧之原石材の影山真里さん

多様な供養の形にも対応。「ありがとう」が伝わるお墓を提案。(1/3)

 ここ数年で「終活」という言葉が広く使われるようになってきたものの、まだまだお墓や葬儀のことについては「聞きにくい」「どこに相談すればいいか分からない」と感じている人が多いのではないでしょうか。「家を建てるのと同じくらい大切なお墓のことを...

影山真里プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

実績4100件以上!お墓や供養のことなら何でもご相談下さい!

会社名 : 株式会社牧之原石材
住所 : 静岡県牧之原市細江4309-2 [地図]
TEL : 0120-148-677

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-148-677

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

影山真里(かげやままり)

株式会社牧之原石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

御社の施工に大変満足しております。

この度のお墓建立につきまして御社の施工に大変満足しており...

M様
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡県女性初?!「相続管理士」の資格を取りました!!
イメージ

暖かい日が続くと思えば、寒くなったりと体調管理が大変ですね。私は風邪を引いてから咳だけが治らず、腹筋が全く...

[ 相続 ]

希望に沿った費用と内容を提案してくれる葬儀社選びを
イメージ

 「希望に沿った費用と内容を提案してくれる葬儀社選びを」 こんにちは!今日は、日頃聞きにくい葬儀費用の事...

大切な墓地選び
イメージ

 市営墓地と寺院墓地どちらを選ぶ? 今回は「市営墓地と寺院墓地」のそれぞれの特徴をお話しします。 前回...

お墓の花瓶といえば花立!お花を手向ける大切な場所です
イメージ

こんにちは!本日は、お墓の花瓶とも言える花立についてお伝えします!ちなみに花立の文字彫刻というとみなさ...

[ マキセキブログ ]

よく聞くけど寒明けって何?どんな意味があるの?
イメージ

テレビやラジオ、新聞などで「寒の入り」や「寒の明け」という言葉を聞いたり、目にしたりしたことがあると思い...

[ マキセキブログ ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ