コラム

 公開日: 2015-04-29  最終更新日: 2015-05-13

養子縁組に関する相続税節税対策の注意点

当事務所に寄せられた相続に関する相談の一つをご紹介いたします。

その相談は、「養子縁組を考えているのですが、養子縁組すれば相続税が減ると聞きましたが、どのようなものですか?また、デメリットもあれば教えて下さい。」というものでした。

平成27年以降の相続税の基礎控除額は、3,000万+600万×相続人数で計算されますので、配偶者と子供2人の計3人が相続人であれば、(3,000万+600万×3人)で4,800万が基礎控除額となり4,800万までは相続税が課税されません。つまり全財産が5,500万あれば、5,500-4,800万で700万が課税対象額となるのです。

このケースで、養子縁組することで子供が1名増えれば基礎控除額が600万増加し、(3,000万+600万×4人)で5,400万が基礎控除額となります。これにより、計算される相続税の課税対象額は5,500万-5,400万で計算されますので、課税対象額は600万減少し100万となりますので、税額も減少するというのが養子縁組による節税対策です。

なお、税金計算等の詳細については、コラムの回を重ねていく中で相続税の仕組みについて説明する予定ですので、今回は説明を省きます。

今回のコラムで説明している養子縁組を理解する上で大切なのが、民法上と相続税法上の取り扱いの違いです。

民法上は養子縁組できる人数は何人でも構わないのですが、相続税法上は子供が居る方は養子縁組によって増える子供の数は1名まで、子供が居ない場合には2名まで認められています。つまり、規定された以上の養子縁組を行っても基礎控除額は増えない仕組みになっているのです。

そして、現在よく使われている養子縁組が、自分の孫との養子縁組です。

これを「孫養子」と言うのですが、孫と養子縁組すれば一世代飛ばした財産移転が出来るということでよく使われているのですが、相続税法上はこのような孫養子が取得した場合には孫養子は2割加算した税額を納付しなければならないことになっており、これがデメリットの1つです。

相続税を納付しなければならない方が孫と養子縁組した場合、課税対象額が600万減少しますが、相続税の最低税率10%で計算しても60万の節税効果がありますから、孫養子が納付すべき税額に対して2割加算した金額が60万以内であれば、節税目的は十分に果たせるはずです。

従って、このような税法上のデメリットはそれほど大きなものとは考えられません。やはり、民事上のデメリットの方が大きいでしょう。

もし、同居している内孫の長男だけを孫養子としたら、長男以外の内孫や、外孫、更には外孫の親達はどのような気持ちになるでしょうか?

そのような方の気持ちになって考えてみて下さい。

きっと、「どうして従姉妹の中で〇〇君だけおじいちゃんの相続人になっているの?」といった疑問が湧きおこってくるはずです。

また、「どうして兄貴の子供だけ優遇されるんだ。同じ孫なのにおかしいじゃないか。」といった兄弟・姉妹同士の争いに発展することがあるかもしれません。

子供達・孫達の気持ちを察するならば、内孫・外孫問わず孫全員を養子縁組してやればいいじゃないですか。若しくは、養子縁組などしない方がいいじゃないですか。

お金のことばかりに目を向けてしまうと、大事な人の心の動きを見落としてしまいます。

その相談者には、このような内容をお話させていただいたところ、その方は養子縁組をしない方が良いのではないかという気持ちになったようです。

当事務所では税理士事務所でありながら、節税しか見えていない方には、このようにこれから共に力を合わせていくべき親戚等の近親者の大切さを理解して頂くようにしています。

--------------------------------------------
   増田哲士税理士事務所
   〒439-0006 菊川市堀之内453-3
        TEL 0537-35-2772
  オフィシャルホームページ
  相続専門Facebookページ
--------------------------------------------

この記事を書いたプロ

増田哲士税理士事務所 [ホームページ]

税理士 増田哲士

静岡県菊川市堀之内453-3 [地図]
TEL:0537-35-2772

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
相続の広場

第二次大戦後に日本国憲法が改正されたのに伴い、民法が改正される以前には遺言という制度が法律上はありませんでしたが、前回説明したとおり日本に遺言という慣習が無...

 
このプロの紹介記事
増田哲士税理士事務所・増田哲士さん

経営に関する「お金の予防法」で企業存続を支える(1/3)

 先代の創業以来40年近く、静岡県菊川市を中心に中東遠地域の税務業務を手掛ける増田哲士税理士事務所。その代表を務める増田哲士さんは、税理士の使命として「企業経営の支援に必要なのは、節税対策よりも事業を永続的なものにするための対策です」とおっ...

増田哲士プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

次世代に思いを繋げる為の税金に捉われない多角的提案

会社名 : 増田哲士税理士事務所
住所 : 静岡県菊川市堀之内453-3 [地図]
TEL : 0537-35-2772

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0537-35-2772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田哲士(ますだてつし)

増田哲士税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
生前贈与(暦年贈与の仕組み)
イメージ

贈与税とは、暦年課税方式或いは相続時精算課税方式により、1月1日から12月31日までの1年間に財産を受け取った人...

[ 相続 贈与 ]

アパート経営による節税対策の注意点

ご自宅以外に土地を所有している方で、「アパート経営すれば相続税対策になりますよ!」という決まり文句で、ディ...

[ 相続 対策 ]

土地の評価はどうするの?

税務署から届いた「相続税の申告等についてのご案内」という文書が入った封筒の中の、「相続税の申告のためのチェ...

[ 相続 土地 ]

税務署から相続税の申告についての案内文書が届いた!?

「父親が亡くなって五か月ほど経った頃に、税務署から「相続税の申告等についてのご案内」という文書が入った封筒...

[ 相続税 ]

遺言書があれば争わない?

遺言書があれば、相続人同士が争うことは無いだろうと安直に考えていませんか?実は、ここに大きな落とし穴が...

[ 相続 遺言書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ