コラム

2015-08-04

遺言書があれば争わない?

遺言書があれば、相続人同士が争うことは無いだろうと安直に考えていませんか?

実は、ここに大きな落とし穴がありますので、注意して下さい。

あれだけ忠告しておいたのに

以前贈与税の申告を依頼された方から、相続のために遺言書を遺しておきたいということで相談がありましので、公正証書による遺言書を作成しておくようにアドバイスしました。

アドバイスした際に、相続人には遺留分という相続人としての権利がありますから、相続人1人に全財産を相続させる旨の遺言書を遺した場合には、財産を分けて貰えなかった相続人から訴えられる可能性もありますから、遺留分として4分の1以上(この案件では相続人は子供2人であったので、遺留分は1/2×1/2で1/4と計算できます)はもう1人の相続人に遺す旨の記載をするようにと、口頭で説明した上で書面にして渡してあったのです。

ところが、お亡くなりになった後で当事務所に必要書類として公正証書遺言書の謄本を持参してこられてのですが、何と「〇〇に全財産を相続させる」と書いてあったのです。

口頭だけでは忘れてしまうかもと考えて、書面にして文字を太くして強調させてお渡ししてあったのにと悔やんでも後の祭りです。

たとえ遺言書があっても、相続人全員で話し合いが出来るのであれば、遺言書とは違った分割をすることはできますが、一方の相続人は「全面戦争だ」と言って弁護士を通して裁判に訴える意思表示を早々としてきたということでした。

遺言書は被相続人の意思として書かれたものであっても、相続人の権利である遺留分までも侵害することはできません。

相続税申告は粛々と・・

間違いなく争いになる相続税の申告は、正直言ってやりたくはありませんが、正式な公正証書遺言書が存在していますので、遺言書のとおりに相続税申告は済ませるほかありません。

もし、遺産分割協議で分割しようとしても申告期限の10ヶ月以内に協議がまとまるような状況ではなかったのです。

従って、遺言書どおりに申告期限内に申告は済ませましたが、申告期限を待ってから本格的な争いが始まったようです。

争いの場には、税理士は立ち会えませんし立ち会いたくもありませんので、調停・審判・裁判と進めていったはずなのですが、その後どのようになったのかは全く判りません。

相続税調査でもあれば、再度お会いしてその後の顛末を聞けたのかもしれませんが、申告書には何の問題もなく税務調査を受けることもありませんでした。

おそらく、特別受益の持ち戻しという民法上の規定によって、訴えは棄却されたのでは?と個人的には考えているのですが、知ったからといってどうこうなる訳ではありません。

皆さんも、このような失敗事例を参考に「円満な相続」が出来るように準備しておいて下さい。
--------------------------------------------
   増田哲士税理士事務所
   〒439-0006 菊川市堀之内453-3
        TEL 0537-35-2772
  オフィシャルホームページ
  相続専門Facebookページ
--------------------------------------------

この記事を書いたプロ

増田哲士税理士事務所 [ホームページ]

税理士 増田哲士

静岡県菊川市堀之内453-3 [地図]
TEL:0537-35-2772

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
相続の広場

第二次大戦後に日本国憲法が改正されたのに伴い、民法が改正される以前には遺言という制度が法律上はありませんでしたが、前回説明したとおり日本に遺言という慣習が無...

 
このプロの紹介記事
増田哲士税理士事務所・増田哲士さん

経営に関する「お金の予防法」で企業存続を支える(1/3)

 先代の創業以来40年近く、静岡県菊川市を中心に中東遠地域の税務業務を手掛ける増田哲士税理士事務所。その代表を務める増田哲士さんは、税理士の使命として「企業経営の支援に必要なのは、節税対策よりも事業を永続的なものにするための対策です」とおっ...

増田哲士プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

次世代に思いを繋げる為の税金に捉われない多角的提案

会社名 : 増田哲士税理士事務所
住所 : 静岡県菊川市堀之内453-3 [地図]
TEL : 0537-35-2772

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0537-35-2772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田哲士(ますだてつし)

増田哲士税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
養子縁組に関する相続税節税対策の注意点

当事務所に寄せられた相続に関する相談の一つをご紹介いたします。その相談は、「養子縁組を考えているのです...

[ 相続 対策 ]

生前贈与(暦年贈与の仕組み)
イメージ

贈与税とは、暦年課税方式或いは相続時精算課税方式により、1月1日から12月31日までの1年間に財産を受け取った人...

[ 相続 贈与 ]

アパート経営による節税対策の注意点

ご自宅以外に土地を所有している方で、「アパート経営すれば相続税対策になりますよ!」という決まり文句で、ディ...

[ 相続 対策 ]

土地の評価はどうするの?

税務署から届いた「相続税の申告等についてのご案内」という文書が入った封筒の中の、「相続税の申告のためのチェ...

[ 相続 土地 ]

税務署から相続税の申告についての案内文書が届いた!?

「父親が亡くなって五か月ほど経った頃に、税務署から「相続税の申告等についてのご案内」という文書が入った封筒...

[ 相続税 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ