コラム一覧 :相続 贈与

1件~12件(12件)

贈与は契約です

ここまで、贈与について何回かに分けて説明したものの、肝心な民法の取扱いについて説明できていなかったので、贈与という法律行為について説明します。贈与と遺贈は、法律上有効とされるための要件において大きな違いがあります。(遺贈については、まだ説明出来ていない部分ではありますが... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-29

贈与と特別受益

生前に贈与をすれば、以前紹介した非課税扱いとなっている場合以外は、贈与税の課税対象となるのはご理解いただけたと思います。しかし、たとえ税法上で非課税扱いとなっている贈与でも、民法上では相続時には「特別受益」という扱いがなされますので覚えておいて下さい。 特別受益とは ... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-28

相続時精算課税制度に適した財産

相続時精算課税制度というのは、贈与を行った時の価額で相続税計算時の財産に取り込むというものです。従って、これから先の数年或いは数十年の間に価額が下がらない資産こそが相続時精算課税制度に適した財産であると云えます。しかし、資産の価値が将来増えるのか減ってしまうのかは現時... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-26

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度とは、平成15年の税制改正によって導入された制度で、導入されてから早や10年が経過しています。この制度は、親子間での生前贈与を円滑に進めることを目的に導入されました。財産の種類を問わず贈与額の非課税枠の上限は、最高2,500万円(住宅取得資金の贈与は3,500万円... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-25

生前贈与は相続税節税対策の王道です

これまで、何回かに分けて暦年贈与の特例について説明をしてきましたが、各説明の最後にはデメリットや注意ばかりを書き連ねていますが、決して贈与をしないほうが良いなどとは言うつもりはありません。相続税が課税される可能性があるのならば、暦年贈与を行い、更に贈与税の各種特例を使うこ... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-20

結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度

平成27年の税制改正によって、新たに盛り込まれた贈与の制度が、この「結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度」です。この制度も、暦年課税制度の体系の一つであり、税制上において優遇措置が取られているものです。 制度の概要 20歳以上50歳未満の者の結婚・子... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-19

教育資金の一括贈与の特例の持つ意味

暦年課税の贈与の中で、近年創設された教育資金の一括贈与の特例に関して、私自身は政府が何故この特例を創ったのか、その意図というものが判然としません。贈与税は、贈与者から受贈者に対して財産(現預金・土地・建物・株式等の財産)が渡されたことに対して課されるのですが、渡された資金... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-18

直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税措置

この制度も、暦年課税制度の体系の一つであり、税制上において優遇措置が取られているものです。平成25年から平成27年12月31日までの3年間の特別措置で、教育資金の一括贈与が認められています。一昨年から金融機関が躍起になって営業していましたので、ご存じの方も多いはずです。 制度... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-15

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税措置

この制度も、暦年課税制度の体系の一つであり、税制上において優遇措置が取られているものです。制度そのものは、内需を拡大するために平成24年に創設された制度で、当初は平成26年までの時限措置であったのですが、平成27年の税制改正でその適用期限が平成31年6月30日まで延長されました。... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-14

おしどり贈与(夫婦間で居住用不動産を贈与したときの配偶者控除制度)

長年連れ添った夫婦間で、居住用の不動産或いは居住用の不動産を取得するための金銭を贈与した場合には、暦年課税贈与の体系の一つとして税制上の優遇措置があります。この制度を「おしどり贈与」と呼ぶこともありますので、覚えておいて下さい。この特例は、婚姻期間が20年以上の夫婦の間... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-13

生前贈与(暦年贈与の仕組み)

イメージ

贈与税とは、暦年課税方式或いは相続時精算課税方式により、1月1日から12月31日までの1年間に財産を受け取った人が、翌年の2月16日から3月15日までの間に、お住まいの地域を所管している税務署に申告しなければいけないというものです。この贈与税には、暦年課税による贈与税と、相続時精算課... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-11

生前贈与による相続対策の注意点

相続税の節税対策として一般的なのが生前贈与による財産移転であり、当事務所でも他の節税対策を勧める前に、必ずお話させていただいております。財産所有者が、生前に財産を相続人達に贈与していくことで、相続税の対象となる課税財産が減少しますので相続税が節税されるわけですが、贈与の方... 続きを読む

相続 贈与

2015-05-08

1件~12件(12件)

RSS
セミナー・イベント
相続の広場

第二次大戦後に日本国憲法が改正されたのに伴い、民法が改正される以前には遺言という制度が法律上はありませんでしたが、前回説明したとおり日本に遺言という慣習が無...

 
このプロの紹介記事
増田哲士税理士事務所・増田哲士さん

経営に関する「お金の予防法」で企業存続を支える(1/3)

 先代の創業以来40年近く、静岡県菊川市を中心に中東遠地域の税務業務を手掛ける増田哲士税理士事務所。その代表を務める増田哲士さんは、税理士の使命として「企業経営の支援に必要なのは、節税対策よりも事業を永続的なものにするための対策です」とおっ...

増田哲士プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

次世代に思いを繋げる為の税金に捉われない多角的提案

会社名 : 増田哲士税理士事務所
住所 : 静岡県菊川市堀之内453-3 [地図]
TEL : 0537-35-2772

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0537-35-2772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田哲士(ますだてつし)

増田哲士税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
養子縁組に関する相続税節税対策の注意点

当事務所に寄せられた相続に関する相談の一つをご紹介いたします。その相談は、「養子縁組を考えているのです...

[ 相続 対策 ]

生前贈与(暦年贈与の仕組み)
イメージ

贈与税とは、暦年課税方式或いは相続時精算課税方式により、1月1日から12月31日までの1年間に財産を受け取った人...

[ 相続 贈与 ]

アパート経営による節税対策の注意点

ご自宅以外に土地を所有している方で、「アパート経営すれば相続税対策になりますよ!」という決まり文句で、ディ...

[ 相続 対策 ]

土地の評価はどうするの?

税務署から届いた「相続税の申告等についてのご案内」という文書が入った封筒の中の、「相続税の申告のためのチェ...

[ 相続 土地 ]

税務署から相続税の申告についての案内文書が届いた!?

「父親が亡くなって五か月ほど経った頃に、税務署から「相続税の申告等についてのご案内」という文書が入った封筒...

[ 相続税 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ