コラム一覧

1件~15件(32件)

過去の15件

漢方に学ぶ中庸という考え方

イメージ

 何事もやりすぎは良くないといいますが、これを上手く言い当てたものに「中庸」という言葉があります。やり過ぎではない、つまり「し過ぎない」「適当」といった意味合いを持ちます。適当とは、決していい加減ということではなく、いい塩梅ということです。西洋医学の考え方に当てはめ... 続きを読む

漢方の研究

2017-02-27

漢方の診断方法

イメージ

わたしたちが体の不調を感じたとき、漢方ではどのような診察を行って証を決めていくのでしょうか。その様子は、やはり西洋医学とは異なっているようです。例えば、冬場に流行するインフルエンザを西洋医学で診断するためには、鼻や喉の粘膜を採取して簡易キットにかけ、確定する方法が一般... 続きを読む

漢方の研究

2017-02-24

漢方医学の始まり

イメージ

漢方と聞くと中国を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。「漢」という字がその考えの一助を担っているのかもしれません。しかし、漢方とは古代中国で培われた医術が5世紀頃に日本へと伝わって、日本独自に発展したものなのです。対して、中国の国内で発展していった医術は中国医学や... 続きを読む

漢方の研究

2017-02-22

漢方と西洋医学の違いとは

イメージ

西洋医学は、現在の日本医療を支える骨幹をなしている医学です。いわば主流であり、これなしでは治療できない疾患も数多く存在します。しかし、西洋医学だけでは治せない疾病があることも事実であり、漢方はこの部分をカバーするのが非常に得意なのです。西洋医学の進め方は、データなどを元... 続きを読む

漢方の研究

2017-02-19

日本の伝統漢方薬

イメージ

今回は、日本における漢方の歴史にとって重要な転機を紹介します。今日の漢方医学の主流派ともなっている古方派は、江戸時代に始まりました。観念的な理論を排除して積み重ねられた経験を重んじ、古来より存在する傷寒論や金匱要略方論へ立ち返ることを目的としています。そのため、時に後世... 続きを読む

漢方の研究

2017-02-17

自律神経の整え方

イメージ

 皆さんこんにちは。今回は少し難しい話をします。飽きずに最後まで聞いてくださいね。季節の変わり目は、体調を崩す方が増える時期です。昔から「草木の芽吹き時」と言って、気持ちが落ち着かなくなります。健康な方はとても気持ちが良い時期なのですが。 病は気から、と言いまして、気は... 続きを読む

漢方の研究

2017-02-16

高血圧と漢方薬

49歳の男性。3年前より血圧が上がり始め、病院で薬を飲むように勧められたようですが、その前に漢方薬で何とかしたいとご相談に見えられました。最高血圧は高くて150前後、最低血圧のほうが高く、100を超えることもあるといいます。顔色浅黒く、神経質なほうで、夜何度か目が覚めるといいます。とき... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-09-19

下痢と漢方薬

34歳の女性。もともと腸は弱かったそうですが、ここ4~5年下痢に悩んでいるといいます。外出先や仕事中にもお腹がゴロゴロして便意を催し、水様性の下痢が出ることもあるといいます。今までに整腸剤や漢方薬も飲んでみたようですがあまり効果がなく、ご相談に見えられました。体質は、顔色青白く... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-09-04

手の平の湿疹と漢方薬

60歳の女性。毎年梅雨時になると、手の平に湿疹が出て悩まされているといいます。病院では、抗アレルギー薬の飲み薬とステロイドの入った軟膏を処方され、改善するようですが、できれば体質改善したいとご相談に見えられました。体質は、胃腸が弱く、疲れやすく、神経質ですぐに汗をかきます。... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-07-03

不眠症と漢方薬(38歳男性)

38歳の男性。もともと眠りが浅かったようですが、ここ1年くらい眠れないことに悩んでいるとご相談に見えられました。できれば病院の睡眠薬を飲みたくないとのことでした。体質は、神経質で落ち込みやすく、肩こり、手足の冷え、胃炎、口内炎があります。仕事中は緊張しやすく、手のひら足の裏に汗... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-06-06

原因不明の歯痛と漢方薬

65歳の女性。半年前より、左の奥歯に痛みを感じるようになり、歯医者で診てもらったが特に虫歯や歯槽膿漏はなく、噛み合わせを治してもらったようですが痛みは変わらなかったといいます。その後、病院で検査を受けたようですが特に異常がなく、三叉神経痛ではないかとテグレトールという薬も飲んで... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-05-06

長引く咳、胸の痛みと漢方薬

40歳の男性。1年前に風邪をひいてから、咳と胸の痛みが治らないといいます。病院でレントゲンを撮っても肺炎はなく、抗生物質や咳止めも飲んだようですが改善がみられないので、漢方のご相談に見えられました。体質は、痩せ型で神経質、汗っかきで、肩こりもあります。胃腸は弱く、胸から脇にかけ... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-04-23

三叉神経痛と漢方薬

61歳の男性。4~5年前より三叉神経痛を発症し、病院の薬を飲んでいたら痛みは治まっていたようですが、2か月前より痛みがひどくなったといいます。 体質は、少し肥満気味で汗っかき、口渇、むくみがあります。また、痛みは天気の悪い日にひどくなるといいます。 漢方では、このような体質を水毒... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-04-07

指関節のこわばりと漢方薬

68歳の女性。数年前より、右手の中指と薬指が曲がらなくなり、悩んでいるといいます。病院では、脳MRIや血液検査に問題がなく、後は手術するしかないといわれて、漢方で治せないかとご相談に見えられました。体質は、手足の冷え、神経質、不眠、肩こりがあります。また、不安感やイライラしやすい... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-03-27

メニエール病と漢方薬

61歳の女性。1年前位に耳鳴り、ぐるぐる回るめまいに襲われて、メニエール病と診断された。病院の治療で一時的には回復したものの、軽いめまいや耳鳴りは残っているといい、最近またひどい回転性のめまいに襲われたため、漢方薬で体質改善をしたいとご相談に見えられました。体質は、やや神経質で... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-03-18

1件~15件(32件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
漢方薬専門「むつごろう薬局」の鈴木寛彦さん

現代に生きる一人ひとりの暮らしと身体を、漢方薬でサポート。(1/3)

 静岡市の中心、駿府城公園の近くにある「むつごろう薬局」。明るい店内には、さまざまな種類の漢方がずらりと並び、ふんわりと心地よい香りに満ちています。「おみえになる方は、赤ちゃんやお子様連れの方から、お年を召した方まで幅広く、症状もアレルギ...

鈴木寛彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

漢方薬についての深い知識とカウンセリング力

会社名 : 有限会社むつごろう薬局
住所 : 静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL : 054-247-6006

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-247-6006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
漢方に学ぶ中庸という考え方
イメージ

 何事もやりすぎは良くないといいますが、これを上手く言い当てたものに「中庸」という言葉があります。やり...

[ 漢方の研究 ]

漢方の診断方法
イメージ

わたしたちが体の不調を感じたとき、漢方ではどのような診察を行って証を決めていくのでしょうか。その様子は...

[ 漢方の研究 ]

漢方医学の始まり
イメージ

漢方と聞くと中国を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。「漢」という字がその考えの一助を担っている...

[ 漢方の研究 ]

日本の伝統漢方薬
イメージ

今回は、日本における漢方の歴史にとって重要な転機を紹介します。今日の漢方医学の主流派ともなっている古方派...

[ 漢方の研究 ]

自律神経の整え方
イメージ

 皆さんこんにちは。今回は少し難しい話をします。飽きずに最後まで聞いてくださいね。季節の変わり目は、体...

[ 漢方の研究 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ