コラム一覧

1件~15件(113件)

過去の15件

漢方薬の原料「当帰の苗」が届きました。

イメージ

年の当帰の苗が奈良から届きました。小さいながら、とても良い当帰の香りがします。今年は大変不作で、サイズも小さく本数も少ない状態でが、しっかり育ってほしいと思います。当帰の成長は、また、HPでお知らせいたします。  続きを読む

漢方の研究

2018-04-16

無農薬栽培の当帰

イメージ

先週、むつごろう無農薬、有機肥料で作った当帰が入荷いたしました。当帰の良い香りが、薬局一面広がっています。当帰は、むつごろう薬局が女性のための漢方薬にこだわりはじめた2002年ごろから本格的な栽培を行っています。現在は、千葉の東邦大学の近くにて作っています。 日本薬局方試... 続きを読む

漢方の研究

2018-04-02

春の畑は「太陽」の時期・・・積極的な時期の始まり

イメージ

桜が満開になりました。桜の下には牡丹が咲き始めました。とても気持ちが良い季節です。明日3月31日からは、第62回静岡まつりが始まります。私が尊敬している俳優の寺島進さんも、大御所役で登場です。薬草園から 今年も漢方薬を煎じた滓を畑にまいています。栄養が良いのでしょう... 続きを読む

漢方薬入門

2018-03-30

花粉症と漢方薬 その3

イメージ

(写真は、牡丹の花と満開の駿府の桜)花粉症が漢方薬で改善された例 10年以上も花粉症に苦しんでいる35歳の女性。この時期はくしゃみ、鼻水だけでなく喉の痛みで辛くなる状態でした。平素虚弱体質で、疲れやすく、冷え性ですぐ横になりたがる痩せ型の体型。例年耳鼻科の内服と点鼻薬... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2018-03-28

花粉症と漢方薬 その2

イメージ

花粉症は水毒(すいどく)から起こる 漢方ではこのように考えます。水毒というのは、東洋医学特有な考え方で体の中に余分な水が溢れて、病気を起こす現象です。花粉症では特に鼻の粘膜の辺りに汚れた水が溜まり症状が出ると考えます。その汚水を「桂(けい)枝(し)と麻(ま)黄(おう)」という生... 続きを読む

漢方の研究

2018-03-16

花粉症と漢方薬

イメージ

皆様こんにちは。 今回は花粉症について書いてみますね。今や3人に1人が花粉症を患っていると言われています。気候のよいこの時期に花粉症さえなければ、どれほどに気持ちが良い事かと。受験生にとっては尚更です。  症状は、クシャミ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに始まり、咳に... 続きを読む

東洋医学の知恵袋

2018-03-07

掌蹠膿疱症・・・6年前から

イメージ

 54才の女性。中肉中背。手足両方から始まり、今では手のみ悪化。アルミニウムなの金属製のものにもアレルギー反応があり、歯医者にて詰め物を取るも治らず。皮膚科では紫外線療法を行っているが、良くなったり、悪くなったりを繰り返す。ストレスもあるとはいえ、人並み程度である。... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2018-02-26

精巣の腫瘍とリンパ 35歳男性

イメージ

漢方薬は、時として驚くほど体調を変化させることがあります。これからのお話は一部の方ですのですべてには当たりません。ただ、私たちが現場で仕事をしていく中で、上手くいった例がございましたのでご報告させていただきます。 放射線、抗がん剤治療をしている方。長165センチ、体重60... 続きを読む

漢方の研究

2018-02-21

3年目の妊活

イメージ

36才の女性。体が疲れやすく、精神的にも疲れてしまって気分の落ち込みが激しい方でした。そのほかは腰痛、肩こり、首の凝りがひどく、唇が渇きやすく、花時を出しやすい、息切れする、緊張すると腹痛になることがありました。手足が冷えて、生理痛がありました。小建中湯という漢方薬... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2018-02-19

妊活と漢方薬

イメージ

 36才女性。身長160㎝、体重43Kg。生理が昨年夏から来ていない。ホルモン剤を半年服用していたが薬を止めると来なくなる。気持ちは不安定で人によく気を使う性格。手足が冷えて便秘があり、耳鳴りも多い。お腹にガスがたまりやすく、げっぷも多い。掌は火照り、オリモノも多い。病院から温経湯の... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2018-02-02

 「アトピー・花粉症もスッキリ!アレルギーは腸から治す」

イメージ

本の紹介 「アトピー・花粉症もスッキリ!アレルギーは腸から治す」(林 隆博著) この本は、むつごろう薬局が大変お世話になっています西焼津クリニックの林隆博先生の著書です。先生は、1998年「乳児期に善玉菌を十分投与することでアレルギーの大半は発症を予防できる」ということを発... 続きを読む

本の紹介

2018-02-01

妊活と漢方薬

イメージ

                         (写真は牡丹の花 : 牡丹の根っこは漢方薬の成分となります。)肩の力が抜けてご妊娠した例35歳の女性。身長168㎝、体重53kg。妊活歴2年。この方は国際線客室乗務員で大変神経を使う仕事につかれていました。今までの人生をお伺... 続きを読む

漢方の研究

2018-01-19

希言は自然なり

イメージ

あけましておめでとうございます。 皆さま、今年のお正月はゆっくり過ごせましたでしょうか。お正月関係なく仕事のかたは、大変お疲れ様でした。また、スタッフ一同、例年より長くお休みを頂き心身ともにリフレッシュさせて頂きました。今年一年、より充実した漢方相談が出来るよう頑張っ... 続きを読む

東洋医学の知恵袋

2018-01-15

帯を緩める

イメージ

 最近、腱鞘炎やバネ指というお客様が多いので、今回はそのお話です。先日、テレビで親指の使い過ぎにより、手首が痛むという人が増えてきているということが取り上げられていました。●親指を広げる筋肉(長母指外転筋と短母指伸筋)は、スマートフォンを親指で操作すると、何回も腱と鞘がこす... 続きを読む

秘伝のツボ (東洋の知恵)

2017-12-07

伊勢の萬金飴(まんきんあめ)

イメージ

伊勢の萬金飴年に一度、大学の仲間で旅行に出かけます。今年は伊勢神宮に行ってまいりました。伊勢は、江戸時代から340年続く「伊勢の霊薬、万金丹」があります。全国的に有名な胃腸薬です。その16代当主とお話する機会を頂きました。とても親切に歴史から苦労話まで聞かせて頂きました。... 続きを読む

漢方商品のご紹介

2017-11-22

1件~15件(113件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
漢方薬専門「むつごろう薬局」の鈴木寛彦さん

現代に生きる一人ひとりの暮らしと身体を、漢方薬でサポート。(1/3)

 静岡市の中心、駿府城公園の近くにある「むつごろう薬局」。明るい店内には、さまざまな種類の漢方がずらりと並び、ふんわりと心地よい香りに満ちています。「おみえになる方は、赤ちゃんやお子様連れの方から、お年を召した方まで幅広く、症状もアレルギ...

鈴木寛彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

漢方薬についての深い知識とカウンセリング力

会社名 : 有限会社むつごろう薬局
住所 : 静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL : 054-247-6006

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-247-6006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
漢方薬の原料「当帰の苗」が届きました。
イメージ

年の当帰の苗が奈良から届きました。小さいながら、とても良い当帰の香りがします。今年は大変不作で、サイ...

[ 漢方の研究 ]

無農薬栽培の当帰
イメージ

先週、むつごろう無農薬、有機肥料で作った当帰が入荷いたしました。当帰の良い香りが、薬局一面広がっています...

[ 漢方の研究 ]

春の畑は「太陽」の時期・・・積極的な時期の始まり
イメージ

桜が満開になりました。桜の下には牡丹が咲き始めました。とても気持ちが良い季節です。明日3月31日から...

[ 漢方薬入門 ]

花粉症と漢方薬 その3
イメージ

(写真は、牡丹の花と満開の駿府の桜)花粉症が漢方薬で改善された例 10年以上も花粉症に苦しんでい...

[ 漢方薬で良くなった症例 ]

花粉症と漢方薬 その2
イメージ

花粉症は水毒(すいどく)から起こる 漢方ではこのように考えます。水毒というのは、東洋医学特有な考え方...

[ 漢方の研究 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ