コラム

 公開日: 2017-11-10 

インフルエンザ



 私たちは1年間に10回以上のかぜにかかると言われていますが、敵は何者でしょうか。ウィルスです。普通のかぜは、アデノウィルスやライノウィルス、パウインフルエンザウィルス、RSウィルスなどが原因菌です。
 インフルエンザウィルスに感染した時の症状は皆様が経験ずみのように、高い発熱、関節痛等の強い症状がでます。
 それではインフルエンザウィルスは何を栄養にしているのでしょうか。細菌はまわりにある養分を礎に分裂増殖していますが、ウィルスは人の細胞内の核物質をもとに、1個のウィルスが感染すると、24時間後には100万個になり臨床症状が出ると言われています。
 ではウィルスはどのように人に侵入するのでしょうか。空中に浮遊しているウィルス(地上から1.5mくらいの所が一番密度が高い)は粘膜にばい菌の力をかりながらひっつき、細胞内に入るのです。そして一度自分を分解し、人の核物質を利用して一度に多数の分身を作るのです。その後ウィルスは細胞脱出をする為に、酵素(ノイラミダーゼ)を発動し、細胞を壊して増殖するのです。壊れた細胞はバイ菌の栄養となっていきます。
また、ワクチンを作ることができるウィルスは卵などで培養することが必要条件となりますので、ワクチンを作れないウィルス(人の細胞内のみで増殖する)がほとんどです。感染によって得られる抗体は一過性で一年以内に消滅します。
まだ人には見つかっていないトリウィルスがもし鳥や豚を通し突然変異を起こし人に感染するようになったら人類の叡智は打ち勝つことができるのでしょうか。

この記事を書いたプロ

有限会社むつごろう薬局 [ホームページ]

薬剤師 鈴木寛彦

静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL:054-247-6006

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方薬専門「むつごろう薬局」の鈴木寛彦さん

現代に生きる一人ひとりの暮らしと身体を、漢方薬でサポート。(1/3)

 静岡市の中心、駿府城公園の近くにある「むつごろう薬局」。明るい店内には、さまざまな種類の漢方がずらりと並び、ふんわりと心地よい香りに満ちています。「おみえになる方は、赤ちゃんやお子様連れの方から、お年を召した方まで幅広く、症状もアレルギ...

鈴木寛彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

漢方薬についての深い知識とカウンセリング力

会社名 : 有限会社むつごろう薬局
住所 : 静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL : 054-247-6006

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-247-6006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
畑がとんでもないことに
イメージ

昨日畑に行ってまいりました。余りにも多くの当帰の花に感動を覚えました。当帰の花の周りにたく...

[ 畑の中の面々 ]

まずーい漢方 「呉茱萸(ごしゅゆ)」の働き
イメージ

今回は、『呉茱萸(ごしゅゆ)』という生薬を紹介します。呉茱萸はミカン科の落葉低木、ゴシュユ、ホンゴシュ...

[ 漢方の研究 ]

続 柴胡剤と婦人病
イメージ

薬草「柴胡」 学名はギリシャ語のBupleurum falcatum Linne。牛という意味のbousと、肋骨という意味のpl...

[ 漢方の研究 ]

月経前症候群(PMS)と不妊症
イメージ

Sさんは、お子さんを考えて2年になります。3年前の流産で精神的に大きなショックを受けてしまい、いつも鬱々...

[ 漢方薬で良くなった症例 ]

柴胡剤と婦人病
イメージ

皆さん、三島柴胡はご存じですか。漢方の世界では、高麗人参と同じくらい有名な薬草です。三島柴胡と言うだ...

[ 漢方の研究 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ