コラム

 公開日: 2014-10-22 

皮膚のかゆみと漢方薬(70歳の男性)

70歳の男性。数年前より皮膚に湿疹ようなものができてかゆくなり、病院の薬をぬったり服用したが治らず、漢方のご相談にみえられました。
体質は、65歳の時に脳梗塞をしていて、血圧は高く、不眠症、糖尿病もあります。湿疹は、足や太ももに多く、背中やわき腹、頭皮にも多くみられフケもたくさん出ています。患部は赤くなっていて、乾燥気味で、皮がぼろぼろむけるといいます。
漢方薬の黄連阿膠湯(煎じ薬)と紫雲膏(軟膏)を調合しました。飲みはじめて1か月後、かゆみは少し良くなりました。さらに1か月後、眠りがよくなり、かゆみも減ってきているといいます。そのまま継続していくと、かゆみは改善され、約1年で完治しました。
漢方薬は、かゆみを抑えるのではなく、かゆみの原因となっている“毒”を排出させることで体質改善します。この方の場合も、甘いものや肉類、お酒、たばこなどもされていたため、体に毒がたまっていったものと考えられます。

この記事を書いたプロ

有限会社むつごろう薬局 [ホームページ]

薬剤師 鈴木寛彦

静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL:054-247-6006

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方薬専門「むつごろう薬局」の鈴木寛彦さん

現代に生きる一人ひとりの暮らしと身体を、漢方薬でサポート。(1/3)

 静岡市の中心、駿府城公園の近くにある「むつごろう薬局」。明るい店内には、さまざまな種類の漢方がずらりと並び、ふんわりと心地よい香りに満ちています。「おみえになる方は、赤ちゃんやお子様連れの方から、お年を召した方まで幅広く、症状もアレルギ...

鈴木寛彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

漢方薬についての深い知識とカウンセリング力

会社名 : 有限会社むつごろう薬局
住所 : 静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL : 054-247-6006

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-247-6006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
空っぽ健康法 その2
イメージ

孤独を知ること 話は変わりますが、青山学院大学教授の榊原英資さんの著書の一部に興味深い内容を見つけ...

[ 東洋医学の知恵袋 ]

空っぽ健康法
イメージ

皆さんこんにちは。 気温が日に日に上昇していますね。薬草畑を覆っている雑草の根が密かに地下で勢力を伸ば...

[ 東洋医学の知恵袋 ]

二足のわらじ その3
イメージ

            (写真は、田畑隆一郎薬学博士)生き物は環境によって変化する 人は環境によ...

[ 東洋医学の知恵袋 ]

二足のわらじ その2
イメージ

(駿府薬草園 薬草 芍薬の蕾)生き物は環境によって変化する 人は...

[ 東洋医学の知恵袋 ]

二足のわらじ その1
イメージ

                       (高麗人参) 漢方薬の摩訶不思議 それは、高麗人参に...

[ 東洋医学の知恵袋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ