コラム

 公開日: 2014-11-01 

帯状疱疹後疼痛と漢方薬(61歳の女性)

 61歳の女性。親の看病の疲れのためか、1年前に帯状疱疹ができ、その後の痛みに悩まされているとご相談にみえられた。病院でブロック注射やリリカという薬を飲んでいたそうですが、効果はなかったといいます。体質は、冷え症、色白、やや肥満気味、神経質、不眠気味などがあります。
 漢方薬の抑肝散加陳皮半夏(煎じ薬)を調合。1か月後、痛みは気持ちいいのかなという感じでしたが、冷えと不眠が改善されたためさらに1か月同処方を調合。1か月後、痛みが少し軽減。その後も徐々に痛みがやわらぎ、約3年間の服用で完治しました。

この記事を書いたプロ

有限会社むつごろう薬局 [ホームページ]

薬剤師 鈴木寛彦

静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL:054-247-6006

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方薬専門「むつごろう薬局」の鈴木寛彦さん

現代に生きる一人ひとりの暮らしと身体を、漢方薬でサポート。(1/3)

 静岡市の中心、駿府城公園の近くにある「むつごろう薬局」。明るい店内には、さまざまな種類の漢方がずらりと並び、ふんわりと心地よい香りに満ちています。「おみえになる方は、赤ちゃんやお子様連れの方から、お年を召した方まで幅広く、症状もアレルギ...

鈴木寛彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

漢方薬についての深い知識とカウンセリング力

会社名 : 有限会社むつごろう薬局
住所 : 静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL : 054-247-6006

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-247-6006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中国における漢方の成り立ち
イメージ

                                  (写真は、静岡店前の薬草、牡丹の花)...

[ 漢方の研究 ]

気候の変化が病をもたらす六淫のお話
イメージ

(写真は、4月24日 むつごろう薬局 静岡店 の牡丹の花)病気になる原因は様々であり、そこには外的なきっ...

[ 漢方の研究 ]

絶妙なバランスをとる補と瀉の考え方
イメージ

漢方の世界では証が個々の体質や状態を見極める“ものさし”の役割を担い、これを元に治療や薬の処方が決めら...

[ イベント ]

中国医学には欠かせない三大古典のお話
イメージ

中国の医学を知る上で、どうしても外せない書物が存在します。それは三大古典と呼ばれている・「黄帝内...

[ 漢方の研究 ]

漢方薬における副作用とは?
イメージ

化学的に合成された西洋薬とは異なり、漢方薬では自然の状態で生育した植物や鉱物などを使いますので、副...

[ 漢方の研究 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ