>   >   >   >   >   >  漢方薬で良くなった症例

コラム一覧 :漢方薬で良くなった症例

1件~15件(22件)

過去の15件

漢方薬と民間薬にみられる違いとは

イメージ

漢方薬は自然に存在する草や木、鉱物などを材料として複数組み合わせてつくられますが、同じく身近に存在するものを原料として作られているものに民間薬があります。漢方薬と民間薬は同じだと考えられがちですが、この二つは全く異なるものです。そもそも、民間薬は単一の種類で構成される... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2017-03-30

高血圧と漢方薬

49歳の男性。3年前より血圧が上がり始め、病院で薬を飲むように勧められたようですが、その前に漢方薬で何とかしたいとご相談に見えられました。最高血圧は高くて150前後、最低血圧のほうが高く、100を超えることもあるといいます。顔色浅黒く、神経質なほうで、夜何度か目が覚めるといいます。とき... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-09-19

下痢と漢方薬

34歳の女性。もともと腸は弱かったそうですが、ここ4~5年下痢に悩んでいるといいます。外出先や仕事中にもお腹がゴロゴロして便意を催し、水様性の下痢が出ることもあるといいます。今までに整腸剤や漢方薬も飲んでみたようですがあまり効果がなく、ご相談に見えられました。体質は、顔色青白く... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-09-04

手の平の湿疹と漢方薬

60歳の女性。毎年梅雨時になると、手の平に湿疹が出て悩まされているといいます。病院では、抗アレルギー薬の飲み薬とステロイドの入った軟膏を処方され、改善するようですが、できれば体質改善したいとご相談に見えられました。体質は、胃腸が弱く、疲れやすく、神経質ですぐに汗をかきます。... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-07-03

不眠症と漢方薬(38歳男性)

38歳の男性。もともと眠りが浅かったようですが、ここ1年くらい眠れないことに悩んでいるとご相談に見えられました。できれば病院の睡眠薬を飲みたくないとのことでした。体質は、神経質で落ち込みやすく、肩こり、手足の冷え、胃炎、口内炎があります。仕事中は緊張しやすく、手のひら足の裏に汗... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-06-06

原因不明の歯痛と漢方薬

65歳の女性。半年前より、左の奥歯に痛みを感じるようになり、歯医者で診てもらったが特に虫歯や歯槽膿漏はなく、噛み合わせを治してもらったようですが痛みは変わらなかったといいます。その後、病院で検査を受けたようですが特に異常がなく、三叉神経痛ではないかとテグレトールという薬も飲んで... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-05-06

長引く咳、胸の痛みと漢方薬

40歳の男性。1年前に風邪をひいてから、咳と胸の痛みが治らないといいます。病院でレントゲンを撮っても肺炎はなく、抗生物質や咳止めも飲んだようですが改善がみられないので、漢方のご相談に見えられました。体質は、痩せ型で神経質、汗っかきで、肩こりもあります。胃腸は弱く、胸から脇にかけ... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-04-23

三叉神経痛と漢方薬

61歳の男性。4~5年前より三叉神経痛を発症し、病院の薬を飲んでいたら痛みは治まっていたようですが、2か月前より痛みがひどくなったといいます。 体質は、少し肥満気味で汗っかき、口渇、むくみがあります。また、痛みは天気の悪い日にひどくなるといいます。 漢方では、このような体質を水毒... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-04-07

指関節のこわばりと漢方薬

68歳の女性。数年前より、右手の中指と薬指が曲がらなくなり、悩んでいるといいます。病院では、脳MRIや血液検査に問題がなく、後は手術するしかないといわれて、漢方で治せないかとご相談に見えられました。体質は、手足の冷え、神経質、不眠、肩こりがあります。また、不安感やイライラしやすい... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-03-27

メニエール病と漢方薬

61歳の女性。1年前位に耳鳴り、ぐるぐる回るめまいに襲われて、メニエール病と診断された。病院の治療で一時的には回復したものの、軽いめまいや耳鳴りは残っているといい、最近またひどい回転性のめまいに襲われたため、漢方薬で体質改善をしたいとご相談に見えられました。体質は、やや神経質で... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-03-18

掌蹠膿疱症と漢方薬(51歳女性)

51歳の女性。2年前より手のひら、足の裏に膿胞ができ始めたといいます。病院で掌蹠膿疱症と診断され、ステロイド剤を付けていたようですが改善されず、漢方のご相談に見えられました。体質は、身長155㎝体重60㎏とやや太めで、喫煙歴がありますが、現在は止めています。患部は赤く、手足は暖かく... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-01-15

慢性中耳炎と漢方薬

30歳の男性。3年前より右の耳がふさがるようになり、病院で中耳炎と診断された。抗生物質を飲むとよくなるが、しばらくすると再発するといいます。また、副鼻腔炎もあり、鼻も詰まりやすいとのこと。体質は、神経質で良く悩み、手のひら足の裏によく汗をかきます。食事は大食で、お腹はよく張りま... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2015-01-07

不眠症と漢方薬(52歳の女性)

52歳の女性。もともと、眠れないこともあったようですが、50歳を過ぎたころより頻度が増してきたといいます。普段は、23時ごろ眠るようですが、一度眠れなくなると、3時ごろまで起きていることもあるといい、睡眠薬を飲みたくないので、漢方薬を試したいとご相談に見えられました。体質は、神経質... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2014-12-24

後鼻漏(蓄膿症)と漢方薬

40歳の男性。3年前に風邪をひいて以来蓄膿症になったといいます。症状は、鼻がつまった感じで、鼻水がのどにまわるといいます。抗生物質や漢方薬(粉薬)を服用したそうですが改善がみられず、ご相談にみえられました。体質は、肩こり、首のこりが強く、鼻の周りや頬を押すと痛むといいます。また... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2014-12-04

しもやけ、乾燥肌と漢方薬(28歳の女性)

28歳の女性。毎年秋から冬にかけて、足のしもやけと乾燥肌に悩んでいるといいます。体質は、赤ら顔、口唇乾燥、足の冷え、便秘、腰痛、があり、月経周期は40~50日周期で血の混じったおりものが出るといいます。月経痛、頭痛あり。チョコレートなど甘いものも好むといいます。漢方薬の温経湯(煎じ... 続きを読む

漢方薬で良くなった症例

2014-11-21

1件~15件(22件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
漢方薬専門「むつごろう薬局」の鈴木寛彦さん

現代に生きる一人ひとりの暮らしと身体を、漢方薬でサポート。(1/3)

 静岡市の中心、駿府城公園の近くにある「むつごろう薬局」。明るい店内には、さまざまな種類の漢方がずらりと並び、ふんわりと心地よい香りに満ちています。「おみえになる方は、赤ちゃんやお子様連れの方から、お年を召した方まで幅広く、症状もアレルギ...

鈴木寛彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

漢方薬についての深い知識とカウンセリング力

会社名 : 有限会社むつごろう薬局
住所 : 静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL : 054-247-6006

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-247-6006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「生命活動を引っ張る気―病気」
イメージ

元気、気力、気合い、気性・・気は身体活動の根元で、すごい働きがあり体中をめぐっていますが、形はありませ...

[ 漢方・健康の保ち方 ― 気・血・水の循環 ]

中年期以降の物忘れの改善に 
イメージ

遠志という薬草をご存知ですか。あまり聞かれない名前ですが、漢方薬では有名な生薬の一つです。日本名をイト...

[ 漢方の研究 ]

近くが見にくくないですか
イメージ

  お盆休みに倉敷にある大山名人記念館に行ってきました。最近、将棋がブームになっていますが、私はその少...

[ 東洋医学の知恵袋 ]

ゆっくり成長するから、本物が生まれる
イメージ

むつごろう薬草畑に行きました。 雑草に覆われた中、薬草の当帰(とうき)がたくましく成長していました。...

[ 東洋医学の知恵袋 ]

東洋医学とはなんでしょう
イメージ

東洋医学とは、主に東アジア圏を中心とした,伝統的医学のことを指しています.東洋医学は、中国医学(中国...

[ 東洋医学の謎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ