プロフィール

鈴木寛彦プロの一番の強み

漢方薬についての深い知識とカウンセリング力

漢方薬を専門に25年。深く幅広い専門知識で、不妊症を中心に各種女性疾患や、アレルギー、皮膚病、自律神経失調症など症状に丁寧に対応しています。大学の講義、NHKなどマスメディアで漢方薬を広めている。

北里大学薬学部卒業

1993年 むつごろう薬局 開局
1994年から日本漢方古方派第一人者、田畑隆一郎薬学博士に師事。無門塾、東亜医学協会、東洋医学会会員。同年から、麻布の松柏堂医院、中村篤彦先生に薬草栽培を学ぶ

その後、むつごろう薬草園、漢方製造工場など作る。

現在は、勉強会、大学講義、NHKを始めテレビ、ラジオ、専門雑誌などに、漢方の良さを広める活動をしている。

氏名 鈴木寛彦(すずきひろひこ)
会社名 有限会社むつごろう薬局
事業内容 薬剤師による健康相談、漢方相談
専門分野 漢方薬相談、調合、漢方薬研究、
特徴 ライフスタイルや食生活の変化により、さまざまな病や症状に悩まされる方に、漢方を通じてご相談に応じています。中国から伝わり、江戸時代頃日本で完成された「古方漢方」を行うとともに、食を整え、運動を続けることで、漢方における養生をお伝えしています。不調の原因を追究し、体を自然なバランスに整える「漢方」。
それぞれの症状や体質をお聞きした上で、一人ひとりに合った漢方薬を調合しますので、まず漢方の専門家である私たちにご気軽にご相談下さい。
職種 漢方薬相談、調合、研究
住所 〒420-0865
静岡県静岡市葵区東草深町22-1
電話 054-247-6006
営業時間 月~金 10:00~18:00(18時以降は予約制)
土 10:00~18:00
定休日 日曜・祝日(夏季、冬季休みあり)
ホームページ http://www.mutsugoro.co.jp
その他店舗 東京店(むつみ新聞)
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-8-17銀座理容会館ビル2F
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方薬専門「むつごろう薬局」の鈴木寛彦さん

現代に生きる一人ひとりの暮らしと身体を、漢方薬でサポート。(1/3)

 静岡市の中心、駿府城公園の近くにある「むつごろう薬局」。明るい店内には、さまざまな種類の漢方がずらりと並び、ふんわりと心地よい香りに満ちています。「おみえになる方は、赤ちゃんやお子様連れの方から、お年を召した方まで幅広く、症状もアレルギ...

鈴木寛彦プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

漢方薬についての深い知識とカウンセリング力

会社名 : 有限会社むつごろう薬局
住所 : 静岡県静岡市葵区東草深町22-1 [地図]
TEL : 054-247-6006

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-247-6006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
漢方の基本的な考え方
イメージ

                       (写真は、1年目の芍薬)漢方とは痛みや怪我など局所的な体の...

[ 畑の中の面々 ]

不調を感じながらも異常がみつからない病気お話
イメージ

最近、どことは言えないけれど何となく体調がすぐれない。頭痛がとれないので病院で検査してもらったけれど、...

[ 漢方の研究 ]

体調の良し悪しを左右する「気」
イメージ

                      (写真は、薬草「当帰」の花)以前、こちらで少しご紹介しまし...

[ 漢方の研究 ]

漢方薬の名前はどうやって付けられるの?
イメージ

                  (写真は、徳川家康公駿府城外苑の桜)漢方薬は西洋薬と違い、独特の名...

[ 漢方の研究 ]

古代中国における医食の役割とは
イメージ

生きるということは食べることであり、食なくして生きていくことはできません。そんな当たり前のことを最近は...

[ 漢方の研究 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ