コラム

 公開日: 2012-10-19  最終更新日: 2014-07-18

相続における生命保険の失敗例

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。
『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』の永井宏樹です。

朝のコーヒーがホットに変わり、朝晩もめっきり寒くなりましたね。
皆さんも風邪などを引かないようにお気をつけください。

さて3回に渡り『相続と生命保険』について書いてきましたが、
今回は最終回として『相続における生命保険の失敗例』を書きたいと思います。


相続における生命保険の失敗例

◇分割対策で生命保険を活用したケース
生命保険の失敗例1
補足事項
同居していた兄A・妻aは、献身的に父Xの介護をしており、生活の全てを支えていました。
そんな父Xも「兄Aに家屋敷だけは、相続させたい」と思い遺言を書きました。
弟Bは、滅多に実家に顔を出すわけでもなく独身で一人暮らし
父Xは、弟Bに遺産が無いのは可哀想だと思い、保険金の受取人としました。

問題点
弟Bが遺留分減殺請求をした場合には、遺留分として自宅の家屋敷3000万円の1/4である750万円が認められる可能性があります。
これは保険金が弟Bの固有の資産と見られ、
遺留分の計算は、自宅の家屋敷3000万円を基準に計算されるからです。

こうなると家屋敷を相続したい兄Aは、弟Bに750万円を渡さなければいかなくなります。

解決策
兄Aのように遺留分減殺請求をされる恐れがある場合には、
保険金の受取人を兄Aにしておき、遺留分を払えるよう準備しておいた方がいいでしょう!


◇納税対策として保険を活用するケース
生命保険の失敗例2
補足事項
今回の場合、相続税の対象となる遺産が総額2億円にものぼり、相続税の納税が心配である。
相続税を納めることができるよう妻Yを保険金の受取人として、生命保険に加入し遺言も作成した。

問題点
妻Yには、相続税の控除がありますが、
賃貸マンションを相続する兄Aには、高額の相続税が掛かってきます。
しかし、相続税を納めないといけない兄Aに現金(保険金)がない!

解決策
納税資金対策をする場合には、相続税が多く掛かりそうな人をしっかりとシュミレートして
納税資金が足りない人を重点に保険金が払われるよう保険に入りましょう!

※この場合に妻Yから兄Aに相続税分の保険金を渡してしまうと、贈与税を課税される恐れがあります。


【まとめ】
相続対策で保険に加入する場合には、しっかりとした試算が大切です。
適切でない保険の加入は、一層の混乱を招く恐れがあります。


【プロより一言】
今回のケースは対策をする中での失敗ですが、もっともっと基本的な部分での失敗も多いです。
・定期保険(60歳定期など)に入っていて肝心なときに保険金がもらえない。
・養老保険に入って満期保険金を受取る(本人の遺産が増加する)
リスク管理・資産形成・相続対策 で入る保険は違ってきます。

※当事務所では、保険商品を一切取り扱っておりません。

相続対策での保険の診断は、随時受付中です!

関連コラム
相続と生命保険 http://mbp-shizuoka.com/nagai/column/3510/ 
・・・ 相続における生命保険の基本
生命保険と特別受益(相続) http://mbp-shizuoka.com/nagai/column/3523/ 
・・・ 生命保険金が分割対象の遺産に組み込まれる場合とは
生命保険と税金(相続) http://mbp-shizuoka.com/nagai/column/3535/ 
・・・ 相続時、生命保険金には、どんな税金が掛かるの?


相続手続き・遺言作成・相続対策・セミナー講師の申込みは こちら (相談無料)

土日無料相談会も毎月開催中! お申込みは こちら から
問い合せバナー
『事務所の紹介』『お客様のこえ』は http://www.nagasoku.com/

「事務所の日々の奮闘blog」は http://www.nagasoku.com/blog/

『マイベストプロの取材記事』は http://mbp-shizuoka.com/nagai/

「いいね!」と思ったら「ツイート」「おすすめ」もお願いします。

この記事を書いたプロ

袋井相続FPサポート ながい事務所

行政書士 永井宏樹

静岡県袋井市山科3377番地の3 [地図]
TEL:0538-42-5079

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス&料金案内

 当事務所では、お客様が安心して業務を依頼して頂いけるよう、見積書を提示・納得頂いてから業務に着手しております。

事務所紹介と強み

『私たちは、すべての活動の原点をお客様の安心な生活とし お客様のニーズに答えられるよう誠実に業務を行います。』

 
このプロの紹介記事
袋井相続FPサポート ながい事務所 永井宏樹さん

相続について、真心と不動産・金融知識でトラブル回避(1/3)

 相続は、残す側も残される側も頭の痛い問題が多いという昨今、特に遺産の中でも扱いが難しいのが不動産のようです。 遺産のうち、不動産が占める割合は全国的には5割程度、静岡県ではそれ以上を占めると教えてくださったのは、相続・不動産アドバイザー...

永井宏樹プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

『安心・感謝の相続』へ、とことんサポートします!

会社名 : 袋井相続FPサポート ながい事務所
住所 : 静岡県袋井市山科3377番地の3 [地図]
TEL : 0538-42-5079

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0538-42-5079

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永井宏樹(ながいひろき)

袋井相続FPサポート ながい事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
求人募集はじめました。
イメージ

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。『家族の未来をつくる相続対策・遺言のプロ』の永井宏樹です...

[ 事務所の近況 ]

ホームページが新しくなりました。
イメージ

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』の永井宏樹です。2週...

[ あいさつ・お知らせ ]

ランクインしました!
マイベストプロランキング

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』の永井宏樹です。早いも...

[ あいさつ・お知らせ ]

コラム目次(遺言編)
イメージ

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』の永井宏樹です。遺言関...

[ コラム目次 ]

コラム目次(相続編)
イメージ

コラムの数も多くなってきたので、コラム目次を作成してみました。今後も分かりやすいコラムを心掛けて参りますの...

[ コラム目次 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ