コラム

 公開日: 2013-12-06  最終更新日: 2014-07-18

結婚20年で配偶者へ感謝の気持ち(おしどり贈与)

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。
『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』の永井宏樹です。

先月のマイベストプロの全国ランキングにて、20位にランクインすることができました。
約1年ぶりのランクインですが、毎週コツコツと更新してきたコラムが評価されたような気がしてとても嬉しいです。読者の皆様、ありがとうございました。

今後とも私なりの言葉で、情報発信して行きたいと思います。よろしくお願いします。

今回のコラムは、12月に入りお客様から出てくることも多くなる『生前贈与』で、
そのなかの『夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除』についてです。

難しい言葉で書きましたが、
「結婚20年で、2000万円贈与できる」と耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
『おしどり贈与』なんて言葉で表現されることもあります。

夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除とは

婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。(国税庁HPより)

簡単にいうと「結婚して20年以上の夫婦であれば、配偶者に居住用であれば2,110万円分まで贈与税が掛からず贈与できる」ということになります。

特例の適用要件・手続き・居住用財産の範囲に付きましては国税庁HPをご覧ください。

配偶者控除の注意点(デメリット)

1 不動産の名義変更(所有権移転登記)にかかる登録免許税が高い

不動産の名義変更には、登記申請と同時に登録免許税という税金を納めなければいけません。
その登録免許税が『相続』のときと『贈与』のときでは、税率が大きく違います。
現行の税率でいうと
相続による名義変更・・・・1,000分の4
贈与による名義変更・・・・1,000分の20 (5倍)

固定資産評価額が2,000万円の土地の場合
相続であれば8万円の登録免許税が、贈与の場合は、40万円と言うことになります。
その差32万円(結構大きいですよね) 現行の税率は こちら


2 不動産取得税が掛かる

相続時では掛からない不動産取得税が、この贈与の時には掛かってきます。
どんな不動産を贈与するかにもよりますが、数十万になることも・・・

自宅の土地だけを贈与した場合(現行)
2,000万円 ✕ (1/2)  ✕ 3% = 30万円 掛かることもあります。

静岡県の詳細は こちら から(財務事務所に行くと丁寧に教えてくれますよ)


3 小規模宅地の特例が受けられる土地の場合には、節税効果が薄れる

相続のとき、配偶者が居住用不動産を取得する場合には、
・小規模宅地の特例・・・・相続税評価額が80%減額(2,000万の土地を400万円で評価)
が適用されることが多いです。

配偶者控除を使って2,000万円分の贈与をしても、相続時400万円で評価されるのであれば、400万円分しか節税効果がありません。
※ 土地の面積・路線価等によって効果は変わってきます。

配偶者控除のまとめ

配偶者控除で大きな恩恵(節税)を受ける人は、そう多くないと言うのが実感です。

私個人の考える恩恵が大きな人は、
・遺産額が大きく相続税の税率が高い
・居住用不動産の面積が大きい等で、小規模宅地の特例の恩恵が少ない
・どうしても配偶者に名義を変更しておきたい    こんな感じでしょうか。

プロからの一言

「贈与税が掛からないからいいや!」と言うことで、安易に贈与することはおすすめできません。
しっかりと相続税のシミュレーションをし、効果を確かめたうえ実行することが大切です。

当事務所でも、税理士と協力のうえ「効果的な生前贈与」の提案を行っております。

また基準となる不動産の価格は、
登録免許税・不動産取得税は固定資産評価額を、贈与に関しては、相続税評価額(路線価・倍率方式)を使用しますので注意してください!  参考に『一物四価』のコラムを



正確な相続の知識の普及のため、セミナー講師・出張相談も受付けています! こちら

相続手続き・遺言作成・相続対策・セミナー講師の申込みは こちら (相談無料)

土日無料相談会も毎月開催中! お申込みは こちら から
問い合せバナー
『事務所の紹介』『お客様のこえ』は http://www.nagasoku.com/

「事務所の日々の奮闘blog」は http://www.nagasoku.com/blog/

『マイベストプロの取材記事』は http://mbp-shizuoka.com/nagai/

「いいね!」と思ったら「ツイート」「おすすめ」もお願いします。

この記事を書いたプロ

袋井相続FPサポート ながい事務所

行政書士 永井宏樹

静岡県袋井市山科3377番地の3 [地図]
TEL:0538-42-5079

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス&料金案内

 当事務所では、お客様が安心して業務を依頼して頂いけるよう、見積書を提示・納得頂いてから業務に着手しております。

事務所紹介と強み

『私たちは、すべての活動の原点をお客様の安心な生活とし お客様のニーズに答えられるよう誠実に業務を行います。』

 
このプロの紹介記事
袋井相続FPサポート ながい事務所 永井宏樹さん

相続について、真心と不動産・金融知識でトラブル回避(1/3)

 相続は、残す側も残される側も頭の痛い問題が多いという昨今、特に遺産の中でも扱いが難しいのが不動産のようです。 遺産のうち、不動産が占める割合は全国的には5割程度、静岡県ではそれ以上を占めると教えてくださったのは、相続・不動産アドバイザー...

永井宏樹プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

『安心・感謝の相続』へ、とことんサポートします!

会社名 : 袋井相続FPサポート ながい事務所
住所 : 静岡県袋井市山科3377番地の3 [地図]
TEL : 0538-42-5079

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0538-42-5079

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永井宏樹(ながいひろき)

袋井相続FPサポート ながい事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
求人募集はじめました。
イメージ

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。『家族の未来をつくる相続対策・遺言のプロ』の永井宏樹です...

[ 事務所の近況 ]

ホームページが新しくなりました。
イメージ

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』の永井宏樹です。2週...

[ あいさつ・お知らせ ]

ランクインしました!
マイベストプロランキング

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』の永井宏樹です。早いも...

[ あいさつ・お知らせ ]

コラム目次(遺言編)
イメージ

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』の永井宏樹です。遺言関...

[ コラム目次 ]

コラム目次(相続編)
イメージ

コラムの数も多くなってきたので、コラム目次を作成してみました。今後も分かりやすいコラムを心掛けて参りますの...

[ コラム目次 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ