コラム

 公開日: 2016-06-08  最終更新日: 2016-06-15

そのブラシがあなたの髪を傷つけている事にお気づきですか?

普段何気なく行っているブラッシングには、実はものスゴク多くのメリットが隠れている事をご存じでしょうか?

例えば、

◆髪をほぐれてサラサラになる

◆キューティクルが整い艶が出る

◆汚れやほこりを落とし、シャンプーの泡立ちが良くなる

◆寝ぐせを直せる

ブラッシング

意識しようが、無意識だろうが、ブラッシングにはこれだけのメリットがあるのです。
その反面、「雑」「力の入れすぎ」「ブラッシングのしすぎ」
このようなブラッシングを続けていると、こんなデメリットを発生させてしまう事はご存じでしょうか?

しかも3つも!
特に“クセ毛”のあなたは要注意です。


ブラシングの3つのデメリット


「雑」「力の入れすぎ」「ブラッシングのしすぎ」による、3つのデメリットがこちらです。

1、キューティクルを剥がし、髪を傷めてしまう

2、切れ毛を作ってしまう

3、シャンプーの量が増え、髪と頭皮の原因となってしまう

たかがブラシとはいえ、フケとかゆみのトラブルを起こすには十分な原因となる事だってあるのです。



ブラッシングがキューティクルを剥がす理由


髪の表面を覆うキューティクルは、摩擦にとても弱いという弱点があります。
そのためブラッシングの回数が増えれば増えるほど、キューティクルは剥がれ髪はダメージを受けてしまうのです。

ではキューティクルを失った髪はどうなってしまうのか!?

◆髪が細くなる

◆パサつく

◆枝毛が増える

◆艶がなくなる

◆ヘアカラーの色持ちが悪くなる

これがキューティクルを失った髪に起こる症状です。

ダメージ毛



ブラッシングで切れ毛を作ってしまう理由


ブラッシングをする際、クセ毛のあなたは直毛の方に比べ圧倒的に不利な状況にいるという事をご理解ください。
なぜなら髪は曲がっているほど絡まりやすく、ブラシは簡単に引っかかってしまうからです。

そこでブラシが引っかかったあなたに質問です。
ブラシが髪に引っかかってしまったら、どちらの行動を選択しますか?

A、さらに力を込めてブラッシングを続ける

B、一度ブラッシングを中止して、髪をほぐしてからもう一度ブラッシングを再開する

そうです!
あなたもお気付きの通り、髪にとっての正解は「B」です。

しかし、実際にやっているのは「A」という場合が少なからずあるはずです。
そして、この“力を込める”という選択が切れ毛を生んでしまいます。

髪はどんなに健康な状態でも、約150gの力を加えると切れてしまうのです・・・

ちなみに150gとはiPhone6s1台分の重さです。
大人なら誰でも簡単に出せるパワーですね。


ブラッシングでシャンプーの量が増える理由


あなたはお風呂に入る前、ブラッシングをしていますか?
もししていないのであれば、今日から“お風呂前ブラッシング”をオススメします!

なぜなら、お風呂前ブラッシングにはメリットが3つもあるからです。

1、髪に付着した汚れやほこりを落としてくれる

2、シャンプーの泡立ちが良くなる

3、シャンプーの量が少なくて済む

髪は汚れているほどシャンプーの泡立ちが悪くなります。
またシャンプーの泡立ちが悪ければ、泡立ちに納得するまでシャンプーの量を増やしてしまうのが人間の心理というものですね。

しかしシャンプーの量が増えた分だけ流しにくく、髪と頭皮に残留してしまいます。
シャンプーの残留はフケ、かゆみの原因になる事がありますので、注意しなくてはいけません。



これがブラッシングの正解!


ブラッシングで特に注意しなくてはならない事は3つです。

1、回数を減らす

2、力を込めすぎない

3、お風呂前に行う

どれも心がけ次第でクリアできると言ってしまえばそれまでですが、なかなか続けられない事は私も知っています。
「だって面倒ですもの!」

でもこの面倒のせいで続かなかった正しいブラッシングを、長続きさせれる方法は2つだけあります。



髪を傷めない正しいブラッシングを続ける2つの方法


1、美容室に通い、プロにお任せする

2、そもそも髪が絡まらないブラシを使う


1、の「プロにお任せする」は美容室に通う時間と労力はさておき、髪にとっては一番楽で負担の少ない方法です。
自分は寝ててもOKなのですから。

とはいえ、毎日毎日美容室へ通い、シャンプーやセットをしてもらうのはあまり現実的ではありませんね。
そこで、2、の「髪が絡まらないブラシを使う」

こちらの方が現実的で、しかも経済的な方法と言えます。



髪が絡まらないから長続きする


髪を傷めない正しいブラッシング方法の最大の敵は「面倒」です。
しかし髪が絡まらないブラシがあれば

ブラシが髪に引っかからない
↓ ↓ ↓
力を込めなくてもいい
↓ ↓ ↓
何度もブラッシングする必要がなくなる

大幅にブラッシングが楽になり、続けやすくなります!
これはクセ毛の方ほど、楽さを実感できるはずです。



追伸


ブラッシングはキューティクルを整え髪に艶を出したり、髪をほぐしてサラサラにしたり、シャンプーの量を節約できたりと
大きなメリットがある反面、
「雑」
「力の入れすぎ」
「ブラッシングのしすぎ」
これらは髪を傷めてしまうデメリットがあります。

ブラッシングは優しく、丁寧に
そして使うブラシは髪に引っかからないブラシを是非お選びください!



今回の記事はいかがでしたでしょうか?


シャンプー選びと毛髪診断のプロ コラムは、美しく健康な髪を愛する人のためのコラムです。

もし「参考になった!」、「いいね!」と感じましたら下のツイッター、フェイスブックで是非お友達にも紹介してください!
↓ ↓ ↓

この記事を書いたプロ

はせがわオフィス [ホームページ]

ビューティアドバイザー 長谷川誠

静岡県浜松市西区神原町783-3 [地図]
TEL:053-485-5140

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

アラフォーになり抜け毛もさる事ながら、髪自体が細くなっているんじゃないかと思いキューティクル診断を希望しました。実際自分の髪の状態を自分の肉眼で見るとス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
毛髪診断士 長谷川誠さん

毛髪診断士による健康な髪と頭皮のためのシャンプー選び(1/3)

 美容や健康への関心が高まっているなか、市販されているシャンプーについて、「これが自分に最適!」と確信を持って選んでいる方は実は少ないのではないでしょうか。CMやパッケージのデザインなど、醸し出されるイメージから製品を手にする機会は案外多い...

長谷川誠プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

ヘアケアの意識が絶対変わる!キューティクル診断で美髪サポート

会社名 : はせがわオフィス
住所 : 静岡県浜松市西区神原町783-3 [地図]
TEL : 053-485-5140

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-485-5140

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

一味違うスカルプシャンプに出会いました!

30代半ばも過ぎ、薄毛対策としてオススメのスカルプシャン...

K・T
  • 男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
あなたは一生懸命頭皮を洗えば、かゆみを解決できると思っていませんか?
イメージ

もし、あなたが頭皮のかゆみを感じたら?1、シャンプーのすすぎ時間を増やす2、シャンプーの量を増や...

[ シャンプーの教科書 ]

5億回再生されているピコ太郎の髪型の秘密
イメージ

ピコ太郎「PPAP」が、今年の新語流行語大賞にノミネートされましたね。ジャスティンビーバーにリツートさ...

[ 髪の毛の教科書 ]

【無料キューティクル診断】 M様の場合
イメージ

髪は切っても痛くないし血も出ません。でも、一度傷つくと病気やケガのように回復する事もないです。自然...

[ 無料キューティクル診断 ]

髪色を長持ちさせて、サラサラヘアを手に入れる方法
イメージ

あなたは、自分に一番似合う髪の色を知っていますか?何も手を加えていない、真っ黒な、日本人本来の髪色も...

[ シャンプーの教科書 ]

髪を早く伸ばす方法に対する毛髪診断士の告白
イメージ

「ハゲは遺伝するの?」、「クセ毛は治るの?」、「ノンシリコンシャンプーってどうなの?」毎日毎日、髪...

[ 髪の毛の教科書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ