>   >   >   >   >   >  髪の毛の教科書

コラム一覧 :髪の毛の教科書

1件~15件(45件)

過去の15件

まゆ毛の寿命〇〇日!意外と貴重な毛なんです

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、まゆ毛はある意味、髪の毛よりも大切にしないといけない毛かもしれません。なぜなら、まゆ毛は・髪の毛の100分の1の本数しか生えていない・髪の毛ほど長く伸びないそして何より、寿命が短いからです。というのも、... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-06-17

髪の毛よりもある意味大切な“毛”

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、当たり前ですが、身体には髪の毛以外にも「毛」が生えていますね。でも、生える部分によって毛の長さや、太さが全く違います。もちろん、毛によってそれぞれ役割が違うので、当たり前かもしれませんが実は僕には、昔から... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-06-16

日本人の7%しかいない「鳥居つむじ」あなたのつむじは?

イメージ

From:長谷川誠はまゆう図書館から、、、僕の血液型はAB型で、つむじが2つあります。こんな興味にないことを書いてしまってすいません(汗)何が言いたかったというと、日本人の中では少数派ということです。というのも、日本人の約40%はA型ですし約90... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-06-15

これは髪型は印象操作?30分で男にキレイと思わせる方法

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、先日、小学校の友達の結婚式にお呼ばれしてきました。小学校からの友達ということもあって、参加者もほとんど小学校の同級生。プチ同窓会のような感じとで、ちょっと飲みすぎてしまいました(汗)しばらくお酒は遠慮して... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-06-13

子供の髪はキシんでも大丈夫!?その正解はこちらです

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、ヘアカラーもしていない、パーマもしていないメチャメチャ自然で美しい髪をしているのに何故かシャンプーをするとキシんでしまう、子供の髪・・・これには、子供の髪ならではの理由があります。それは、子供の髪は... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-05-22

何故か髪が絶対にキシんでしまう人の共通点

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、ヘアカラーをした後。パーマをかけた後。スーパー銭湯でシャンプーをした後。あなたは髪がキシんでしまった経験はありませんか?髪がキシムと指通りが悪くなりますし、手触り感も最悪です・・・でも、もし、こん... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-05-21

もう1つ、髪の老化の原因があります

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、昨日お伝えしたように、髪は年齢の影響を結構受けます。なので、年を取るとこんな症状が現れ始めます。・髪が曲がる・細くなる・切れやすくなる・抜ける年齢はみんな平等に取るので仕方ありませんが、そのスピ... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-05-16

老化の方程式を知って、髪を若く保つ方法

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、髪は年齢の影響を結構受けます。例えば、年齢と共に・髪が曲がる・細くなる・切れやすくなるそして、抜ける・・・です。年齢はみんな平等に取るので仕方ありませんが、そのスピードは平等ではありません。... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-05-15

「老化」と聞いて、ピンと来ない人は見てはいけません

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、髪が薄くなる、細くなる。その結果、地肌が透けてしまう・・・この原因の1つには老化があります。人間は誰しも平等に年をとっていきますので、絶対に避けられない課題です。しかし、老化は平等でも、老化のスピードは平等... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-05-14

あなたの頭皮の色は何色ですか?

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、あなたは頭皮の“色”を気にしたことはありますか?実は頭皮の色は、みんな同じではありません。健康状態によって、違いがあるのです。例えば、もし、あなたの頭皮の色が「青白」だったとしたら・・・・・・... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-05-12

3分で分かる、髪を傷めないブラシの選び方

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、普段な、何気なく使っているブラシにも、良し悪しがあります。それは単純に値段が高い、安いとか使いやすい、使いにくいとか雑誌で紹介されていたとかそんな話ではありません。ブラシの良し悪しとは、どんな素材で... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-05-07

たったこれだけブラシの違いで、髪は傷んでしまいます

イメージ

From:長谷川誠自宅のリビングから、、、突然ですが、あなたどんなブラシを使っていますか?例えば、目が細かかったり、粗かったり幅が広かったり、狭かったりピンの長さが長かったり、短かったり100均で売っていたり、理美容室師が使うプロ用だったりそ... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-05-05

あなたは聖子ちゃんカットを知っていますか?

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクより、、、僕らの少年時代のアイドルと言えばおニャン子クラブ、小泉今日子、中山美穂、ウィンク、後藤久美子・・・といった感じでした。中でも僕は、スケバン刑事の影響から、南野陽子が好きだった覚えがあります。なので、その... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-04-28

ほんのちょっとの違いが、あなたの髪質を変える

イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクより、、、ヘアカラーもしていない。パーマもかけていない。だから当然髪は傷んでいないのに、パサパサしたり、指通りが悪くなってしまうことについて昨日、悪い報告をさせていただきましたね。悪い報告を簡単にまとめると... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-04-27

なぜ、髪が傷んでいないのにパサパサしてしまうのか?

イメージ

From:長谷川誠浜松城北図書館より、、、ヘアカラーもしていない。パーマもかけていない。だから当然髪は傷んでいないのに、パサパサしたり、指通りが悪いことがあります。これについては、良い報告と悪い報告があるのですがまずは悪い報告から・・・... 続きを読む

髪の毛の教科書

2017-04-26

1件~15件(45件)

過去の15件

RSS
お客様の声

アラフォーになり抜け毛もさる事ながら、髪自体が細くなっているんじゃないかと思いキューティクル診断を希望しました。実際自分の髪の状態を自分の肉眼で見るとス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
毛髪診断士 長谷川誠さん

毛髪診断士による健康な髪と頭皮のためのシャンプー選び(1/3)

 美容や健康への関心が高まっているなか、市販されているシャンプーについて、「これが自分に最適!」と確信を持って選んでいる方は実は少ないのではないでしょうか。CMやパッケージのデザインなど、醸し出されるイメージから製品を手にする機会は案外多い...

長谷川誠プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

ヘアケアの意識が絶対変わる!キューティクル診断で美髪サポート

会社名 : はせがわオフィス
住所 : 静岡県浜松市西区神原町783-3 [地図]
TEL : 053-485-5140

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-485-5140

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

無料キューティクル診断

アラフォーになり抜け毛もさる事ながら、髪自体が細くなって...

H・M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
これが、頭皮のかゆみに耐えていた僕の学生時代です。
イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、今日から始まった「6日間限定ロオナNCSシャンプー特別価格」...

[ 大人のシャンプー.comからのお知らせ ]

【6日間限定】あなた専用“特別価格”ページ公開!
イメージ

長谷川です。お待たせしました。本日6月24日(土)から6月29日(木)PM23:59までの6日間限定で...

[ 大人のシャンプー.comからのお知らせ ]

お肌の弱い人のシャンプー選び。まとめ!
イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、僕はお肌が弱く、シャンプー選びに時間とお金を使ってきまし...

[ シャンプーの教科書 ]

お肌に優しいシャンプーでは、汚れが落ちないですよね!?
イメージ

From:長谷川誠浜松城北図書館から、、、昨日まで、あなたに低刺激で安全性が高く、お肌の弱い人で...

[ シャンプーの教科書 ]

お肌の弱いあなたが知っておくべき、たった1つのキーワード
イメージ

From:長谷川誠浜松のデスクから、、、僕のように肌の弱い人は、シャンプーを使う時に気をつけな...

[ シャンプーの教科書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ