コラム

 公開日: 2012-01-28  最終更新日: 2014-07-18

季節を彩る十二単の「襲」の色々

お雛さまの、服装に唐衣装束があります。
十二単のことです。



□↑襲(かさね)の部分

女子の装束の一単の上に袿(うちぎ)を五枚重ねたものです。
上下の重なった色合いを襲(かさね)といいます。

店頭に並んでいるお雛さまは、前から見ると
なかなか目に入らないのですが、
後姿の美しい部分、裾(すそ)をご覧ください。

店内に並べられているお雛さまの
十二単の裾の「襲」を集めてみました。

■襲の色々左から①、②、③

意外とお雛さまを購入するときに「襲」まで
見ることがないのでは。
是非、素敵な色合いの組あわせをご覧ください。

■襲の色々、左から④、⑤,⑥

季節によって使用する色合いにきまりがあります。
同じ色でも季節によって違う名前で呼ばれています。

春の季節に写真④の「桜襲」
そして、写真⑥の「梅襲」などが代表的です。

また、写真③の「藤襲」
写真⑤の「鳥の子襲」も珍しい重ねです。

■襲の色々、左から⑦、⑧、⑨

「襲」の色あわせは、、日本の美を代表するものです。
季節の花々を「襲」にとり入れ、微妙に色彩を操っているのです。

桜、藤、柳、萩、杜若、梅、撫子、山吹、紫苑など
「襲」の名前につけられているのです。


節句人形アドバイザー プリンセスミネンコ
http://kitamuraningyou.co.jp//

この記事を書いたプロ

有限会社北村人形 [ホームページ]

伝統工芸 プリンセスミネンコ

静岡県焼津市上新田693-2 [地図]
TEL:054-622-0435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の笑顔 (1)

お子様が初めて迎えるお節句のお雛さま選びは、一生に一度だけの大切な行事。可愛いあかちゃんが健康に、また幸せになれますようにと願いをこめ、お雛さまを決め...

 
このプロの紹介記事
節句人形を中心に多彩な分野で活躍するプリンセスミネンコさん

アートの分野でも多彩な才能を発揮する、節句人形選びのプロ(1/3)

「私は、この人形の仕事がとても好きなの。初節句を迎える赤ちゃんのためにとびっきり可愛い人形を素敵にレイアウトしたり、パンフレットのデザイン、キャッチコピーなどを考え製作することが私に向いているんです」と話すプリンセスミネンコさん。節句人形ア...

プリンセスミネンコプロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

経済産業大臣認定伝統工芸士・雛人形結髪師・木目込みまり作家。

会社名 : 有限会社北村人形
住所 : 静岡県焼津市上新田693-2 [地図]
TEL : 054-622-0435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-622-0435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

プリンセスミネンコ(ぷりんせすみねんこ)

有限会社北村人形

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
春は「タンポポの庭」がお気に入り
イメージ

外の出るのが楽しくなるのがこの季節自宅前の桜の花がいよいよ満開大きな窓に入りきれないほどの桜...

[ プリンセスミネンコの「歳時記」 ]

特別展神秘への挑戦「人体」上野、国立科学博物館へ!②
イメージ

 見る人を魅了するアバンギャルドの画像がこれだ! 神秘的な「体内美術館」がすぐ目の前に!大きな画像に...

[ プリンセスミネンコの「歳時記」 ]

特別展神秘への挑戦「人体」上野、国立科学博物館へ!①
イメージ

 驚きの電子顕微鏡画像群、これが「体内美術館」だ! 午後3時、ようやく仕事を済ませ上野公園に向かうと桜...

[ プリンセスミネンコの「歳時記」 ]

最終回!NHKスペシャル「人体 」第7集3月25日
イメージ

NHKスペシャル「シリーズ 人体」 神秘の巨大ネットワーク とうとう最終回になってしまった!      ...

[ プリンセスミネンコの「歳時記」 ]

久能山東照宮、神楽殿の搬出日です。
イメージ

昨日の雨嵐が嘘のよう春うらら、日本平から駿河湾を望むその風景は、まるで桃源郷のよう重い木戸を開...

[ 展示会・イベント・メディア・会合 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ