コラム

 公開日: 2013-06-14  最終更新日: 2014-07-18

わが町、「大井川河口野鳥公園」って素敵!

たまには喧騒を忘れ、鳥たちを静かに眺めていたい。

道を挟んで、木の螺旋階段のある展望台に上がってみた。
真下には、町内の学生や住民たちの手によって描かれた
野鳥の壁画が海まで続いている。



昨日の写真なので、少し空は曇っていますが
穏やかな白い波が砂浜を押しては引いて、
静かな昼下がりを楽しんでいるようだった。



木の家は、バードウオッチングができるように
四角い窓枠が、数えてみたら15個もありました。
風の強い日などは、この野鳥園は多くの鳥たちの避難場所にも
なっているようだ。



小屋には、ここを訪れる野鳥を一覧表にした鳥図鑑が
壁に掛けられ、カモ・ウミネコ・ハマシギ・ヒバリ
コサギ・トビ・カワラヒラなど30種もの絵が描かれている。
静かに、静かに階段をあがり大きな四角い窓から
観察してみると、大小二つの池があった。
葦のような葉が見事に伸びて池を覆い囲うように守っている。



季節によって変わりますが、観察小屋から
水鳥を主体とした80余種の野鳥を観ることができるようです。
生憎、今は飛び立った時期らしくどこにも鳥の姿はなかった。



う、ううん、動いた、いた!
鴨の一種だろう、静かに寝ていたのを起こしてしまったようだ。
「ごめんなさいね」
鴨はすーと、葦の中に隠れてしまった。
こんな優しい場所があるなんて素敵ね。
たまには喧騒を忘れ、体を休めている鳥たちを
静かに眺めていたい。

大井川河口野鳥公園

プリンセスミネンコ
焼津  北村人形  
http://kitamuraningyou.co.jp//

この記事を書いたプロ

有限会社北村人形 [ホームページ]

伝統工芸 プリンセスミネンコ

静岡県焼津市上新田693-2 [地図]
TEL:054-622-0435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の笑顔 

本年も素敵な笑顔のお客様をご紹介させていただきます。「初節句おめでとうございます。」お子様が初めて迎えるお節句のお雛さま選びは、一生に一度だけの大切な...

あかちゃんの可愛い笑顔
イメージ

◆「可愛い笑顔の彩ちゃん」わあ~可愛い!最高の笑顔をみせてくださいました!お雛様が決まった瞬間、彩ちゃんの可愛い笑顔が生まれました。みんなでお雛様...

 
このプロの紹介記事
節句人形を中心に多彩な分野で活躍するプリンセスミネンコさん

アートの分野でも多彩な才能を発揮する、節句人形選びのプロ(1/3)

「私は、この人形の仕事がとても好きなの。初節句を迎える赤ちゃんのためにとびっきり可愛い人形を素敵にレイアウトしたり、パンフレットのデザイン、キャッチコピーなどを考え製作することが私に向いているんです」と話すプリンセスミネンコさん。節句人形ア...

プリンセスミネンコプロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

経済産業大臣認定伝統工芸士・雛人形結髪師・木目込みまり作家。

会社名 : 有限会社北村人形
住所 : 静岡県焼津市上新田693-2 [地図]
TEL : 054-622-0435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-622-0435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

プリンセスミネンコ(ぷりんせすみねんこ)

有限会社北村人形

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
小春日和のなか、東近江市にお届けです。
イメージ

昨日の雨が嘘のように晴れ車に3時間揺られ、着いたのは滋賀県東近江市滋賀の草津市へ出張になったので...

[ 店内歳時記 ]

手描き彩色の実演、諒さんお疲れ様でした!
イメージ

手描き彩色の実演二日間、お疲れさまでした。高橋さん、諒さんの若い二人がいることで店内はいっそう明るく...

[ 展示会・イベント・メディア・会合 ]

ただ今、諒さんの総手描き彩色の実演最中です、是非、ご来店くださいませ!
イメージ

ただ今、朝一番のお客さまいつもご購入くださいましてありがとうございます。思いがけなく、実演をみることが...

[ 展示会・イベント・メディア・会合 ]

伝統の技法を現代に受け継ぐ「むさしや豊山」の羽子板
イメージ

幸福を祈る気持ちが込められた羽子板には、いろんな意味があります。あかちゃんが誕生して初めて迎えるお正月...

[ 店内歳時記 ]

「弓で魔を破る・・・」破魔弓を飾る意義
イメージ

この地域では、あまり破魔弓を飾る習慣が盛んではないのですが、東京にお送りするお客様が、本日お買い上げく...

[ 店内歳時記 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ