コラム

 公開日: 2013-07-29  最終更新日: 2014-07-18

花木目込みまりは「日本の伝統色、和色」で。

素敵なすてきな日本の伝統色「和色」で・・・
デザイナーズブランド
プリンセスミネンコの「花木目込みまり」


↑「古代紫」の花木目込みまり

いくつもの時代をくぐりぬけてきた着物
その着物の染・織・柄に魅せられ
大切に集めた私の宝物「古布」を花木目込みまりに。
初節句を迎えるぼくちゃんに作りました
五月の空に似合う「古代紫」の花木目込みまり。


↑「桃花色」の花木目込みまり

私のアトリエで、今日は朝から一日創作していました。
あ~ん、まだやりたりない感じ。
どうしてこんなに楽しいのでしょうか、無限に広がる
素敵な作品に心が躍る。
初節句を迎える、女の子のための花木目込みまりは
野に咲く花のようにやさしい「桃花色」よ。



この「若緑」「若竹」色は、男の子にどうかしら
でも、草木が萌える素敵な「若緑」は女の子にも素敵!



桃色、浅黄色、紅梅色と木目込んだ吉野桜。
箪笥に集めた古布の、色ごと並べた引き出しを開けながら
脳裏に浮かんだ花々の色彩を想像しながら
今夜も更けていく・・・。


プリンセスミネンコ
焼津  北村人形  
http://kitamuraningyou.co.jp//

この記事を書いたプロ

有限会社北村人形 [ホームページ]

伝統工芸 プリンセスミネンコ

静岡県焼津市上新田693-2 [地図]
TEL:054-622-0435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の笑顔 (1)

本年も素敵な笑顔のお客様をご紹介させていただきます。「初節句おめでとうございます。」お子様が初めて迎えるお節句のお雛さま選びは、一生に一度だけの大切な...

お客様の笑顔(2)

本年も素敵な笑顔のお客様をご紹介させていただきます。「初節句おめでとうございます。」お子様が初めて迎えるお節句のお雛さま選びは、一生に一度だけの大切な...

 
このプロの紹介記事
節句人形を中心に多彩な分野で活躍するプリンセスミネンコさん

アートの分野でも多彩な才能を発揮する、節句人形選びのプロ(1/3)

「私は、この人形の仕事がとても好きなの。初節句を迎える赤ちゃんのためにとびっきり可愛い人形を素敵にレイアウトしたり、パンフレットのデザイン、キャッチコピーなどを考え製作することが私に向いているんです」と話すプリンセスミネンコさん。節句人形ア...

プリンセスミネンコプロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

経済産業大臣認定伝統工芸士・雛人形結髪師・木目込みまり作家。

会社名 : 有限会社北村人形
住所 : 静岡県焼津市上新田693-2 [地図]
TEL : 054-622-0435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-622-0435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

プリンセスミネンコ(ぷりんせすみねんこ)

有限会社北村人形

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
たーちゃん日記「夢だったのか・・・花の帽子」
イメージ

「あ~春爛漫花に囲まれているぼくたちは幸せだな~」そんな金太くんたちの会話を聞いたからさ~大変...

[ たーちゃん日記 ]

金太くんと熊ちゃんと椿の花の帽子と乙女心。
イメージ

ほんとうかな・・・ポトリ、う、うん熊ちゃんの頭上に素敵な椿の帽子が、さ。「あっ、いいな、いいな...

[ プリンセスミネンコの「歳時記」 ]

懐かしいコラム:光成くん「ホッパーに乗って、タイムスリップ!」 ②
イメージ

ママ: 光成く~ん、早く早く光成くん: おばさん、どうしたのママ:ホッパーを用意したから秀吉...

[ 店内歳時記 ]

懐かしいコラム:秀吉くん「鉄馬に乗って、タイムスリップ!」 ①
イメージ

ママ: まあ、愛車の黄金バイクを乗り捨てるの?秀吉くん:ママ、わんぱく鉄馬に乗り換え、ちょっく...

[ 店内歳時記 ]

たまには、ゆっくりしないと・・・
イメージ

あまりの寒さに、襟のファーの下に手を入れ、寒さをしのいだ・・・だなんて信じられないような昨日だった。...

[ プリンセスミネンコの「歳時記」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ