コラム

 公開日: 2013-12-25  最終更新日: 2014-07-18

いよいよ明日、久能山東照宮へ搬入です。

久能山東照宮「御殿飾りと懐かしいお雛さま展」


びっくりしたでしょ、この狆ころ
実は、明治時代の毛植え屋「並河人形店」の
わんちゃんです。まるで
本物のよう、いや剥製かなと
思えるほどの精巧さにびっくりです。



今年で9回目になる恒例の
久能山東照宮、神楽殿お雛様展。
今日は朝から準備に大忙しです。



9年前はつるし雛が神楽殿のなかに
それはそれは見事に飾られ
全国から訪れるお客様に楽しんで
いただきました。



今年も、静岡で作られた珍しい御殿飾り
数点、そして私がコレクションしました
江戸時代から明治、大正、昭和初期のそれは
懐かしい見目麗しいお雛様を
お飾りいたします。



そのほか、時代ものの貝合わせや
お細工物の珍しい小箱など、など・・・
なんといっても、この狆35cmの大物です。
絹のスガ糸で黒白の毛を表現
目はガラス製。



およだれ掛けも、時代を物語っている
縮緬と絞り、鈴がいくつもついて
徳川家のお犬様ではなかろうかと・・・

明日は、家康公の鎮座する本殿前の
神楽殿で狆ちゃんが皆さまをお待ちしております。
是非、お出かけくださいね。

◆春の訪れを告げる
「御殿飾りと懐かしいお雛さま展」
12月27日~H26 3月4日まで

日本平からロープウエーで5分
時間  9:00~16:00  期間中無休

◆土・日・祭日は、神楽殿のなかで
 お抹茶もいただくことができます。(有料)

プリンセスミネンコ 焼津 (有)北村人形  
http://kitamuraningyou.co.jp//

この記事を書いたプロ

有限会社北村人形 [ホームページ]

伝統工芸 プリンセスミネンコ

静岡県焼津市上新田693-2 [地図]
TEL:054-622-0435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の笑顔 

本年も素敵な笑顔のお客様をご紹介させていただきます。「初節句おめでとうございます。」お子様が初めて迎えるお節句のお雛さま選びは、一生に一度だけの大切な...

あかちゃんの可愛い笑顔
イメージ

◆「可愛い笑顔の彩ちゃん」わあ~可愛い!最高の笑顔をみせてくださいました!お雛様が決まった瞬間、彩ちゃんの可愛い笑顔が生まれました。みんなでお雛様...

 
このプロの紹介記事
節句人形を中心に多彩な分野で活躍するプリンセスミネンコさん

アートの分野でも多彩な才能を発揮する、節句人形選びのプロ(1/3)

「私は、この人形の仕事がとても好きなの。初節句を迎える赤ちゃんのためにとびっきり可愛い人形を素敵にレイアウトしたり、パンフレットのデザイン、キャッチコピーなどを考え製作することが私に向いているんです」と話すプリンセスミネンコさん。節句人形ア...

プリンセスミネンコプロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

経済産業大臣認定伝統工芸士・雛人形結髪師・木目込みまり作家。

会社名 : 有限会社北村人形
住所 : 静岡県焼津市上新田693-2 [地図]
TEL : 054-622-0435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-622-0435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

プリンセスミネンコ(ぷりんせすみねんこ)

有限会社北村人形

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
小春日和のなか、東近江市にお届けです。
イメージ

昨日の雨が嘘のように晴れ車に3時間揺られ、着いたのは滋賀県東近江市滋賀の草津市へ出張になったので...

[ 店内歳時記 ]

手描き彩色の実演、諒さんお疲れ様でした!
イメージ

手描き彩色の実演二日間、お疲れさまでした。高橋さん、諒さんの若い二人がいることで店内はいっそう明るく...

[ 展示会・イベント・メディア・会合 ]

ただ今、諒さんの総手描き彩色の実演最中です、是非、ご来店くださいませ!
イメージ

ただ今、朝一番のお客さまいつもご購入くださいましてありがとうございます。思いがけなく、実演をみることが...

[ 展示会・イベント・メディア・会合 ]

伝統の技法を現代に受け継ぐ「むさしや豊山」の羽子板
イメージ

幸福を祈る気持ちが込められた羽子板には、いろんな意味があります。あかちゃんが誕生して初めて迎えるお正月...

[ 店内歳時記 ]

「弓で魔を破る・・・」破魔弓を飾る意義
イメージ

この地域では、あまり破魔弓を飾る習慣が盛んではないのですが、東京にお送りするお客様が、本日お買い上げく...

[ 店内歳時記 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ