コラム

 公開日: 2014-08-10  最終更新日: 2014-08-12

2階LDKの家

2階にLDKを配置する、いわゆる逆転プランの家を要望される方も増えましたね。
日当たりが良くない、風通しが悪い、プライバシーが確保しにくい など、
1階では快適な生活が望めない場合の工夫として検討されます。

手軽に土(地面)と親しめる暮らしは一戸建ての魅力のひとつ。
キッチンから庭で遊ぶ子供達を見るお母さん。
縁側で夕涼みをしながらビールを飲むお父さん。
庭とのつながりを楽しむ子供達。 キッチンから外への動線も便利。
これらは、やはり主な生活が1階にあればこそです。

2階LDKの間取りを考えるとき、こうした LDKを2階に配することにより
失われがちな暮らしをよく理解し、それらを最小限に抑えることが大切です。

2階LDKのプラン

2階LDKの魅力はなんといっても日照や通風を確保しやすいという点でしょう。
北側の部屋でもトップライトやハイサイドライトを設けることが可能ですね。上は屋根ですから。

上への広がり

2階なら天井を高くとれるため、上への広がりも楽しめます。

ヨコへの広がり

構造的に壁が少なくてよいので、横への広がりも楽しめます。

勝手口階段

中根新田の家では愛犬との暮らしも考え、地面(外)への動線のため、
勝手口階段を設けました。とても使い勝手のよい階段になっています。


家の前を流れる川。
その川の土手に植えられているサクラを 上からの視線で眺める・・・。
中根新田の家が 2階LDKを選択した理由のひとつです。

サクラ

LDKは1階? 2階? メリット・デメリットはそれぞれあります。
しかし、デメリットの解消策はたくさんあります。
どのような理由でLDKを1階にするか、2階にするか。
それが明確になっていれば問題ないと思います。
家族の生活スタイルをよく考え、これからのことも考慮して検討していくことが大切です。

この記事を書いたプロ

堺建築設計事務所 [ホームページ]

一級建築士 堺利行

静岡県静岡県藤枝市大洲5丁目1-7 [地図]
TEL:054-636-3821

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「堺建築設計事務所」の堺利行さん

建築士ならではのきめ細かい提案で、ゼロからつくる自由設計の家。(1/3)

 JR藤枝駅から南へ、車で約10分。緑豊かな水田が広がる、のどかな住宅地にあるのが「堺建築設計事務所」です。 代表の堺利行さんは一級建築士。静岡県中部を中心に、広く県内各地で一般の住宅を手がけています。「建築士に設計を頼むというと、なん...

堺利行プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

限られた予算の中で最良の家をつくる建築士ならではの自由設計。

会社名 : 堺建築設計事務所
住所 : 静岡県静岡県藤枝市大洲5丁目1-7 [地図]
TEL : 054-636-3821

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-3821

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堺利行(さかいとしゆき)

堺建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ギャラリーに「谷田の家」のアルバムを追加しました。
イメージ

ギャラリーに「谷田の家」のアルバムを追加しました。ぜひ、ご覧下さい。   ギャラリーは、 こちら!

[ お知らせ ]

支給すること
イメージ

住宅の設備機器、いろいろなものがありますね。 最新のものにこだわらなければ、キッチンセットやトイレなどの設...

[ 支給品 ]

静岡県からの補助金を上手に使いましょう。
イメージ

プロジェクトTOUKAI-0 木造住宅の耐震補強については、皆さんご存じだと思います。安心な住まいへの道は、...

[ 耐震補強 ]

ギャラリーに アルバム「デジイチGallery」 を追加しました。
イメージ

ギャラリーに アルバム 「デジイチGallery」 を追加しました。ぜひ、ご覧下さい。   ギャラリー...

[ お知らせ ]

階段と廊下
イメージ

通路ですから、転んだり滑ったりしないよう 床の材質や傾斜など、安全面でのチェックは欠かせませんが、階段や廊...

[ 階段 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ