コラム

 公開日: 2014-08-15  最終更新日: 2014-08-18

「木材を守る」 基礎の高さと地盤の防蟻

シロアリは基礎で防ぐ!

床下は湿気がこもりやすいため、床下空間に外部からの水蒸気を
侵入させないように、コンクリートと防湿フィルムで入念な防湿措置
を講じる必要があります。

 (防湿はコンクリートとフィルムで)

基礎はベタ基礎を採用し、基礎の立ち上がり高さは500㎜を確保
します。耐圧盤と立ち上がり部分はなるべく一体打設とし、打設を
分ける場合には打ち継ぎ部分に止水板を入れ、打ち継ぎ部分から
のシロアリの侵入を防ぎます。

 (可能な限り一体打設とする)

また、配管ルート確保のため、給排水管が基礎を貫通する場合は、
基礎と配管の隙間には防蟻性の薬剤入り現場発泡ウレタンなどで
隙間処理をおこないます。

 (打ち継ぎ部の止水板)

床下は乾燥を保つ!

基礎断熱工法と床下断熱工法とでは床下の防湿対策と換気方法が
異なります。基礎断熱の場合は、床下は室内空間として捉えるため
外気を遮断して気密化を図ります。床下の空気は壁内部に通気され
ます。床下断熱の場合は、床下は外部空間の扱いとなるため、確実
な換気をとる必要があります。通気型基礎パッキンを使用し、いつも
床下に空気が流れ、乾燥な状態を保つ必要があります。 よって、冷
気が壁内に入らないように断熱材の端部や合わせ部分の気流止め
が必要です。

見えないところで繁殖を始めるシロアリには、何重にも対策を講じておく
必要があります。

この記事を書いたプロ

堺建築設計事務所 [ホームページ]

一級建築士 堺利行

静岡県静岡県藤枝市大洲5丁目1-7 [地図]
TEL:054-636-3821

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「堺建築設計事務所」の堺利行さん

建築士ならではのきめ細かい提案で、ゼロからつくる自由設計の家。(1/3)

 JR藤枝駅から南へ、車で約10分。緑豊かな水田が広がる、のどかな住宅地にあるのが「堺建築設計事務所」です。 代表の堺利行さんは一級建築士。静岡県中部を中心に、広く県内各地で一般の住宅を手がけています。「建築士に設計を頼むというと、なん...

堺利行プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

限られた予算の中で最良の家をつくる建築士ならではの自由設計。

会社名 : 堺建築設計事務所
住所 : 静岡県静岡県藤枝市大洲5丁目1-7 [地図]
TEL : 054-636-3821

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-3821

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堺利行(さかいとしゆき)

堺建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ギャラリーに「谷田の家」のアルバムを追加しました。
イメージ

ギャラリーに「谷田の家」のアルバムを追加しました。ぜひ、ご覧下さい。   ギャラリーは、 こちら!

[ お知らせ ]

支給すること
イメージ

住宅の設備機器、いろいろなものがありますね。 最新のものにこだわらなければ、キッチンセットやトイレなどの設...

[ 支給品 ]

静岡県からの補助金を上手に使いましょう。
イメージ

プロジェクトTOUKAI-0 木造住宅の耐震補強については、皆さんご存じだと思います。安心な住まいへの道は、...

[ 耐震補強 ]

ギャラリーに アルバム「デジイチGallery」 を追加しました。
イメージ

ギャラリーに アルバム 「デジイチGallery」 を追加しました。ぜひ、ご覧下さい。   ギャラリー...

[ お知らせ ]

階段と廊下
イメージ

通路ですから、転んだり滑ったりしないよう 床の材質や傾斜など、安全面でのチェックは欠かせませんが、階段や廊...

[ 階段 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ