コラム

 公開日: 2014-08-19 

「木材を守る」 防湿層の設置で結露を防ぐ

防湿フィルムの端部はすべてふさぐ!

水蒸気を蓄えた暖かい空気は壁の内部に侵入します。この時、温度
低下によって飽和水蒸気量を超えるポイントがあり、そこに水蒸気が
侵入すると内部結露が発生します。内部結露を防ぐ手段は壁の中に
低温部分をつくらないこと。 そして、低温部分に水蒸気を入れない
ことです。

 (壁:断熱材と気密防湿シート)

水蒸気の分子は、水滴の250万分の1という細かさで、多くの建材を
通り抜けます。水蒸気を通しやすい繊維系の断熱材では、しっかりと
した防湿層の設置が必要となってきます。

 (天井:断熱材と気密防湿シート)

屋根・天井と壁、壁と床などの取り合い部分にも防湿層を連続させて、
隙間や欠損をつくらない施工が大切となります。

 (気流止めと断熱材)

繊維系断熱材でなくても、断熱材の種類・工法によらず、室内側から
内装材→防湿層→断熱材→防風層→通気層→外装材という構成が、
断熱性能の確保と結露防止の基本となります。



内外装の材料や断熱工法の組み合わせによって検討が必要です。

この記事を書いたプロ

堺建築設計事務所 [ホームページ]

一級建築士 堺利行

静岡県静岡県藤枝市大洲5丁目1-7 [地図]
TEL:054-636-3821

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「堺建築設計事務所」の堺利行さん

建築士ならではのきめ細かい提案で、ゼロからつくる自由設計の家。(1/3)

 JR藤枝駅から南へ、車で約10分。緑豊かな水田が広がる、のどかな住宅地にあるのが「堺建築設計事務所」です。 代表の堺利行さんは一級建築士。静岡県中部を中心に、広く県内各地で一般の住宅を手がけています。「建築士に設計を頼むというと、なん...

堺利行プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

限られた予算の中で最良の家をつくる建築士ならではの自由設計。

会社名 : 堺建築設計事務所
住所 : 静岡県静岡県藤枝市大洲5丁目1-7 [地図]
TEL : 054-636-3821

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-636-3821

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堺利行(さかいとしゆき)

堺建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ギャラリーに「谷田の家」のアルバムを追加しました。
イメージ

ギャラリーに「谷田の家」のアルバムを追加しました。ぜひ、ご覧下さい。   ギャラリーは、 こちら!

[ お知らせ ]

支給すること
イメージ

住宅の設備機器、いろいろなものがありますね。 最新のものにこだわらなければ、キッチンセットやトイレなどの設...

[ 支給品 ]

静岡県からの補助金を上手に使いましょう。
イメージ

プロジェクトTOUKAI-0 木造住宅の耐震補強については、皆さんご存じだと思います。安心な住まいへの道は、...

[ 耐震補強 ]

ギャラリーに アルバム「デジイチGallery」 を追加しました。
イメージ

ギャラリーに アルバム 「デジイチGallery」 を追加しました。ぜひ、ご覧下さい。   ギャラリー...

[ お知らせ ]

階段と廊下
イメージ

通路ですから、転んだり滑ったりしないよう 床の材質や傾斜など、安全面でのチェックは欠かせませんが、階段や廊...

[ 階段 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ