増田哲士

会社の生き残り対策&争いのない相続対策のプロ

増田哲士(ますだてつし)

経営に関する「お金の予防法」で企業存続を支える

増田哲士税理士事務所・増田哲士さん哲士 ますだてつし

お金の法律を熟知する税理士が中小企業の生き残り対策をサポート

 先代の創業以来40年近く、静岡県菊川市を中心に中東遠地域の税務業務を手掛ける増田哲士税理士事務所。その代表を務める増田哲士さんは、税理士の使命として「企業経営の支援に必要なのは、節税対策よりも事業を永続的なものにするための対策です」とおっしゃいます。
 単に税務や会計の代理業務にとどまらず、「会社経営者のために会社の生き残り対策を施し、財産所有者のために相続対策や生存対策を施すことを重視しています」とのこと。もちろん節税対策も施しながらも、法人税、所得税、相続税など全ての税目を横断した対策こそが大切というのが増田さんの考えです。
 「高齢の経営者も若い経営者も、お金に関して相談できる相手がいないというのが実情です。社内にも家族にも相談できないデリケートな問題について、お金の法律に精通した税理士として経営者の方に寄り添うようにサポートしています」。
 例えば高齢の経営者の方からは、次世代への事業継承のお悩みをよく耳にされるそうです。「お子さんに経営の素養が無いとか、お子さんは別の仕事に従事していて従業員の方も後を継いでくれそうもないといったケースは珍しくありません。本来は早い段階から事業継承を見込んだ人材育成がなされるべきでしたが、危機に直面した今をどう乗り切るか、企業体力を資産(五大資産/人、もの、金、情報、知識)という面から明らかにし、共に対策を見い出していきます」。

増田哲士プロに相談してみよう!

ページトップへ