村松繁

長期投資のプロ

村松繁(むらまつしげる)

長期資産運用、確定拠出年金で、将来を支える資産の「伴走者」。

保険アイマーク株式会社の村松繁さん繁 むらまつしげる

変動保険と確定拠出年金。長期運用で確かな準備を。

 景気や株価の話題を新聞やニュースで見ない日はありません。しかも、その内容が決して明るいものではないだけに、毎日の生活や将来の暮らしに漠然と不安を抱える人は少なくないのではないでしょうか。
 焼津市の保険代理店「保険アイマーク」の村松繁さんは、ファイナンシャルプランナーとして、少しでも明るい未来を見据えて安心して過ごしてもらいたいと考え続けてきました。
「例えば、72の法則というのがあります。これは、預けたお金を倍にするのに必要な年数は「72÷預けた金利」で求められる、とする考え方。しかし現状のような低金利、マイナス金利な時代には、ほとんど夢のない数字しか出てきません。お客様の資産を守るには、今の生活に影響が少なく、かつ将来ちゃんと暮らせるだけの蓄えが確保できるものでなければ。そんな思いからたどり着いたのが、海外企業の株を利用した変動保険による長期資産形成や長期資産運用、そして確定拠出年金という選択肢です」
 1999年に外国為替法が規制緩和され、日本でも海外に向けてお金を投資できるようになったこと、また2001年に確定拠出年金が導入されたことを機に、村松さんはいち早く長期運用に目をつけ、その将来性に注目してきました。
「いずれも運用期間中は非課税というのも魅力です。16年前に100万円を預けた人が満期を迎え、平均利回り11%を実現しました。この実績をぜひ多くの人に知ってほしいのです」

村松繁プロに相談してみよう!

ページトップへ