Q&A(このプロの回答)

床の張替え
築何十年になる古い家ですが、最近床が歩くたびに沈みます。
たぶん下地が腐っているみたいです。
床は、昔の家なので、フローリング調の木です。
前にマイベストプロで屋根の防水工事をやっていただき
丁寧な仕事をしていただいたので、
今回もマイベストプロにお願いしたいのですが、
リフォームのプロを教えて下さい。
投稿日時:2013-09-10 22:40:47
住宅

瀧口繁 たきぐちしげる

瀧口繁の回答

床のぷかぷか対策を考える。床張りの前に。

現在の木造住宅は、床構造については、水平剛性を高める目的で、
大引きの上に、28mm構造合板を敷き並べます。
構造合板の上に、床仕上げをしてく為、耐震効果も得られ、
住宅の耐用年数を長く保つ事が出来ています。

お問い合わせの件ですが、良く目にする症状として、
昭和48年から57年オイルショック時期を経験された新築住宅に
良くみられる症状です。
303×1818×12mmのフローリング部材を、大引・根太の上に
一重張りしていました。ごく一般的な施工でした。
しかし、今では、考えられない、幼ない施工法です。

床の上を歩くと、床がしなる。床の体力不足を感じる。
そんなイメージでは、ないでしょうか。
実際には、めくってみないと解りませんが、下地の根太は
しっかりしているケースが多いです。

このような場合の施工方法として、まず、強度不足を感じる
床がぷかぷかしているところに、300×300゛開口を開け、下地の
点検をします。
可能なら、専門の床下点検業者を手配して、床下の白蟻状況を点検
します。この作業は、しっかりした防蟻業者なら対応に応じて
くれるはずです。

方向性が決まれば、当時の建物は、床と敷居が15mm段差を生じていますので、
床材の問題無しの確認が取れれば、全撤去せず、2重床張りをお勧めします。

少ない予算で、床の剛性アップと住宅耐震化にもつながっていきます。
追加して、現在の住宅基礎は、べた基礎工法が一般的ですか、
当時の基礎は、布基礎工法が主流ですので、床を支える束石の設置方法に
問題がある場合は、専門の工事関係者のアドバイスを取り入れ
対処されるのが良いと思われます。

住宅は生きていますので、悪くならないうちの早期処理が、建物寿命を
伸ばすことにつなげる事出来ます。


回答日時:2013-09-16

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
瀧口建設株式会社 瀧口 繁氏

天然素材の持ち味と家相をみる九星気学で「人に優しい住まい」(1/3)

 昭和35年に創業した瀧口建設(株)は、地元浜松に根付いて既に50年余。現在二代目として代表取締役を受け継ぐのが瀧口繁さんです。 注文住宅の元請けとして、最初の打ち合わせも設計も瀧口さんご自身が手掛けるスタイルのため、棟数こそ特段多くはあ...

瀧口繁プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 瀧口建設株式会社
住所 : 静岡県浜松市北区東三方町447-10 [地図]
TEL : 053-438-5388

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-438-5388

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

瀧口繁(たきぐちしげる)

瀧口建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
サマービックフェア  グランプリ賞  達成 !!
イメージ

7月23日~24日 浜松市産業展示館にて、浜松市内の建築業者が集まり住宅関連商品の展示会がありました。その...

[ リセット住宅 ]

動画 想いでのつまった家 簡単に解体しないで!! リセット住宅
イメージ

新築工事でなく、リフォーム工事でもありません。既存建物を蘇らせる再生住宅 『リセット住宅』です。今回、...

[ リセット住宅 ]

30歳からの家づくり 北欧スタイル TRETTIO
イメージ

30歳の子育て世代のご家族を想定した住宅プランをご案内します。『TRETTIO』とは、30 という意味です。 30歳を...

[ スーパーウォール工法 ]

グラウド注入二日目 上がり始めました。
イメージ

グラウト注入2日目 明らかに上がり始めたのが解ります。基礎との境目に、地割れを生じ、持ち上げ現象を確認で...

[ リセット住宅 ]

クラウド注入 嵩上げ工事 動画アップしました。
イメージ

浜北区宮口での嵩上げ工事注入するクラウド準備が整い、注入開始しています。コンピュータ管理し、計画的に、...

[ リセット住宅 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ