コラム

 公開日: 2016-04-21  最終更新日: 2016-05-19

年老いた母に「年間180万円」の生活費を援助 ・・・「贈与税」はかかるの?

 私の作成した記事が、税理士ドットコムというサイトに掲載されました。以下、内容を転載します。よろしければ、ご覧になってくださると幸いです。



https://www.zeiri4.com/c_6/c_1068/n_199/



離れて暮らす子どもに対してだけでなく、老いた親に仕送りなど援助をする人もいるだろう。「同居の年金暮らしの母に毎月生活費を渡したいと思っています」という人から、税理士ドットコムに相談が寄せられた。

相談者の父親はすでに亡く、70歳の母と同居している。母親は国民年金を受給しているが、それでは足りないため、生活費として月々12〜15万円を毎月、現金の手渡しで与えることを相談者は検討している。この場合、およそ年間で180万円程度になるとみられるが、「贈与税はかかるのでしょうか?」と質問する。

親に援助をする場合、贈与税はかかるのだろうか。「贈与税」がかかってしまう「親への援助」とはどのようなものなのか。内山 瑛税理士に聞いた。



●贈与税がかからない「仕送り」の範囲とは?

「相続税法24条の3に、贈与税の非課税財産について定められています。

そのなかで、『扶養義務者相互間において生活費または教育費等に充てるために贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの』と規定されています。つまり、扶養義務者(配偶者、直系血族、兄弟姉妹など)に対する通常の仕送りの範囲内であれば、贈与税が課税されることはありません」

「通常の仕送りの範囲」とは、どのような場合を想定しているのだろうか。

「前述したように、『生活費または教育費等にあてるため』かつ『通常必要と認められるもの』となります。贈与税が課税されない親への仕送り額とは、『生活費として必要と認められる金額』と考えてみてください。

そのため、貯蓄や投資目的で親に仕送りをした場合など、明らかに高額な仕送りをした場合などは、贈与税が課税される可能性があります。あくまで、通常の生活を送るために必要な常識的な金額でなければなりません」



●「必要な都度」渡す必要がある

相談を寄せた人が予定する「年間180万円」という金額は「通常の仕送りの範囲」になるのか。

「ご相談者のケースでは、年金は国民年金のみで、生活費にあてるためとのことなので、年間180万円という金額は、『通常の仕送りの範囲』と考えられるかとは思います。

しかし、いくらが常識的な範囲かというのは、その家庭の生活水準や仕送りをする側、される側の生活状況によっても判断が変わってきます。心配であれば、専門家に相談してみるのもよいかもしれません。

最後になりますが、仕送りや援助で注意点が1つあります。毎月あるいは隔月など、必要な都度する必要がある点です。将来○年分など、一括で贈与すると、貯蓄用の贈与とみなされ、贈与税が課税される可能性があります」

この記事を書いたプロ

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 [ホームページ]

公認会計士 内山瑛

静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL:053-525-9123

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
アクトタワー近く内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 所長 内山 瑛氏

5年先まで見据えての資金繰り〜事業計画で起業支援(1/3)

 「自分のお店を持ちたい」「事業で成功したい」と独立開業を夢見ている人は潜在的に多いといわれる一方で、「開業の方法が分からない」という方もまた多いようです。内山瑛さんはそんな方達を応援したいと起業支援に取り組んでいらっしゃいます。 内山さ...

内山瑛プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所
住所 : 静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL : 053-525-9123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-525-9123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山瑛(うちやまあきら)

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
定期同額給与の未払計上の是非について

設立して間もない会社の場合、定期同額給与を設定したものの、未払になってしまうことがあります。しかし、定期同...

[ 税金 ]

社長の後継者育成費用として法人が負担する 社長の子弟の学費等の取扱い

【質問】同族会社で、資格が必要な仕事の場合、専門学校などに社長の子弟を通学させ、資格を取得させることがあ...

[ 税金 ]

不良在庫の廃棄損で注意すべきポイント

決算直前になって、思いの外利益が出てしまった場合などに、倉庫に眠っている不良在庫のうち、今後売却の見込みが...

[ 税金 ]

離婚に伴い受け取る分割年金の課税について

【質問】私は、元会社員であった夫と平成28年7月に離婚しました。離婚に際して年金分割制度により、婚姻期間...

[ 税金 ]

個人が支出した被災地に対する義援金の取り扱い

熊本地震の被災地や被災者に対して、様々な形で復興支援が行われています。過去にも、義援金の取り扱いについて、...

[ 税金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ