コラム

 公開日: 2016-04-25 

子が大学入学時に受けた奨学金を親が一括返済した場合における課税関係

 若年層の生活難が社会問題となっている昨今、親が、子が借りた奨学金を肩代わりして返済するケースも多いようです。しかし、医学部や私立の理系学部などのように、学費が高額になってしまうケースもあり、その場合の課税関係が問題となります。

●事例
 個人甲の子乙は、平成26年春にめでたく○○医科大学に入学し、その際納入した入学金等3,000万円については、その全てを申請していた△△奨学金を充てました。
 しかし、乙は、奨学金の支払いが滞るようになり、その奨学金の返済については、親甲が一括返済することとしました。これは、教育費であるから、贈与税は非課税となるものと考えられますが、どうでしょうか。

●回答
 相続税法8条に規定する債務免除等によるものとして贈与税の課税対象となるものと考えられます。

●解説
 贈与税における非課税財産について規定する相続税法21条の3第1項2号においては、扶養義務者相互間(親や祖父母と子・孫など)において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要なものは、非課税財産であるとしています。
 その場合における「教育費」とは何をいうかが問題となります。
 そこで、相続税法基本通達においては、その21の3-4では、教育費の意義について、被扶養者の教育上通常必要と認められる学資、教材費、文具費等をいうものとし、更に、同通達21の3-5では、その取扱いとして、教育費として必要な都度直接これらの用に当てるために贈与により取得した財産としています。
 なお、また、同通達21の3-6では、その「通常必要と認められるもの」は、被扶養者の需要と扶養者の資力その他一切の事情を勘案して社会通念上適当と認められる範囲の財産をいうものとしているところです。
ところで、本件の奨学金については、返済義務が伴うものであり、その場合の債務者は当然のことながら、本件でいえば、子乙であることは間違いありません。
 本件において、親甲が子乙が返済すべき奨学金を肩代わりして返済したことは、上記1の「教育費」つまり「教育費として必要な都度贈与により取得したもの」ではないことは明らかです。(必要な都度、という要件に抵触します)そうしますと、それは、相続税法8条に規定する「債務の引受け」に他ならないものということになります。
 したがって、結論としては、子乙は親甲から奨学金返還債務の肩代わりを受け、それは、相続税法8条の規定により贈与により取得したものとみなされることとなり、贈与税が課されるものとなります。なお、この場合は、借入金の返済の肩代わりですから、「教育資金の一括贈与の非課税特例」の適用は受けられません。

この記事を書いたプロ

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 [ホームページ]

公認会計士 内山瑛

静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL:053-525-9123

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
アクトタワー近く内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 所長 内山 瑛氏

5年先まで見据えての資金繰り〜事業計画で起業支援(1/3)

 「自分のお店を持ちたい」「事業で成功したい」と独立開業を夢見ている人は潜在的に多いといわれる一方で、「開業の方法が分からない」という方もまた多いようです。内山瑛さんはそんな方達を応援したいと起業支援に取り組んでいらっしゃいます。 内山さ...

内山瑛プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所
住所 : 静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL : 053-525-9123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-525-9123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山瑛(うちやまあきら)

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
公正証書遺言作成の流れ(1/2)

公証役場で遺言書を作成するときには、公証役場に行って公証人に遺言内容を口授するケースと、専門家を間に入れ、...

注文請書と印紙税について

継続的な取引のある仕入先等と、契約書の取り交わしをせず、注文請書をもって契約の成立とし、取引を開始すること...

[ 税金 ]

改めて振り返る「居住用財産の譲渡の特例」(2/2)

今回は、前回の続きとして、「居住用財産の譲渡の特例」のいくつかについて、個別でみていこうと思います。(...

[ 税金 ]

改めて振り返る「居住用財産の譲渡の特例」(1/2)

不動産に関する税には、取得時の不動産取得税や登録免許税、保有時の固定資産税や都市計画税、そして譲渡時の所得...

[ 税金 ]

労基署から指摘された残業代の清算金の取り扱い

昨今、労働基準監督署からの監督が厳しくなっており、指摘に基づき、残業代の清算を行うことがあります。その場合...

[ 税金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ